SBIFXトレードの積立FXは本当におすすめなのか調べてみた

   2016/11/03

2015年12月10日からサービスが始まったSBIFXトレードの積立FXですが、ドルコスト平均法による外貨購入でリスクと時間を分散しながら外貨運用できるということで、注目が集まっています。

※2016年10月15日~、「レバレッジ付き定期外貨取引」は「積立FX」という商品名に変更になりました。

しかし、積立FXは本当におすすめの商品なのでしょうか? 積立FX商品の良さがいまだによくわからないという方もいることと思います。

そこで今回、積立FXの5月分の取引履歴をともに考査し、おすすめの商品かどうか検証してみましょう。

レバレッジ付き定期外貨取引は本当におすすめなのか調べてみた

積立FXは本当におすすめなのか調べてみた

ご察しの通り、管理人は自ら積立FXで外貨積立を行なっています。取引内容は以下の通りです。

  • 買付外貨:米ドル
  • 毎月購入価格:1500円分
  • 購入頻度:毎日
  • レバレッジ:3倍

この設定で2016年2月~外貨積立を行なっています。

2015年12月以降、中国発の世界同時株安や原油安の影響を受けドル円相場は急落しました。

その激しいドル円相場の中で始めた定期外貨取引。道のりは順調と言えるのか、以下考察してみます。

2016年2月~5月のドル円相場は急落

2016年初頭~のドル円相場を日足チャートで確認してみましょう。

USD/JPY日足チャート

USD/JPY日足チャート

細かい説明は要りませんね。レートが右斜め下に少しずつ下降しているのが見て取れますが、ドル円相場は相当な円高に振れました。

アベノミクス効果でドル円125円を目指す勢いだったドル円相場はいつの間にか急落し、2016年5月末には一時期105円台に突入したのです。

この状況で、FXにて買う・売る・様子見の3択を自分で選択する裁量取引で向き合っていたなら、きっと「恐怖・不安・損失」この3拍子が揃っていたことだったでしょう。

ドル円をただただ買うだけでは決して乗り越えられない、非常に激しいドル円相場だったのです。

では、2月から始めた積立FXの途中結果はいかがでしょうか? 5月31日の定期購入が終わった時点での積立FX口座状況を見てみましょう。

口座状況160531

なんと驚くべきことに、購入平均価格は110.96円で現在レートよりも下回っているため、評価損益はわずかですがプラスとなっています。

購入量が毎月1500円分と少ないので付与されているスワップポイントも少ないですが、それでも銀行定期預金の金利よりは全然ましですよねww

2015年末からのバンジージャンプ的ドル円相場で、毎日コツコツと米ドルを購入した結果が、想像以上に良好となっています。

以前の記事でもお伝えしたのですが、相場が荒れていても毎日設定内容に応じて指定の外貨を自動で購入するだけですので、FX裁量取引に付きものの独特なストレスは全くありません

積立FXを始めてみた感想「ストレスフリー」の理由
記事概要:積立FXの積立経過報告、第1回目の記事となります。

荒れた相場でも淡々と外貨運用できるのが大きなメリットだと感じています。この点を鑑みると、積立FXは “本当におすすめ” です。

2016年5月の取引履歴

5月分の積立FX取引履歴を見てもらいたいのですが、その前にもう一度ドル円日足チャートを。

USD/JPY日足チャート

USD/JPY日足チャート

オレンジ線の枠内が5月のレートの動きとなります。5月末の黒田日銀逆サプライズ「追加緩和なし」の発表で急落したドル円相場。

その後政府による市場介入が噂され始めたものの、外部要因により少しずつ円安になっていったのが5月の値動きです。

しかし、5月の相場を見ていると、ドルを買いたいけど買えない心理が働く。そんなドル円相場だったと思いました。しかし、積立FXではそのような感情に左右されることはありません。

人間がどう思おうとも、SBIFXトレードの積立システムが淡々と外貨購入を進めてくれる、ある意味ありがたい取引口座です。

5月も継続して米ドルを購入しましたが、その取引履歴は以下の通りです。

レバレッジ付き定期外貨取引5月分取引履歴1レバレッジ付き定期外貨取引5月分取引履歴2レバレッジ付き定期外貨取引5月分取引履歴3レバレッジ付き定期外貨取引5月分取引履歴4

毎日定時の午前11:30に購入してくれていますね。

ちなみに、購入頻度は毎日の他に毎週と毎月がありますが、「毎週」の場合は毎週水曜日の午前11:30に、「毎月」の場合は毎月26日午前11:30に購入となります。

管理人は「毎日」を選択していますが、5月分の購入において毎日/毎週/毎月の購入頻度ではこのような買付量の差異が生じることになります。

5月定期外貨取引購入量比較表

この比較表の購入価格にはスプレッドによる手数料が含まれておりません。手数料抜きで計算すると、わずかに毎日購入による購入量が一番多かったことになります。

しかし、毎日購入にかかるコストは毎週購入よりも多くなりますので、手数料も含めて計算すると毎週購入が一番効率の良い購入頻度だったと言えるでしょう。

どの購入頻度がベストかはすでに検証済みです。過去記事をご覧ください↓

積立FX4月分の購入データから見る最適運用方法とは
記事概要:積立FXの4月分購入データを分析・検証した記事です。どのように運用すれば良いかその方法がだいたい見えてきましたので、その概要を報告させていただきます。

いずれにしろ、どんな相場でも淡々と外貨を定期購入できるという面では特段のメリットがあるのは間違いありません。

  • ドルコスト平均法で外貨を購入したい人
  • ストレスフリーで外貨を購入したい人
  • 時間とリスクを分散して外貨運用したい人

こんな人に向いている積立FXであり、資産運用の良いとこ取りをしたのがこの外貨積立です。管理人がガチでおすすめする金融商品ですよ。

積立FXの詳細を確認する⇒SBIFXトレード公式サイト

積立FXは本当におすすめなのか まとめ

レバレッジ付き定期外貨取引は本当におすすめ

本当におすすめです。

本当におすすめです。

ガチでおすすめなので、2回言ってしまいました。

  • 荒れた相場の中でも淡々とストレスフリーで外貨運用できる
  • ドルコスト平均法で外貨を購入できる
  • 時間とリスクを分散して外貨運用できる

同じような外貨商品、どこにもありません。SBIFXトレードだけがサービスしています。

SBIFXトレードの積立FX以外で同じように取引したいというなら、手動で、毎日外貨を購入することになります。(メンドーww)

積立FX口座は無料で開設・維持できるので、利用しない手はないと思いますけどね。

それでは、また。

SBIFXトレード口座の開設はこちらから↓
限定タイアップキャンペーン中!
口座開設+取引でAmazon券3000円分受取れます!!
SBIFXトレード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket