トルコリラスワップ運用向け ヒロセ通商とGMOクリック証券徹底比較!

   2016/10/18

トルコリラをFX口座でスワップ運用(長期運用)する場合、利用するFX会社の候補としてヒロセ通商とGMOクリック証券のくりっく365が挙げられます。なぜなら、2社とも平均して高いスワップポイントを提供しているからです。

しかし、実際はどちらがFXスワップ運用に適切なFX会社なのでしょうか? 今回、ヒロセ通商とGMOクリック証券を徹底比較します。

GMOクリック証券(くりっく365)取引画面

GMOクリック証券(くりっく365)取引画面

トルコリラ運用向け ヒロセ通商とGMOクリック証券くりっく365徹底比較

トルコリラをスワップ運用する場合、何を比較すべきでしょうか?

当然ながら、各社提供のスワップポイントを比較するのが最重要項目となります。スワップポイントを狙って運用するわけですから、平均的に高スワップポイントのFX口座を利用するのが絶対条件です。

では、ヒロセ通商とGMOクリック証券(くりっく365)では、どちらがより高いスワップポイントを提供しているのでしょうか?

2016年2月の1か月間、2社のどちらが高スワップ金利だったか、データを比較してみました。以下、調査結果をご覧ください。

2016年2月の2社スワップポイントを比較

分かりやすいように、こちらの比較表で比較してみます。

トルコリラFX運用 ヒロセ通商とGMOくりっく365スワップポイント比較

(1万通貨ごとに付与されるスワップポイント 単位は円)

上の比較表に基づいて、各項目を簡単に分析していきます。

2社のTRY/JPY「買い」を比較

TRY/JPYの「買い」、つまり日本円に対してトルコリラを買った場合のスワップポイントですが、結果は非常に分かりやすいですね。2月トータルで、

  • ヒロセ通商:3335円
  • GMOクリック証券(くりっく365):3179円

一目瞭然。軍配はヒロセ通商にあがりました。

  • ポイント1⇒トルコリラ/円を買うならヒロセ通商が有利

トルコリラを「売り」で収益UPを狙う

上の表をもう一度見ていただけるでしょうか。 ヒロセ通商の欄に、USD/JPYとEUR/TRY通貨ペアの項目があります。

  • USD/TRY:トルコリラに対して米ドルを売る
  • EUR/TRY:トルコリラに対してユーロを売る

これら通貨ペアを売ることで、上述したTRY/JPYの「買い」よりもさらに多くのスワップポイントを稼ぐことができます。

このUSD/TRYとEUR/TRY通貨ペアはGMOクリック証券(くりっく365)では取引できず、ヒロセ通商では取引可能となっています。

より高い収益率をお望みであれば、ヒロセ通商でトルコリラを売るのがコツです。

変動するスワップポイントへの対応策

上で比較したように、TRY/JPYを買う、またはUSD/TRYやEUR/TRYを売るとき、ヒロセ通商のスワップポイントが優勢でした。

しかし、これまで長年のスワップポイントカレンダーを確認してみると、ヒロセ通商が常にスワップポイントNo.1会社だったわけでなく、時期によって多少の変動があります

ですから、臨機応変にヒロセ通商とGMOクリック証券(くりっく365)の2口座を併用するのがベストです。

現時点では、トルコリラスワップ王のヒロセ通商を利用し、GMOクリック証券(くりっく365)が有利になったら乗り換える。このちょっとした作業で、更なる収益率UPを望めます。

トルコリラスワップ運用は2刀流でいきましょう。

スワップポイントの出金規定を比較

気になるのが、コツコツ貯めたスワップポイントをどの時点で出金できるかという点です。結論ですが、

  • GMOクリック証券(くりっく365)
    ポジションを決済するまではスワップポイントの出金はできない
  • ヒロセ通商
    ポジションを決済するまではスワップポイントの出金はできない

要は、両社ともポジション決済後スワップポイントの受取となる、ということです。スワップポイントのみの出金は不可。覚えておきましょう。

ヒロセ通商取引画面

ヒロセ通商(LionFX)取引画面

総論 ヒロセ通商とGMOクリック証券くりっく365比較

最後に簡単にまとめます。

  • トルコリラ/円を買うならヒロセ通商が有利
  • ヒロセ通商で米ドル/トルコリラまたはユーロ/トルコリラを売るほうが更にお得
  • スワップポイントは変動するので、2口座を使いこなすのがベスト

