2018/09/10

トルコリラ円をFXで買ってみた | リスクを抑えるおすすめの買い方をご紹介

トルコリラが下落し続けている最中ですが、遂に買い時が来たと判断しトルコリラ円(TRY/JPY)をFX会社大手の外為どっとコムで買ってみました。

私が新興国通貨を買う時はスワップポイント狙いですが、一定の買い方があります。というのも、トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソといった高金利通貨はリスクが高めですので、上手に買う必要があるのです。

そこでトルコリラ円に再参入した私のおすすめの買い方をご紹介します。今後のトルコリラ投資の参考にしてください。

スポンサーリンク


トルコリラ円をFXで買ってみた | リスクを抑えるおすすめの買い方をご紹介

この記事では、これらの点について順を追ってお伝えします。

  • 2018年7月末のトルコ政策金利
  • トルコリラ円を買うことにした理由2つ
  • トルコリラ円の買い方(外為どっとコム)
  • トルコリラ円のリスクを抑えるおすすめの買い方とは

特に最後の項目では、トルコリラ円のおすすめの買い方を分かりやすく解説します。リスクを抑えながら賢い運用をする重要な秘訣ですので、ぜひ最後までご覧ください。

2018年7月末のトルコ政策金利

最初に確認しておきたいのは、執筆時点でのトルコ政策金利です。なぜこれほどまでにトルコリラ投資に人気が集まるのか、一目瞭然だと思います。

トルコの政策金利は、なんと17.75%に上ります。基本は政策金利とスワップポイントが比例するので、スワップポイントを狙ったトルコリラ投資が盛んになるのもうなずけますね。

もちろん金利が高いということは、一定のリスクがあることの裏返しなのですが、それでも17%オーバーの金利は魅力です。日本が0.10%ですから、

  • 17.75%-0.10%=17.65%

トルコリラ/日本円のスワップトレードをした場合、17.65%もの金利差によるスワップポイントを受取れる計算ですから、リスクを承知でリラを保有したくなるのは確かです。

トルコリラ円を買うことにした理由2つ

トルコリラ円を「買い」で再参入しました。以前もみんなのFXなどを利用してトルコリラ円を保有していたのですが、ここ最近下落スピードがあまりにも激しかったので、一時保留としていたのです。

しかし、トルコリラ円の買い時がやってきたと判断しました。今が本当に買いのタイミングがどうかは後になってみないと分からない部分がありますが、この2つの要素を鑑みて2Lot、打診買いしてみました。

テクニカルが買い時を示す

トルコリラ円の日足チャートをずっと見ていましたが、このような形となりました。

iPhoneアプリでのチャート画像なのですが、画像の中に赤丸青丸があるのが見えるでしょうか。

赤丸のところで一旦底打ち。そして執筆時点のローソク足は青丸の部分です。長めの下髭が形成されることで2番底に、つまりダブルボトムが形成された可能性が高いと判断したのです。

ダブルボトムの後はレートが上昇していくのがセオリーです。ですから、これを根拠の一つとしてトルコリラ円を買いました。

また、チャート画面の下部にテクニカル指標の一つMACD(マックディー)を表示させているのですが、その指標もかなり売り込まれたことを暗示しています。

これも私をトルコリラ円の買いに向かわせた要素の一つです。

ファンダメンタルで好ニュース

トルコの経済関連ニュースでレート上昇につながり得る好ニュースが流れたことも、今回トルコリラ投資再参入の主な要素です。

これまでトルコ政府は金融政策に関しマーケットを敵に回している感がありましたが、これはある意味サプライズニュースでした。

結果、画像のニュース速報にあるようにトルコリラが強含みとなったのです。

ツイッターでもこのニュースに関していくらかの反応がありました。

画像:Twitter

もしかしたらこのニュースを見てトルコリラ円を買った人が、私以外にもいたかもしれません。

以上、テクニカル要因とファンダメンタル要因を分析したうえで、トルコリラ円を買うことにしました。

トルコリラ円の買い方(外為どっとコム)

では、トルコリラ円の買い方を簡単に説明します。トルコリラ円を買ったことのない初心者は注文の過程で戸惑うことがあるかもしれませんので、以下の解説を参考にしてください。

