NZドルFXスワップ運用 通常スワップより毎日+15.6円を狙う裏技

   2016/10/18

NZドルをFX口座で運用しスワップポイントを狙うとき、王道はNZD/JPY通貨ペアを買い、コツコツとスワップポイントをためていくものです。

しかし、NZドルを買うだけがスワップ運用ではありません。ここで、通常スワップより+15.6円を狙う裏技をご紹介します。難しいものではないので、最後までご覧ください。

NZドルFXスワップ運用 通常スワップより+15.6円を狙う裏技

マイナス金利政策導入のEUR(ユーロ)通貨を有効活用する

裏技というほど大げさではないかもしれません。為替市場では当たり前の話になります。

2016年現在、ユーロはマイナス金利を導入し、今後さらに金融緩和を拡大していこうかという勢いです。

つまり、ユーロ通貨は持っていると損。ユーロの狙いは、ユーロをどんどん売ってほしいわけで、だからこそマイナス金利政策を採用しているわけです。

この政策に乗ってしまおうというのが今回の “裏技” なんです。

【裏技】マイナス金利のEURをNZDに対して売る

結論から言いますと、超低金利のEUR通貨を高金利通貨のNZDに対して売る。これがより多くのスワップポイントを受取る方法です。

NZドルのスワップポイントに力を入れているヒロセ通商の各スワップポイントを見てみます。

  • NZD/JPY:買いスワップ60円
  • EUR/NZD:売りスワップ75.6円

分かるのは、王道であるNZD/JPYで買いスワップを狙うよりも、EUR/NZDで売りスワップを狙うほうが15.6円多くスワップポイントを受取れるということです。

NZドルのスワップ運用をするなら、EUR/NZDを売るのが最強です。

EUR/NZD 取扱FX口座ランキング

ここでは、ヒロセ通商を一例にしましたが、他にもEUR/NZDを取引できるFX口座があります。その中で、スワップポイントが平均的に高いFX口座を一挙ご紹介です。

ヒロセ通商

  • FX会社名:ヒロセ通商
  • EUR/NZDスワップポイント:売り76.5円(2016年10月下旬、1万通貨ごと)
  • 注目点:取扱通貨ペアが50種類以上を誇るヒロセ通商。現時点で、NZD/JPYのスワップポイントとともにNZドルスワップポイント最強FX口座です。管理人はトルコリラ運用でもヒロセ通商を活用しています。

FX取引ならヒロセ通商へ

外為オンライン

  • FX会社名:外為オンライン
  • EUR/NZDスワップポイント:売り75円(2016年10月下旬、1万通貨ごと)
  • 注目点:初心者に優しい取引ツールと人気の外為オンライン。実は、スワップポイントにも力を入れているFX口座です。NZドル以外の通貨ペアも軒並み高スワップとなっているので、今後の外貨運用のために口座開設しておいて損はありません。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

アイネット証券

  • アイネット証券
  • EUR/NZDスワップポイント:売り75円(2016年10月下旬、1万通貨ごと)
  • 注目ポイント:スワップポイントが高いだけでなく、最近ではループ・イフダンが超人気です。店頭FXでNZドルスワップ運用も良し、ループ・イフダンで運用も良し。取引スタイルとお好みで運用方法を選択できるのがメリットです。

アイネット証券[アイネットFX]

ライブスター証券

  • FX会社名:ライブスターFX
  • EUR/NZDスワップポイント:売り75円(2016年10月下旬、1万通貨ごと)
  • 注目点:高スワップ金利といえば、必ず名前の挙がるライブスター証券。どの通貨においても平均的に高いスワップポイントを提供してくれますので、安定したスワップ運用に欠かせない口座です。

株式会社ライブスター証券

以上4社が自信をもっておすすめできる、EUR/NZDを売ってスワップポイントを稼ぐことができるFX口座になります。

NZD/JPYを買うスワップ運用ならこのFX口座

上で紹介したのはEUR/NZDの売り取引です。ただ、少し複雑で分かりづらい取引、もう少しシンプルに取引したいという方もいらっしゃるようです。

そんな方は王道を行きましょう。普通にNZD/JPYを買い、スワップポイントをためていけば良いのです。

当然、NZD/JPYの買いスワップポイントが高いFX口座を利用するのが成功の秘訣です。上で紹介したFX口座は、基本的にNZD/JPYのスワップポイントも高くなっています。

ヒロセ通商

  • FX会社名:ヒロセ通商
  • NZD/JPYスワップポイント:買い60円(2016年3月下旬、1万通貨ごと)

外為オンライン

  • FX会社名:外為オンライン
  • NZD/JPYスワップポイント:買い55円(2016年3月下旬、1万通貨ごと)

ライブスター証券

  • FX会社名:ライブスターFX
  • NZD/JPYスワップポイント:買い55円(2016年3月下旬、1万通貨ごと)

アイネット証券

  • FX会社名:アイネット証券
  • NZD/JPYスワップポイント:買い50円(2016年3月下旬、1万通貨ごと)

NZD/JPYに関してアイネット証券は、執筆時点では他社より5円低いスワップポイントとなっています。

しかし、平均的には高スワップとなっており、他社と遜色はまったくありませんので、アイネット証券でのNZD/JPY運用も選択肢の一つとして考慮できると思います。

しかし、EUR/NZD の売り、NZD/JPYの買いスワップポイントにおいて、少なくとも現時点での最強はヒロセ通商。まずはヒロセ通商でのNZドル運用を最優先で考えましょう。

余談になりますが、NZドルを定期積立することも可能です。ドルコスト平均法を活用して効率バランス化を図った外貨運用をお望みでしたら、SBIFXトレードの「積立FX」がおすすめです。

積立FXの概要、まとめてありますので参考にどうぞ↓

積立FXで少額外貨運用 全部まとめてみました
記事概要:積立FXの記事(基礎編と応用編)をまとめてあります

積立FXの公式サイトはコチラです↓↓
SBIFXトレード

それでは、また。

管理人はSBIFXトレードでNZドルを運用していますが、これまでの関連記事をすべてまとめてあります↓

NZドルのFX投資法まとめ キュウイ通貨で稼ぐ方法つまってます
記事概要:NZドル運用に関する基礎記事、NZドルのFX取引手法や裏技、すべてまとめてみました。NZドル取引のガイドブックとして活用してください。

【スワップポイントに関する注意】 高金利の通貨を売るまたは低金利の通貨を買ったとしても、その取引数量相当のスワップポイント(金利差調整分)支払い額が日々蓄積され損失額が大きくなる場合があります。また、現時点でスワップポイントを受け取れるポジションであっても、通貨や金利動向によっては受け取り金額が縮小したりスワップポイントがマイナス(金利差分を支払う)になる可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket