SBIFXトレードの積立FX | 成功の秘訣2つ

   2016/11/03

積立FX」とは、2015年12月10日から始まったSBIFXトレードの金融商品です。ドルコスト平均法を採用した外貨積立商品であり、平均購入価格を抑えて外貨を買付けることができるのが特徴になっています。

※2016年10月15日~、「レバレッジ付き定期外貨取引」は「積立FX」という商品名に変更になりました。

どんな商品なのか、どんなメリットがあるのか、店頭FXとどう違うのかは以前に紹介しています。そちらをご覧ください↓

今回は、積立FXで成功する秘訣を2つ、ご紹介します。

  1. 自動購入と指値注文を併用する
  2. 証拠金維持率をなるべく高く保持する

SBIFXトレード

積立FXで自動購入と指値注文を併用する

SBIFXトレードの積立FXは、毎日、毎週、毎月のいずれかに、自動で指定通貨を購入するというものでした。

ここで難点が一つ。それは、自動で、定期的に買いたい外貨を買えるのはメリットですが、購入レートは指定できないのがデメリットです。

(※積立FXでも指値注文はできますが、自動で定期購入する場合は指値注文ができない、という意味です。)

指定した購入日(毎日/毎週/毎月)に通貨を買いますが、思わぬレートになっていることがあるかもしれません。そうすると、平均取得レートが上がってしまいます

ただし、それはあくまでも極端な話で、実際にはドルコスト平均法によるバランスのとれた外貨運用ができるというメリットがあるので、大きな心配は不要です。

また、「積立FX口座」でも随時、指値注文は可能です。ですから、基本的には定期購入で、外貨が安くなったときに手動で指値注文をしてまとめて買う、なんていう取引もできます。

ですから、自動購入におけるメリットを最大限生かして取引するのが、積立FXの成功のコツです。

納得のレートで外貨取引したいなら「店頭FX」で

自分の納得いくレート以外で外貨を買うのは嫌だ!というなら、店頭FXを利用することをおすすめします

店頭FXにて「指値注文」を多用することで、積立FXとほぼ同様の取引ができます。

もちろん、指値注文をする、調整が必要なら手動で注文レートなどの調整を行なう必要がありますが、それほど煩わしいものではありません。

iPhoneアプリもありますので、出先でもレートチェックや発注が簡単にできますよ。

 

SBIFXトレードアプリ1
SBIFXトレードのiPhoneアプリ

SBIFXトレードの詳細はコチラ↓
SBIFXトレード(FXLP)

店頭FXの「指値注文」活用方法

指値注文とは、好みとニーズに応じたレートを指定して外貨を買う注文方法です。

そのときの為替相場、市場動向を鑑みながら注文することが不可欠ですが、どのように注文できるか一例を挙げてみます。

SBIFXトレードにて、私も保有している南アフリカランド/円(ZAR/JPY)を買うことにしたとします。

現在のレートが6.80円、今後の予想レート範囲が6.0~7.0円だとしたら…

  • 6.70円に100通貨買い注文
  • 6.60円に100通貨買い注文
  • 6.50円に100通貨買い注文
  • 6.40円に100通貨買い注文
  • 6.30円に100通貨買い注文
  • 6.20円に100通貨買い注文
  • 6.10円に100通貨買い注文
  • 6.00円に100通貨買い注文

…以上、8つの指値注文を発注します。

注文期限は、

  • 当日
  • 今週末
  • 無期限

の3通りありますので、無期限を選べば注文が確定するまで半永久的に発注となります。

 

SBIFXトレードアプリ2
SBIFXトレードアプリの注文画面

無期限を選んで注文した場合、注文したことを忘れないように気をつけてください。私は一度、発注したことを忘れていて、いつのまにか約定していたことがあります^^;

上の例は一つの発注例に過ぎませんが、間隔をあけて、少額ずつ注文するのがポイントです。平均取得レートにバランスを持たせることができます。

SBIFXトレードの詳細はコチラ↓
SBIFXトレード(FXLP)

証拠金維持率をなるべく高く保持する

積立FX、店頭FXに関係なく心がけたい成功の秘訣2つ目は、証拠金維持率をなるべく高く保持することです。

証拠金維持率とは、FX口座内入金額に対する必要証拠金額の割合のことです。計算式は以下の通りです。

  • (FX口座内入金額÷必要証拠金額)×100=証拠金維持率

この維持率が高いほど安全、という意味です。

SBIFXトレードでは、証拠金維持率が50%(積立FX口座は30%)を割り込むと強制ロスカットになります。ロスカットにひっかからないようになるべく高い証拠金維持率を保持しておくことが秘訣です。

SBIFXトレードの定期外貨預金取引で成功の秘訣

妥当なFX口座内金額を割り出してみる

たとえば、南アフリカランドを合計30,000通貨保有したとしましょう。必要証拠金を9,000円とします。

そうすると、FX口座内入金額における証拠金維持率は以下の通りです。

  • FX口座内10,000円=証拠金維持率111.11%
  • FX口座内50,000円=証拠金維持率555.55%
  • FX口座内100,000円=証拠金維持率1111.11%

現在の南アランドレートが6.90円とした場合、それぞれの強制ロスカット(証拠金維持率50%で計算)になるレートを計算してみると・・・

  • FX口座内10,000円=6.72円
  • FX口座内50,000円=5.39円
  • FX口座内100,000円=3.72円

以上の計算になります。

今の新興国通貨暴落を見ていると、強制ロスカットラインが5.39円では少し不安です。

2015年前半、南アフリカランドは概ね10円台で推移していましたが、わずか半年で3.5~4円の下落幅となっています。

ロスカットラインが5.39円では外貨預金として成功しない可能性がありますので、ロスカットラインを3円台にしておきたいところです。

安全な外貨取引をしたいのであれば、FX口座内に10万円以上入金し、証拠金維持率を1,000%以上に保つのがベスト

積立FXまたは店頭FXどちらで取引をするにしても、原則は同じです。

くどいですが、もう一度。

証拠金維持率を高く維持して外貨運用をすること。これが成功の秘訣です。

新興国通貨の不安定な動きにのまれないために、FX口座内の資金を多めにし証拠金維持率を高く保持しましょう。

そうすることで強制ロスカットを避けながら、賢く、コツコツとスワップポイントをためることができます。

積立FXの詳細はこちらから↓
限定タイアップキャンペーン中!
口座開設+取引でAmazon券3000円分受取れます!!
SBIFXトレード

それでは、また。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket