積立FXを始めてみた感想「ストレスフリー」の理由

   2016/11/03

積立FX」とは、2015年12月10日から始まったSBIFXトレードの金融商品です。ドルコスト平均法を採用した外貨積立商品であり、平均購入価格を抑えて外貨を買付けることができるのが特徴になっています。

※2016年10月15日~、「レバレッジ付き定期外貨取引」は「積立FX」という商品名に変更になりました。

為替環境が不安定でレート変動が激しい状況ですが、積立FXを始めてみた感想は、「ストレスフリー」だなと。

ストレスを感じることなく外貨運用できる理由、以下お伝えしましょう。

積立FXの詳細はコチラ↓
SBIFXトレード

2月10日~17日の積立購入経過報告

初めに確認ですが、私の積立FX取引概要です。

  • 取引通貨:米ドル
  • 毎月購入金額:1,500円分
  • 購入頻度:毎日

この設定に基づき、2月10日から積立FXを始めています。

SBIFXトレードの「積立FX」で実際に定期預金を始めてみた
記事概要:積立FXの始め方を画像付で解説しています

逐一レートチェックする必要がないからストレスフリー

2月10日から執筆時点(2月17日)までの間、ドル円相場は不安定な動きをしていました。どんな動きをしていたか、ドル円日足チャートをどうぞ。

 

ドル円日足チャート160217

2016年2月初旬 ドル円日足チャート

拡大したものですが、1月下旬に “マイナス金利” が発表されてから、一旦は121円台に突入したものの、その後連日の急落となりました。

この動きを毎日眺めていたら、ストレスたまるでしょうね。不安もつのるはずです、今後ドル円はどうなっちゃうんだろう、って。

そんな中はじめた積立FXですが、ストレスは全くのフリーです。

なぜか。

なぜなら、ドル円レート動向をチェックする必要がないからです。積立FXは自動での定期購入ですので、チャートなどに張り付いてレートチェックする必要はありません。

私の場合は「毎日」購入ですから、約定ごとにメールが届くだけです。

 

SBIFXからのメール

ただそれだけ。

メールを受取ると、「コツコツドル円を買ってるな」と。そう思うだけで、何のプレッシャーもありません。

購入履歴詳細を見てみる

では、SBIFXトレードが自動で買い付けてくれている米ドルですが、購入履歴の詳細を見てみましょう。第1回目の購入日2月10日~2月17日までの買付分となります。

 

20160217購入履歴詳細

毎日午前11:30にしっかり購入してくれてますね。ドルコスト平均法を採用した定期購入ですから、日によって買付数量が違うこと、お分かりいただけると思います。

買付けた期間のドル円チャートをもう一度確認してみます。

 

ドル円日足チャート160217

画像中の数字は日付です。

もし、このときにデイトレード、スイングトレードをしていたら、ここが底なのかなぁ、それとも一旦リバウンドした後、またレートは下がっていくのかなぁと、不安だったでしょうね。

実際、政府・日銀が市場介入し円売りドル買いをするのでは? という報道までありましたから。このような為替相場のときにトレードをすると、寿命が縮む思いでしょう。

でも、積立FXでは脂汗をかきながらのトレードは無用です。正直、楽ですよ。ほとんどほったらかしていますから。

もちろん、常に為替市場や経済動向にはアンテナを張り、今後の資産運用の指南とはしているのは言うまでもありませんが。

情報収集は基本ですね。

6営業日分の買付のみですが、これまでの購入平均価格は以下の通りです。

 

20160217購入平均価格

購入平均価格は、113.68円です。

激しいレート変動の中、着実に米ドルを買い進め、コツコツとスワップポイントをためていく予定です。

今後の進展が楽しみです。

また、積立FXの経過報告をさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

積立FXの詳細はこちらから↓
限定タイアップキャンペーン中!
口座開設+取引でAmazon券3000円分受取れます!!
SBIFXトレード

積立FXに関する参考記事、まとめてあります↓

積立FXで少額外貨運用 全部まとめてみました
記事概要:積立FXの記事(基礎編と応用編)をまとめてあります
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket