2018/11/02

積立FX | 2016年7月~11月の積立実績をブログで公開

SBIFXトレードがサービスする金融商品「積立FX」は2015年12月から提供されていますが、積立FX口座は一般のFX口座(店頭FX)とは別の口座で、任意の外貨を定期的に購入していくFX商品です。

わたしも2016年2月から運用しています。その積立実績を当ブログで公開しますので、今後の積立FX投資の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク


2016年7月~11月の積立FX実績をブログで公開

この記事では5か月分の積立FX実績を公開します。

  • 2016年7月の積立FX実績
  • 2016年8月の積立FX実績
  • 2016年9月の積立FX実績
  • 2016年10月の積立FX実績
  • 2016年11月の積立FX実績

それでは順を追って見ていきましょう。

レバレッジ付き定期外貨取引 | 入金に関する質問にお答えします

2016年7月の積立FX実績

現在、以下の条件で外貨を定期購入しています。

  • 買付外貨:南アフリカランド
  • 毎月購入価格:2,000円分
  • 購入頻度:毎週
  • レバレッジ:2倍

取引履歴は以下の通りです。

レバレッジ付き定期外貨取引7月購入履歴

7月は水曜日が4回ありましたので、2,000円分を4回に分けて、毎回500円分ずつ南アランドを購入しました。

レバレッジは2倍に設定していますので、取引証拠金は毎月1,000円でOKです。

南アランド購入は6月から開始しており、その前は米ドルを買い付けていました。結果、積立FX口座の概要はこのようになっています。

定期取引口座概要

米ドルを買い付けていた時期よりかなり円高が進行しましたので、評価損益は大きくマイナスになっています。

しかし、長期的に保有することでスワップポイントが付与されますので、定期預金感覚で継続保有したいと思っています。

また、現在の購入頻度は「毎週」を選択していますが、データ検証によると「毎日」購入が平均購入価格を一番抑えられる傾向にあります

関連記事をご覧ください↓

積立FX | 2016年5月平均購入価格を検証し最適購入頻度を調べてみた

2016年8月の積立FX実績

以下、2016年8月分の取引実績をご紹介いたします。

7月と同様、現在わたしの取引は以下の通りです。

  • 買付外貨:南アフリカランド
  • 毎月購入価格:2,000円分
  • 購入頻度:毎週
  • レバレッジ:2倍

以前の記事で紹介したように購入頻度を毎日にするのがベストチョイスであることが検証済みですが、「毎週」購入するとどうなるか検証してみたいので、南アフリカランドの購入頻度を「毎週」に設定して取引しています。

毎週購入の場合、水曜日が外貨購入日と規定されていますので、8月は合計5回の購入でした。

レバレッジ付き定期外貨取引 2016年8月購入履歴

SBIFXトレード

毎月の購入額を2,000円に設定していますが、レバレッジ2倍の取引ですので、必要証拠金は合計1,000円になります。

8月は「南アフリカの財務相逮捕か!?」のニュースが流れ、大きく通貨下落となりました。しかし、ドルコスト平均法での取引ですから、通貨下落は痛くもかゆくもありません。

SBIFXトレードの積立FX | ドルコスト平均法で取引するメリットとデメリットとは

結果、わたしの積立FX口座内は以下のようになっております。

レバレッジ付き定期外貨取引 外貨取引一覧

SBIFXトレード

以前米ドルを買い付けていた時期があり口座内で保管中ですので、地道にスワップポイントがたまっています。ほんのちょっとですが。

米ドルは円に対してドル高となっており、今のところ保有中の米ドルの評価損益はマイナスです。このまま放っておいて、コツコツスワップポイントをためて「ほったらかし運用」をするつもりです。

2016年9月の積立FX実績

さて、2016年9月分の積立FX口座運用報告です。引き続き以下の内容で外貨の定期購入を継続して行っています。

  • 買付外貨:南アフリカランド
  • 毎月購入価格:2,000円分
  • 購入頻度:毎週
  • レバレッジ:2倍

以前は基軸通貨の米ドルでしたが、飽きたのもあって今は南アランドを定期購入しています。9月分の購入履歴は以下の通りでした。

SBIFXトレード

SBIFXトレード

毎週少しずつ買い進めていることがお分かりいただけると思います。

この結果、管理人の積立FX口座概要は以下のようになっています。

SBIFXトレード

SBIFXトレード

以前アメリカドルを買い付けていましたが、平均取得価格が110円ほどですので、損益が少々マイナスです。

今のところ南アフリカランドはまあまあ好調といったところでしょうか。すでに米ドルよりスワップポイントが付与されており、ほんと少しずつですがコツコツとスワップが貯まっています。

積立FXは一般のFX取引のように短時間で利益を出す運用方法ではなく、少しずつコツコツと利益を重ねていく運用スタイルです。

ご存知の通りドルコスト平均法によって外貨を購入していくので、相対的に為替リスクを抑えながら資産運用できる画期的な金融商品です。

公式サイトで詳細を確認してください⇒SBIFXトレード

2016年10月の積立FX実績

9月と同じく、以下の条件で積立FXを稼働させています。

  • 買付外貨:南アフリカランド
  • 毎月購入価格:2,000円分
  • 購入頻度:毎週
  • レバレッジ:2倍

毎月2000円分南アフリカランドを購入していますが、レバレッジは2倍ですので、実際に必要になる運用資金は1000円/月となります。

それをふまえ、10月の購入履歴をみてみましょう。

SBIFXトレード

SBIFXトレード

購入頻度は毎週ですので、毎週水曜日の午前11:30にレートに応じた分の南アランドを購入しているのがお分かりいただけると思います。

この結果、保有外貨は以下の通りとなっています。

以前米ドルを定期購入していまして、その分は口座内で保有中です。コツコツとスワップポイントが付与されています。

南アフリカランドをドルコスト平均法で購入しているおかげで、平均購入価格を抑えることができており、現在評価損益はプラスとなっています。

少しずつではありますが、スワップポイントも付与されていますね。5,000円の証拠金で136円のスワップポイントが付与されたということは、

  • (136円÷5,000)×100=2.72%

利回り2.72%ですから、まあまあではないでしょうか。少なくとも銀行にお金を眠らせるよりはずっと効率の良い「お金に働いてもらう方法」だと思います。

ちなみに、積立FX口座の現況は以下の通りです。

米ドルがちょっと足を引っ張っており、全体の評価損益額がマイナスになっています。

ただし、積立FXは長期間運用が前提です。運用を始めてまだまだ半年ちょっとですから、ドルコスト平均法の強みを生かしてこれから挽回していきます。

2016年11月の積立FX実績

取引画面から2016年11月の購入履歴を見てみます。

積立FX 2016年11月購入履歴

購入頻度を「毎週」に設定していますが、11月は水曜日が5回ありましたので、5回に分けての南アフリカランド購入となっています。(毎週購入の場合、毎週水曜日AM11:30に購入になります

南アフリカランドは対円で少し高くなりましたので、保有している南アフリカランドの評価損益も上がりプラス圏に

SBIFXトレード積立FX口座 保有外貨一覧

今は購入していない米ドルも積立FX口座で保有していますが、同時に対円でドル高となり、評価損益がプラスになりました。

両通貨とも順調にスワップ益がたまっていますし、積立FXのメリットが発揮されてきた感がありますね。

現時点での口座状況が概観すると、

SBIFXトレード積立FX口座状況詳細

以上の通りです。

11月初頭に米大統領選があり、トランプ相場が始まりました。その影響で積立FX口座がウハウハです。

積立FXはあくまでも長期運用がメインですから、短時間高収入とはなりません。しかし、コツコツと上手に資産運用できていると思います。

ドルコスト平均法のメリットを活かして、今後も継続して外貨購入を行っていく予定です。

積立FXの始め方

これから積立FXを始める場合、始める前に以下の3記事を参考にしてください。とりわけ利用することになるSBIFXトレードのメリットとデメリットをビシッと解説しています。

それでは、また。

積立FX専用口座の開設はこちらから↓↓
数分でサクッと開設できます
もちろん無料です
SBIFXトレード