2018/11/03

積立FX | 人民元のワンコイン積立を始める方法【画像6枚で解説】

2015年12月からSBIFXトレードがサービスしている「積立FX」ですが、現時点では9通貨の定期購入が可能です。

  • 米ドル
  • 英ポンド
  • 豪ドル
  • NZドル
  • 人民元
  • 南アフリカランド
  • カナダドル
  • トルコリラ
  • 香港ドル

(2018年現在)

以上9通貨です。

これまで管理人は米ドルと南アフリカランドを定期購入してきましたが、今回から新たな外貨をワンコイン積立することにしました。それは、人民元です。

毎月500円分ずつ購入する人民元の「ワンコイン積立」を始めましたので、その始め方を画像付きでご紹介します。

スポンサーリンク


積立FXで人民元のワンコイン積立を始める方法

この記事では、以下の点についてお伝えします。

・中国と人民元の特徴
・積立FX口座でワンコイン積立を始める方法と順序

人民元の特徴

初めに中国や人民元の特徴について見ていきます。自身の投資対象を理解しておくのは大切ですからね。

人民元の特徴

中国政府(人民銀行)は人民元を一定の範囲内でコントロールする管理変動制を採用しています。完全なドルペッグの固定相場でもなく変動相場でもない、その中間的な変動相場と理解してください。

基本的にはドルに連動するものの、中国政府の “一息” で元高にも元安にもコントロールできてしまうので、くせのある通貨、というわけですね。

現段階では、中国景気の下振れ、インフレ率の低下、新興国通貨下落といった不安要素があるのですが、中長期的には対円相場では強含み(元高)に転じると思われます。

現時点の中国の政策金利を確認しておきましょう。

2018年9月各国政策金利一覧(画像:外為どっとコム)

積立FX取扱い9通貨の中で3番目に金利が高い通貨となっています。

さすがにトルコ金利には及びませんが、NZやオーストラリアの金利よりもかなり高く、投資対象として魅力がありそうです。

もちろん、中国という国だけに、新興国が故の不安要素や複雑な地政学リスクが伴い、底打ちから上昇基調に転じるとは断言できませんが、将来的にはある程度期待できる通貨と考えられています。

中国の今後の見通しをふまえ、わたしとしては少額をコツコツ積立てる投資手法運用するのがベターかと。

というわけで、今回はワンコイン(月500円)の積立とすることにしました。

積立FX口座でワンコイン積立を始める方法と順序【画像6枚】

ここからは、SBIFXトレードの積立FX口座にて人民元購入を始める方法を説明していきます。

積立FX口座にログイン後、取引画面を開きます。

積立FX取引画面

管理人が積立FX口座で保有中の米ドルと南アフリカランドの評価損益等が確認できますね。

次に、上の「定期購入申込」タブをクリックします。

申込画面で以下の通り、人民元定期購入申込を行います。

積立FX 中国元定期購入申込画面

毎月ワンコイン(500円分)人民元を購入するよう入力します。

人民元、南アランド、トルコリラ、香港ドルはレバレッジ1倍か2倍を選択することになります。(3倍の選択不可

管理人は2倍を選択しました。

購入頻度ですが、検証結果によると平均購入価格を一番抑えられるのは「毎日」です。

ただ、毎週購入でどうなるか比較検証したいので、今回は「毎週」を選択します。

積立FX 中国元定期購入申込画面2

以上の通り申し込みます。

「次の画面へ」をクリックし、申込確認画面に移ります。

積立FX 中国元定期購入確認画面

間違いなければ「実行」ボタンをクリックです。

 

積立FX 中国元定期購入完了画面

これで申込完了になります。簡単に申し込めますね。

最後に申込内容を確認してみましょう。

積立FX-中国元申込内容

赤線の各枠内が今回申し込んだ人民元定期購入内容です。

  • 買付外貨:人民元
  • 毎月購入価格:500円分
  • 購入頻度:毎週
  • レバレッジ:2倍

今回わたしはワンコイン積立していく予定ですが、余裕資金がある方はもちろん、それ以上の資金を積み立てることができます。

ちなみに画像にあるように、同時にトルコリラと香港ドルの定期購入を申込済みです。詳細はこちらの記事をごらんください↓

さいごに

ガチで資産運用したい人におすすめの積立FX

積立FXはドルコスト平均法を活用した外貨運用ですので、一般のFX取引とは異なり、極力リスクを抑えた投資が可能です。

ガチで資産運用したい人におすすめします。

積立FXの始め方

これから積立FXを始める場合、始める前に以下の3記事を参考にしてください。とりわけ利用することになるSBIFXトレードのメリットとデメリットをビシッと解説しています。

それでは、また。

積立FX専用口座の開設はこちらから↓↓
数分でサクッと開設できます
もちろん無料です
SBIFXトレード