普通にスワップ運用するならヒロセ通商で決まりですが、予備口座としてGMOクリック証券【くりっく365】を保有しておくのが賢明です。

ヒロセ通商とGMOクリック証券 各社概要

今回、トルコリラ運用においてヒロセ通商とGMOクリック証券はどちらがより最適なFX口座か、徹底比較しました。

最後に、2社の概要を見てみます。

ヒロセ通商

  • 会社名:ヒロセ通商株式会社
  • 代表者名:細合 俊一
  • 住所:〒550-0013 大阪市西区新町1丁目3番19号MGビル
  • 電話番号:06-6534-0708
  • 資本金:790,668千円
  • 設立年月日:2004年
  • 金融商品取引業の登録番号:第一種金融商品取引業 近畿財務局長(金商)第41号
  • 注目ポイント:トルコリラ運用向けイチオシのFX口座です。管理人もトルコリラ運用で利用しています。キャンペーンが豊富で毎月何らかのプレゼントが貰えるのも嬉しいところ。FX会社としての信頼度が高く、2016年3月には東証ジャスダックに上場を果たしました。FX専業会社で上場している数少ない会社です。管理人イチオシのFX会社、ぜひお試しください。

公式サイトはコチラから↓↓
FX取引ならヒロセ通商へ

GMOクリック証券【くりっく365】

  • 会社名:GMOクリック証券株式会社(GMO CLICK Securities, Inc.)
  • 代表者名: 代表取締役会長 高島 秀行
  • 住所:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
  • 電話番号:0120-64-5005
  • 資本金:43億4,666万3,925円
  • 設立年月日:平成17年10月28日
  • 金融商品取引業の登録番号: 関東財務局長(金商)第77号
  • 注目ポイント:取引高世界No.1争いに常に顔を出すGMOクリック証券。人気の秘密は取引ツールにあります。注文から決済までスムーズに取引ができるよう、投資家目線で造られた専用ツールが使いやすいと好評価です。管理人も時々利用しますが、口座開設しておくべきFX会社だと、使うたびに感じます。

公式サイトはコチラから↓↓
GMOクリック証券【くりっく365】

それでは、また。

 

トルコリラ運用に必要な記事、まとめてあります↓

トルコリラ運用派必見! FXトルコリラ運用の基礎編と応用編まとめ
記事概要:ヒロセ通商でFXトルコリラ運用をしていますが、トルコリラスワップ運用に必要な情報をすべてまとめてあります。

こちらのFX口座でもトルコリラは運用できます↓

セントラル短資FX

  • 会社名:セントラル短資FX株式会社
  • 代表者名:松田 邦夫
  • 住所:〒108-6314 東京都港区三田三丁目5番27号 三田ツインビル西館14階
  • 電話番号:03-5419-3300(代表) 0120-30-8806(カスタマーデスク)
  • 資本金:13億1千万円
  • 主要株主:セントラル短資株式会社、日短キャピタルグループ株式会社
  • 設立年月日:2002年3月
  • 金融商品取引業の登録番号:関東財務局長 (金商) 第278号
  • 注目ポイント:日本でFX取引が解禁になったのが1998年。2002年に設立となったセントラル短資FXは、日本のFX会社の中でもいわゆる老舗会社であり、培った信用やノウハウには目を見張るものがあります。FX口座はFXダイレクトプラス、ウルトラFX、セントラルミラートレーダーの3種類ありますので、トルコリラ運用とは別の用途で使い分けることができます。

公式サイトはコチラから↓↓
FXダイレクトプラス

OANDA Japan

  • 会社名:OANDA Japan 株式会社 (オアンダ ジャパン カブシキガイシャ)
  • 代表者名:柳澤 義治
  • 住所:〒101-0047 東京都千代田区内神田1-18-12
  • 電話番号:0120-923-213
  • 資本金:2億円
  • 親会社:OANDA Global Corporation (アメリカ)
  • 設立年月日:2004年11月8日
  • 金融商品取引業の登録番号:関東財務局長(金商)第2137号
  • 注目ポイント:外資系FX会社OANDA Japanのメリットの一つに、サブ口座を14口座まで作成可能な点です。メイン口座は一つしか開設できませんが、サブ口座を作ることで運用別に口座を使い分けられます。メイン口座はトルコリラ長期運用、サブ口座でトルコリラ短期売買、なんていうことも可能なわけです。メリットを生かして臨機応変なトルコリラ運用をしたいところです。

公式サイトはコチラから↓↓
OANDA Japan

【スワップポイントに関する注意】 高金利の通貨を売るまたは低金利の通貨を買ったとしても、その取引数量相当のスワップポイント(金利差調整分)支払い額が日々蓄積され損失額が大きくなる場合があります。また、現時点でスワップポイントを受け取れるポジションであっても、通貨や金利動向によっては受け取り金額が縮小したりスワップポイントがマイナス(金利差分を支払う)になる可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket