トルコリラ通貨をFXで長期運用するときのコツ3つ

   2016/08/30

トルコリラ通貨をFX口座で長期運用すると、スワップポイントをコツコツとためていくことができますし、外貨預金よりも融通の利いた外貨取引ができるため人気があります。

しかし、ただただトルコリラを買えば良いわけではありません

コツ、というものがあるのです。

  • スワップポイントが高いFX会社を利用する
  • テクニカルチャートの月足と週足を利用する
  • 少額取引ができるFX口座を利用する

この3つのコツを詳しくお伝えします。今後のFXトルコリラ運用の参考にしてください。

トルコリラFX長期運用のコツ3つ

スワップポイントが高いFX会社を利用する

トルコリラを長期運用する上での絶対条件とも言えるのがコレ、スワップポイントが高いFX会社を利用することです。

ご存知だと思いますが、FXスワップポイントというのは、通貨とFX会社が違うと付与されるポイントが違います。

トルコリラ通貨を取扱うFX会社を5社ピックアップし、トルコリラ/円と米ドル/円のスワップポイントをそれぞれ比較してみましょう。

トルコリラスワップポイント比較

2016年3月現在

TRY/JPYスワップポイントにおいて、現時点での最強FX会社はヒロセ通商です。

しかし、同社のUSD/JPYスワップポイントは、表の中で挙げた5社の中では最低の1円となっています。

ですから、どの通貨のスワップポイントを狙うかによって、利用すべきFX会社を変える必要があるということです。

トルコリラを1万通貨運用で獲得できるスワップポイントは、ヒロセ通商が115円なのに対し、外為どっとコムは108円ですから、その差7円です。

たった7円と思うかもしれませんが、毎日7円違うと毎月210円の差に、年間トータルで2,555円の差になります。

FXトルコリラ長期運用の最大の目的はスワップポイントですから、1円でも多くのスワップポイントを獲得したい、というのが本音です。

やはり、平均的に高金利提供のFX口座を利用するのが絶対条件になります。

その点をふまえると、FXトルコリラ長期運用では今のところ、ヒロセ通商がベストです。もちろん、時期によってスワップポイントは変動しますが、ヒロセ通商は平均的に高スワップポイントを提供するFX会社と言えます。

管理人もヒロセ通商でFXトルコリラスワップ運用を行なっています。

ヒロセ通商公式サイトはコチラ↓
FX取引ならヒロセ通商へ

テクニカルチャートの月足と週足を利用する

トルコリラ長期運用を行なうならば、長期的なスパンでトルコリラ為替レートの動きを予想し、今後の見通しを予測する必要があります

そのために、テクニカルチャートの月足と週足を利用すべきです。

トルコの経済指標や要人発言、地政学的問題といったファンダメンタルを分析することは大切ですが、その他にある程度のテクニカル分析も重要です。

テクニカル分析の詳細までをマスターする必要はありませんが、最低限でも以下の点が理解できるようになりましょう。

  • チャート
  • ローソク足
  • 時間足(日足、週足)
  • テクニカル指標(ボリンジャーバンド、MACDなど)

これを知るだけで、今はトルコリラが買い時か、ある程度予想ができるようになります。

また、過去数か月、または過去数年、トルコリラがどのように変動したか、またこれからどのように動くかを分析する助けにもなります。

実際にテクニカルチャートを見てみる

トルコリラ長期運用をするなら、時間足の中でも「月足」と「週足」を、さらにテクニカル指標のボリンジャーバンドMACD(マックディー)の2つは最低限マスターしたいところです。

TRYJPY月足チャート

上のチャートは「月足」でボリンジャーバンド指標を表示したものです。以下のチャートは如何でしょうか?

TRYJPY週足チャート

こちらは「週足」チャートでMACDを表示させてみました。

月足と週足チャート、ボリンジャーバンドとMACD、この4点が頭に入れば、トルコリラが買われ過ぎまたは売られ過ぎ、上昇トレンドまたは下降トレンドのいずれかを簡単に読み解くことができるようになります。

ぜひマスターしてください。

マスターできれば、トルコリラの買い時も簡単に分かりますよ。

少額取引ができるFX口座を利用する

通貨の種類にはメジャー通貨とマイナー通貨の2種類ありますが、トルコリラはマイナー通貨に属します。

マイナー通貨の主な特徴は、流動性が低く、時に激しい値動きをしますので、トルコリラ運用初心者はできるだけ少額から運用を始める必要があります

慣れてから取引数量を増やしても遅くはないのです。

そうなると、トルコリラを少額で運用できるFX口座の選択が必須です。これが3つ目の大切なコツです。

いきなり1万通貨取引をして火傷をする前に、可能なら1通貨~、1通貨取引では満足できないなら1,000通貨単位での取引がベターです。

管理人は一応FX取引の経験があるので、1,000通貨単位で取引をしています。

1通貨単位で取引を始めるか、それとも1,000通貨単位か、ご自身のFX取引経験とお好みで選択していただければと思います。

トルコリラ運用を少額から始めるのが成功の秘訣

トルコリラを1通貨単位で取引できるFX業者

トルコリラだけでなくFX取引経験もない、または慎重に1通貨単位で取引をしたいというならば、OANDA Japanを選択することになります。

1通貨単位でトルコリラを取引できるのはここだけです。ただ、外資系のFX会社なので、使いやすさやサポート体制に関しては、純国内FX業者のほうが強いかなと感じています。

  • OANDA Japan
  • 会社名:OANDA Japan 株式会社 (オアンダ ジャパン カブシキガイシャ)
  • 代表者名:柳澤 義治
  • 住所:〒101-0047 東京都千代田区内神田1-18-12
  • 電話番号:0120-923-213
  • 資本金:2億円
  • 親会社:OANDA Global Corporation (アメリカ)
  • 設立年月日:2004年11月8日
  • 金融商品取引業の登録番号:関東財務局長(金商)第2137号

 

1,000通貨単位でトルコリラ取引を始めたい方は、ヒロセ通商を。管理人も利用するイチオシのFX口座です。

  • ヒロセ通商
  • 会社名:ヒロセ通商株式会社
  • 代表者名:細合 俊一
  • 住所:〒550-0013 大阪市西区新町1丁目3番19号MGビル
  • 電話番号:06-6534-0708
  • 資本金:790,668千円
  • 設立年月日:2004年
  • 金融商品取引業の登録番号:第一種金融商品取引業 近畿財務局長(金商)第41号

FX取引ならヒロセ通商へ

 

いやいや、1万通貨取引で大丈夫というFX取引経験者は、セントラル短資FXのFXダイレクトプラス口座で。

  • セントラル短資FX(FXダイレクトプラス
  • 会社名:セントラル短資FX株式会社
  • 代表者名:松田 邦夫
  • 住所:〒108-6314 東京都港区三田三丁目5番27号 三田ツインビル西館14階
  • 電話番号:03-5419-3300(代表)
  • 資本金:13億1千万円
  • 主要株主:セントラル短資株式会社、日短キャピタルグループ株式会社
  • 設立年月日:2002年3月
  • 金融商品取引業の登録番号:関東財務局長 (金商) 第278号

FXダイレクトプラス

ここまで、トルコリラ通貨をFXで長期運用するときのコツを3つ、ご紹介しました。

また、上ではいくつか相応しいFX会社もピックアップし紹介しましたが、FX各社それぞれに優位性があります。

どのFX口座で取引したら良いかお悩みでしたら、徹底比較記事があります。そちらを参考にして下さい↓

【トルコリラ運用向け】 自信をもっておすすめできるFX会社3つ
記事概要:トルコリラ運用ができるFX会社はいくつかありますが、その中から厳選して3社ご紹介です。

それでは、また。

管理人利用中のヒロセ通商公式サイトはコチラ↓
FX取引ならヒロセ通商へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket