2018/09/03

南アフリカランドをFXで運用 実績をブログで公開します【2018年8月】

南アフリカランドをFXで運用していますが、その実績を当ブログで公開します。南アフリカランドに投資してみたいけどやり方がよく分からないという方に、ぜひ参考にしていただきたいです。

南アフリカは新興国ですので少しくせがありますが、FXでの運用方法を知ればコツコツ利益を伸ばしていけるはずです。この記事で紹介する運用方法を頭に入れてください。

スポンサーリンク


南アフリカランドをFXで運用 実績をブログで公開【2018年8月】

この記事では、この3つの点について詳しくお伝えします。

  • 南アフリカランドのFX運用実績【2018年8月】
  • 南アフリカランド運用のコツ①:ランド高になったら利益確定
  • 南アフリカランド運用のコツ②:一つのFX口座に固執しない

私のFX口座の運用実績だけでなく投資のコツも紹介しますので、最後までご覧ください。

南アフリカランドのFX運用実績【2018年8月】

まず、執筆時点でFX口座(みんなのFX)で保有している南アフリカランド/日本円のポジションをお伝えします。

画像内のポジションサマリには、同じくみんなのFXで保有中のメキシコペソ円のポジションが表示されていますが、今回は無視してください。

ポジション概要をまとめると、

  • 保有通貨:ZAR/JPY
  • 保有数量:4万通貨
  • 平均約定価格:7.588
  • 建玉損益:5740円
  • 累計スワップ:1400円

以上のようになります。

執筆時点の南アフリカランド/円レートは7.731円で、平均約定価格から約20銭近く利益がのっています。

というのも、最近南アフリカランド/日本円レートが急落したので、買い増しのチャンスと判断しポジション量を増やしたのです。

矢印()の部分で長い下髭のローソク足が出現しているのがお分かりいただけると思います。

なぜ南アフリカランド/日本円が急落したかというと、主な要因は南アフリカにあるのではなくトルコリラ暴落にありました。

トルコリラ/日本円が急落し、その影響が他の新興国通貨に及んだわけです。

そのとき考えたのは、

  • 南アフリカが大きな問題を抱えたわけではないので、急落は一時的。今後レートは戻る。

このように判断し、南アフリカランド円を買い増ししたわけです。それが功を奏し、現時点では為替差益がプラスになっています。今後の状況を鑑みて利益確定をしようと思っています。

そこで一つ疑問が沸き起りますが、スワップポイントを狙ったFXトレードをしていて為替差益がプラスの場合、利益確定をすべきなのでしょうか? それともポジションは継続保有しスワップ収益を狙うべきでしょうか?

南アフリカランド運用のコツ①:ランド高になったら利益確定

南アフリカランドに限らず、他通貨でのスワップトレードにも通じる運用のコツですが、南アフリカランド高(円安)になって為替差益が大きくプラスになったならば利益確定して良い、と考えています。

しかし、どの程度のランド高になったら利益確定すべきなのでしょうか?

その見極めの方法をお伝えします。

どの時点で利益確定するか見極めの方法

端的に言うと、為替差益分のスワップポイントを獲得するのに必要な期間を算出し、利益確定するか否か判断できます

上で紹介した私の南アフリカランド/日本円のポジションを一例として、計算方法を見てみましょう。

ポジションサマリは、

  • 保有数量:4万通貨
  • 平均約定価格:7.588
  • 建玉損益:5740円

このようになっています。そして、執筆時点ではありますが、スワップポイントは1万通貨ごとに20円/日の付与(みんなのFX)です。

つまり、1日に80円のスワップポイント獲得予定となっています。

そして考えたいのが、現時点での+5740円の為替差益です。5740円相当のスワップポイントを獲得するのにどのくらいの期間が必要になるでしょうか? 計算してみます。

  • 為替差益÷(保有ポジション×スワップポイント)=必要日数

この計算式に現状のポジションを当てはめてみると、

  • 5740円÷(4×20)=71.75日

つまり、約72日間、4万南アフリカランドを保有するなら、相当分のスワップポイント獲得見込みとなるわけです。

2か月ちょっとの期間継続してポジション保有すべきか、それとも利益確定して “72日間” のスワップポイント分を先に貰うか。

難しい選択になりますが、私でしたら利益確定することで3か月分以上のスワップポイントを獲得できる場合、ためらわずに利確します。

3か月間というのは1四半期の長さにあたり、為替レートが大きく変動するには十分な期間です。今の含み益が継続するとは限りません。

先に利確してしまえば、その後3か月間、為替動向を鑑みて南アフリカランドやその他通貨の買い時を探り、新たにポジション保有すれば良いと考えます。

ですから、上で挙げた計算式に基づいて必要日数を割り出し、利確の可否を判断するのがおすすめなのです。

南アフリカランド運用のコツ②:一つのFX口座に固執しない

南アフリカランド運用をする際、この点も頭に入れておいてください。それは、一つのFX口座に固執しないことです。

ご存知の通り、同じ通貨でもFX口座が違うと付与されるスワップポイントが微妙に違います。

今はみんなのFXが最高水準のスワップポイントを提供しているのでみんなのFXを利用していますが、永遠に最高水準であるとは限りません。

ですから、ポジションを新たに保有するとき、どのFX口座が最高水準のスワップポイントを提供しているか比較することが重要です。

そして、平均的に高スワップポイントを付与してくれるFX口座を選択し、トレードします。

私は最近、このFX口座で南アフリカランドを運用することが多いです。

一つのFX口座に固執せずに、複数のFX口座を利用してなるべく多くのスワップポイントを貯めたいところです。

南アフリカランドをFXで運用【2018年8月】 まとめ

この記事では、私の南アフリカランド運用実績【2018年8月】をご紹介しました。FX口座で南アフリカランドへの投資をする場合、この2点が重要ポイントです。

  • ランド高になったら利益確定
  • 一つのFX口座に固執しない

このコツを念頭に置いて南アフリカランド投資を成功させてください。

それでは、また。

南アフリカランド運用向けFX口座です↓
トレイダーズ証券[みんなのFX]

信頼度が高いイチオシ口座です↓