と言っても、注文方法は非常に簡単です。今回私はFX会社大手の外為どっとコムを利用しました。理由は別記事で解説したいと思います。

外為どっとコムですでに口座開設・入金が済んでいるなら、すぐに注文ができます。

まず、iPhoneアプリを開いて、「マーケット/成行」タブを開きます。

以上の画面で選択するのは、

  • 注文したい通貨ペア
  • 注文Lot数

基本はこの2つを入力すればOKです。今回私は10Lot(1万通貨。外為どっとコムの場合、1Lot=1000通貨)を注文することとします。最後に「確認」をタップします。

次に注文の内容を確認し、レートをタップします。

初歩的な点ですが、買いと売りのレートをタップし間違わないようにしましょう。今回は「買」をタップします。

 

ポジション照会タブを確認すると、無事トルコリラ円を1万通貨購入できたことが分かりますね。約定価格は16.719円でした。

実は同じ8月31日にもう1Lot購入しましたので、トルコリラ円の合計保有数は2Lotとなりました。

 

もう1Lotの約定価格は17.017円ですので、平均取得価格は16.868円です。

以上がトルコリラ円の買い方です。特に複雑なことはありません。

外為どっとコムでトルコリラ円を買ってみる⇒外為どっとコム

トルコリラ円のリスクを抑えるおすすめの買い方とは

ここからは重要なポイントですので、最後までご覧ください。トルコリラ円のリスクを抑えるおすすめの買い方をお伝えする上で見ておきたいのは、執筆時点の口座照会です。

 

注目したいのは、資産合計、必要保証額、有効比率、ロスカット基準額です。

  • 資産合計:20万円
  • 必要保証額:1万6000円
  • 有効比率:1298.00%
  • ロスカット基準額:1万6000円
【キーワード解説】
必要保証額⇒必要証拠金のこと。毎ポジションに必要な証拠金の合計。
有効比率⇒証拠金維持率とも言う。(口座内金額÷必要保証額)×100で算出できる。
ロスカット基準額⇒強制的にポジションが決済される基準額のこと。口座内金額がロスカット基準額に達するとロスカットとなる。

現在、トルコリラ円運用に必要な保証額(必要証拠金)は1万6000円です。外為どっとコムのロスカット基準は証拠金維持率100%を切った時なので、口座内金額が1万6000円を切らないように運用するのが必須になります。

ここが重要ポイントになるのですが、トルコリラ円レートが暴落してもロスカットにならないよう有効比率を保つことが大変重要です

ですから、トルコリラ円を買う前にある程度のレート予想をするのがおすすめの買い方です。私はトルコリラ円レートが10円を切っても有効比率100%を割らないよう、FX口座内に入金しておこうと思いました。

10円というのは確固たる根拠があるわけではないのですが、10円を切るのは当分ないかなと。

今回トルコリラ円を買ったときのレートが約16.7円でした。そして、トルコリラ円レート10円までは6.7円の値幅になります。現在、トルコリラ円1万通貨取引の必要証拠金は8000円で、予定では3Lot保有するつもりです。

それをもとにFX口座内への必要入金額を割り出せます。

  • (必要証拠金×想定値幅×予定保有Lot数)+(必要証拠金×予定保有Lot数)=必要入金額

この計算式に基づいて計算してみると、

  • (8000×6.7×3)+(8000×3)=18万4800円

FX口座内に18万4800円入金されていれば、トルコリラ円レートがたとえ10円になってもロスカットにはならないでしょう。

この計算にもとづいて外為どっとコム口座に20万円入金したというわけです。

これがトルコリラ円のおすすめの買い方です。必要証拠金×Lot数の金額を入金すれば良いわけではありません

トルコリラ円は時に激しく変動しますので、下落を前提で必要入金額を割り出してからリラ円トレードをスタートさせること、強くおすすめします。

トルコリラ円をFXで買うおすすめの方法 まとめ

トルコリラ円相場に再参入しましたが、注文方法は特に難しいことはありません。重要なのは、FX口座内への入金額です。

  • (必要証拠金×想定値幅×予定保有Lot数)+(必要証拠金×予定保有Lot数)=必要入金額

この計算式に基づいて入金し、トルコリラ円トレードにトライしてみてください。

それでは、また。

管理人が利用する
トルコリラ向けのイチオシ口座です↓