抜き打ち利上げで南アランド急騰 南アランドスワップ運用報告

   2016/10/18

2015年11月から南アランドのスワップ運用を始めました。

前回の記事で詳細を紹介しましたが、あらたな動きがありましたのであらためてご報告です。

ZARJPYスワップ運用2

新たに南アランド2万通貨買い増し

11月3日の時点で買ったのは南アランド1万通貨のみでしたが、新たに2万通貨買い増しとなりました。

後ほど詳細に関して画像付で説明しますが、南アランド合計3万通貨を買ったのは以下の日付です。

  • 2015/11/03 22:12:44
  • 2015/11/10 00:32:42
  • 2015/11/16 07:00:02

以上の日付で3回に分けて1万通貨ずつ購入したわけですが、すべて指値で購入しました。

ご存知かもしれませんが、スワップ運用で利用しているのはSBIFXトレードです。

SBIFXトレード

約定単価や現時点(2015年11月19日PM23:30頃)での評価損益などは、SBIFXトレード取引ツールの建玉照会画像をご覧ください。

 

ZARJPY建玉照会151119

8.7円台から0.1円刻みで1万通貨ずつ買い下がりました。ここが底値圏だという根拠がテクニカル的にもファンダメンタル的にもありましたので

ちなみに南アランド買建平均単価は8.6070円です。年単位で保有するつもりですので、南アランドさん、SBIFXトレードさん、どうぞよろしくお願いしますね。

そしてもう一つ。上の建玉照会画像にあるように、ロングしたばかりだというのに評価損益がかなり乗ってきていますよね。その理由とは…。

南アフリカ準備銀行(SARB)が政策金利の利上げを発表

11月19日にアフリカ準備銀行が政策金利を発表したんです。

市場の予想は6.0%で据え置き。しかし、ふたを開けると6.25%への利上げが発表され、ビックサプライズとなりました。

興味深いことに、大手証券会社の野村証券の事前予想は据え置き。

 

足元では、ランド安に伴う輸入物価の上昇、計画停電の拡大や水不足の影響が物価上昇のリスク要因となります。ただ、SARBは商品価格低迷などから国内経 済の下振れを配慮し、9月23日に政策金利の据え置きを決定しました。野村證券では、16年1月あるいは3月に利上げを予想しています。

(ソース元:https://www.nomura.co.jp/market/report/outlook/ex_zar.html)

 

大手野村證券さえも2016年の1月か3月に利上げをすると予想していましたから、如何にビックサプライズだったかお分かりいただけると思います。

しかし、為替王さんは6.25%への利上げ予想をしていましたけどね。

 

現在、南アフリカの政策金利は6%ちょうど。
方向性としましては、今年はすでに1回利上げをしていますが(今年7月に5.75%→6.00%)、もう少しくらい追加利上げをしてもいいかなといった状況ではあります。

現状維持(6%のまま)をメインシナリオとしながら、もしかしたら利上げ(6.25%へ)があるかもしれないことは、一応想定しておきたいです。利上げがあれば、南アフリカランドがいくらか反発することも期待できるかなと思います。

(ソース元:http://blog.livedoor.jp/kawase_oh/archives/52107226.html)

 

さすがですね。

スワップ運用では金利リスクに要注意

以上をまとめると、スワップ運用には金利リスクがあること、お分かりいただけると思います。

今回はいい意味でのビックサプライズでしたが、金利下げとなれば自ずとスワップポイントが下がる可能性があることをお忘れなく

何はともあれ、発表前後のZAR/JPYレートがどのように変動したか、SBIFXトレードのチャート画面をご覧ください。

 

ZAR/JPY5分足チャート

ZAR/JPY5分足チャート

発表後は8.74円へ向けて “ロケット発射” となりましたが、一旦売に押され、その後再び急騰しました。8.725円あたりに強力なサポートラインがあったのですが、見事突破。

今後どこまでランド高に向かっていけるか、注目です。

個人的には数年単位でスワップ運用をするつもりですから、短期的な変動には興味はありません。ただ、評価損益がプラスになると嬉しいのが本音ですね。

ここ数日のスワップポイントは13円/日

ここ数日の南アランド/円スワップポイントは13円/日となっています。

概算ですが、ZAR/JPY3万通貨取引に必要な証拠金は10,328円です。毎日13円/1万通貨受取れると仮定した場合、1年(365日)で14,235円のスワップポイント獲得となり、利回りは137.82%です。

計算間違いかと思うかもしれませんが、間違っていません。銀行定期預金、解約してでもスワップ運用を始めたほうがお得だと思いますけどね。(投資は自己責任で)

スワップポイント13円/日というのはSBIFXトレードのものですが、南アランドを取扱うFX口座の中でSBIFXトレード提供の南アランドスワップポイントは屈指の高さです。

平均的に高スワップを提供してくれるよう願っています。

【スワップポイントに関する注意】 高金利の通貨を売るまたは低金利の通貨を買ったとしても、その取引数量相当のスワップポイント(金利差調整分)支払い額が日々蓄積され損失額が大きくなる場合があります。また、現時点でスワップポイントを受け取れるポジションであっても、通貨や金利動向によっては受け取り金額が縮小したりスワップポイントがマイナス(金利差分を支払う)になる可能性があります。

さて、現在のスワップ運用はNZD/JPY、TRY/JPY、ZAR/JPYの3通貨ペアです。今後も逐一サイト上で経過報告をさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、また。

南アランド運用ならSBIFXトレードがおすすめです↓
SBIFXトレード

南アフリカランド運用の関連記事をこちらにまとめてあります↓

【ブックマーク必須】 FX南アフリカランド運用派向け取引手法完全ガイド
記事概要:南アフリカランドをFXで取引するために必要な基礎知識や取引手法、今後の為替の見通しなどすべてを一つの記事でまとめました。南アフリカランド運用時のガイドブックとしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket