FXで少額投資 他では教えたくない少額で外貨を上手に運用する方法

   2016/11/08

アベノミクス効果でドル円相場は1ドル120円を超えたときがありましたが、様々な要因から今度は円高へ。現在ドル円相場は1ドル110円前後を右往左往している状態です。

そんな為替相場を目にした人はFXでの外貨運用に注目せざるを得ないわけで、問題は用意できる投資金がそんなに多くないこと。あんまりお金がないからFXは無理だろうとあきらめていませんか?

FXで少額投資は可能です。少額でも変動の大きい為替相場で効率よく運用する方法がありますから、それを活用すればFXで少額投資ができるんです。

FXで少額投資 他では教えたくない少額で外貨を上手に運用する方法

FXで少額投資 少額で外貨を上手に運用する方法3つ

FXで少額投資をする方法をお伝えする前に、FX少額投資の大前提を頭に入れておきましょう。

FX少額投資の大前提「1,000以下」を絶対に忘れるな

FX少額投資の大前提となるのは、どんなに多くても1,000通貨単位以下で取引をすることです。これがFX少額投資を成功させる秘訣ですから、頭に叩き込んでおいてください。

  • FX少額投資の大前提⇒1,000通貨単位以下で取引をすること

FXでは取引単位という設定があり、FX口座によって規定の取引単位が違うんです。私のFXメイン口座であるSBIFXトレードは1通貨~取引できますが、1通貨単位で取引できるのはその他にはOANDA Japanだけです。

たいていのFX口座は1,000通貨単位で取引できますが、DMM.com証券GMOクリック証券【FXネオ】といった人気FX口座は、意外にも1万通貨単位でしか取引ができません。

1通貨単位や1,000通貨単位、1万通貨単位取引では何が違うのでしょうか? 簡単に言えば、取引外貨量が違うので必要になる証拠金額が全く違ってきます

それぞれの取引量においてレートが±1円変動したときの損益額の変動は以下の通りです。

  • 1通貨取引:±1円変動:損益±1円
  • 10通貨取引:±1円変動:損益±10円
  • 100通貨取引:±1円変動:損益±100円
  • 1,000通貨取引:±1円変動:損益±1,000円
  • 1万通貨取引:±1円変動:損益±1万円

要は、取引量が多いほど損益額が多くなりますので、取引量・リスク・リターンは比例すると考えられます。

そして、FX少額投資をしたいならばもちろん取引量を抑えて取引しなければなりませんので、FX少額投資の前提として1,000通貨単位以下の取引を目安にすることができます。

1,000通貨かそれ以下の単位でコツコツ買ってみる

FX少額投資の大前提は、1,000通貨単位以下の取引。これはわかりましたね。しかし肝心なのは、その運用方法です。1,000通貨単位以下で如何に運用するか、これが外貨運用の成功の分かれ道になるでしょう。

では、おすすめできる少額運用方法を挙げみたいと思います。今後の少額運用の参考にしてください。

おすすめの運用方法は、1,000通貨かそれ以下の単位でコツコツ買ってみる方法です。特にびっくりする手法でも何でもなく、とてもシンプルな少額投資法なんです。

どの通貨でも良いですし複数の通貨でも良いと思います。ちなみに管理人は米ドル、NZドル、南アフリカランド、人民元を主に運用しています。

大切な点としてこの運用方法のコツを覚えておいていただきたいのですが、それは直近安値より安くなったら「買い」、これがコツコツ外貨購入の秘訣なんです。

管理人もスワップ運用で取引するNZD/JPYの日足チャートを見てみましょう。

NZDJPY日足チャート

画像上の1~5の数字が見えるでしょうか。まず、1が直近安値として為替レートが推移しているときに、1よりも安くなった時点で買い。

そして、今度は数字の2のところで安値をマークしましたが、3の価格は2よりも安くなりましたので買い。同じように45と、これまでの安値よりもさらに安くなった時点で買います。

このように安値を狙っていけば平均取得価格を抑えられますし、今後の収益率が高まる傾向にあるのです。

少額取引ではあるものの効率良く外貨を購入できますし、スワップポイントも貯められます。また、分散して外貨を買いつけるため、リスクも分散できるというメリットもあります。

この方法でコツコツと外貨を買い進めていくのはいかがでしょうか?

手動で外貨を買い進めるのが嫌なら自動で買い進める方法も

上述した「FX少額コツコツ購入方法」ですが、デメリットが一つ。それは、手動で外貨を購入しなければならない点です。これがなぜデメリットか、簡単に説明します。

直近安値よりも安くなったから買うという道理は間違っていないのですが、もしパソコン画面を見ていなかったときにレートが安くなってすぐに通貨上昇してしまったとしたら、外貨購入のタイミングを逸してしまうかもしれません。

じゃあ指値注文を入れておけば、直近安値より安くなったときに自動で買えるじゃないかと思いますよね。それはそうですが、それだと別のデメリットが。

先ほどと同じNZD/JPY日足チャート画像を見てみます。

NZDJPY日足チャート2

画像上の1よりも少し安値のところ、だいたい78.50円あたりで指値買い注文をしておいたとしましょう。しかしレートはさらに下落し安くなっていったわけですから、理想で言えば数字の2のところで買い増しできたら最高ですよね。

しかし、それはパソコン画面を見ていないとできない話なんです。ただただ指値注文をしていただけでは上手に運用できているとは言えません。

そのデメリットを解決してくれる方法は・・・というと、自動で外貨を定期的に購入する運用方法です。

FX会社の中で唯一SBIFXトレードが「積立FX」という金融商品をサービスしていますが、この商品は指定の外貨を指定の間隔で買い付ける画期的な商品となっています。

自動購入できる対象通貨は、

  • 米ドル
  • 英ポンド
  • 豪ドル
  • NZドル
  • 人民元
  • 南アフリカランド(⇐管理人定期購入中!)

この6通貨です。そして購入頻度は、

  • 毎日
  • 毎週
  • 毎月

このいずれかのタイミングを任意で選択し、設定後は運用停止するまで自動で外貨を買いつけてくれます。

  • パソコン画面に張り付いている必要はない
  • 一度設定すれば自動で外貨購入(購入停止はワンクリックでできます)
  • SBIFXトレードだから1通貨単位で購入可

などなど、メリットがたくさんある斬新なFX商品と言えるのではないでしょうか。

とはいうものの、具体的にどのように外貨を購入していくのかイメージが湧かないかもしれませんので、管理人の過去記事で積立FXがどんな商品なのか確認してみてください。

一般のFX(店頭FX)とどう違うのかを含めて積立FXの概要が分かる基礎記事です↓

「店頭FX」と「積立FX」徹底比較!-SBIFXトレード
記事概要:積立FXの概要、そして定期外貨取引と店頭FX(一般のFX取引)の違いはコチラで比較できます

管理人が取引を始めたときの手順と方法を画像付見れる記事です。外貨積立の全体像をだいたいイメージできるかと↓

SBIFXトレードの「積立FX」で実際に定期預金を始めてみた
記事概要:外貨積立の始め方を画像付で解説しています

一から十までしっかり学びたいというかたは、こちらのまとめ記事をどうぞ。一気に読むと体を壊すので何回かに分けてご覧ください(笑)↓

積立FXで少額外貨運用 全部まとめてみました
記事概要:積立FXの記事(基礎編と応用編)をまとめてあります

ま、こんな感じで少額でもコツコツと外貨を購入し運用することができます。参考になれば幸いです。

FXで少額投資 少額で外貨を上手に運用する方法まとめ

最後に簡単にまとめます。

FX少額投資の大前提は、1,000通貨単位以下で取引をすることでした。

手動でコツコツ購入していくこともできますが、SBIFXトレード積立FXで定期購入をすると非常に楽ちんです。

それでは、また。

公式サイトはこちら↓
限定タイアップキャンペーン中!
口座開設+取引でAmazon券3000円分受取れます!!
SBIFXトレード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket