3月積立FXデータ分析で分かった最適の外貨購入頻度

   2016/11/03

積立FXとは、FX会社のSBIFXトレードが提供する金融商品の一つで、FX口座を活用し外貨を定期的に積立購入することのできるFX取引の一種です。

2015年12月10日から始まったサービスですが、管理人は2016年2月10日から米ドルの積立を行なっています。

※2016年10月15日~、「レバレッジ付き定期外貨取引」は「積立FX」という商品名に変更になりました。

3月の積立が終了し買付データを分析したところ、定期購入における重要な取引タイミングが判明しました。購入履歴を見ながら大切な点をお伝えいたします。

3月レバレッジ付き定期外貨取引データ分析で分かった最適の外貨購入頻度

積立FX 3月の購入履歴全容

管理人は以下の条件にて積立を行なっています。

  • 買付外貨:米ドル
  • 毎月購入価格:1500円分
  • 購入頻度:毎日
  • レバレッジ:3倍

では、積立FX3月の購入履歴をご覧ください。

購入履歴0324-0331購入履歴0315-0323購入履歴0304-0314購入履歴0301-0303

ご存知の通り、積立FX商品では任意で購入頻度を選択できます。毎日・毎週・毎月から選択可能ですが、管理人は毎日購入にて米ドルを定期購入しています。

  • 毎日:毎日午前11:30に購入
  • 毎週:毎週水曜日午前11:30に購入
  • 毎月:毎月26日午前11:30に購入
    (週末・休業日の場合は翌営業日午前11:30に購入)

上のデータをUSD/JPY日足チャートにより視覚化したものを見てみます。

USDJPY3月日足チャート

画像上の数字は購入日の日付です。赤字は「毎日」の購入日、青字は「毎週」の購入日、白の数字は「毎月」の購入日付になります。

チャートを見ると一目瞭然ですが、今月3月はトレンドが発生せず、横ばいでドル円レートが推移しました。

では、この条件の下、毎日買付けた購入価格と平均購入価格を確認します。

レバレッジ付き定期外貨取引3月平均購入価格

3月の購入頻度で最安だったのは「毎週」購入でした。2016年1月・2月ともに毎月購入が最安だったのですが、今月は初めて「毎週」購入が勝利を手にしたことになります。(勝利っていう言葉は何だか大げさですが・・・)

参考記事です↓

SBIFXトレードの積立FXで最適の購入頻度を調べてみた
記事概要:積立FX2016年1月の最適な購入頻度を分析した記事です。
積立FX 2月平均購入価格から分かる最適購入頻度は?
記事概要:2016年2月から「毎日」米ドルを買付けています。「毎週」や「毎月」購入も選択できますが、どの購入頻度が最適だったのか。2月分を分析した記事になります。

実際、毎週購入と毎月購入日付の差はほとんどありませんが、スプレッドによる取引手数料を考えると、3月取引に関しては毎日購入よりも毎週購入がトータルでお得だったことは明らかです。

この結果をふまえ、今現在の積立FX口座状況は以下の画像の通りです。

定期取引口座状況160401

購入量が少ないため、スワップポイントが雀の涙ほどにしかなりませんが、それでもほんのちょっとずつ付与されているようです。

ドル円レートは円高傾向にあり、現在レートは1ドル112.4円ほど。しかし、時間を分散した外貨積立のメリットが発揮され、為替損益は-50円ほどですんでいます。

積立FX 3月の買付価格から判明したこと

3月の購入履歴を鑑みて判明したことがあります。よく考えれば当たり前のことなのですが、気が付かなかった自分にビックリです。

上昇・下降トレンドを読み切ることができるかがポイント

2016年1月と2月のUSD/JPY日足チャートを確認します。

ドル円2016年1月日足チャート

2016年1月USD/JPY日足チャート(数字は日付)

 

2016年2月USD/JPY日足チャート(赤枠内が2月)

2016年2月USD/JPY日足チャート(赤枠内が2月)

上述したように、1月と2月は毎月購入の購入価格が最安でした。その理由は、チャートを見ていただければ分かるように、毎月購入日である26日に向けて、ドル円レートが下降トレンドい合ったからです。

1か月内で高値から安値に向けてレートが変動する下降トレンドなら、下旬の26日に1発勝負で購入するほうがより安く外貨購入できる可能性が高くなります

逆に、上昇トレンドにある場合は、毎月購入での買付は不利です。1か月の初めはレートが安く月末に向けて高値に向かっていく場合、26日に外貨を買うのは不利になることはお分かりいただけると思います。

逆に3月のようにトレンドが発生せず横ばい、またはレンジ相場の場合は、毎週購入が有利でしょう。毎日購入でも買付レートはほとんど変わらないのですが、スプレッドによる取引手数料がかさむからです。

一旦まとめます。

  • 月間で下降トレンドが発生すると予測した場合:毎月購入を選択
  • 月間で上昇トレンドが発生すると予測した場合:毎日または毎週購入を選択
  • 月間でレンジ相場と予測した場合:毎週購入を選択

ということは、「毎週」購入の平均購入価格が最も安くなる可能性が高いということになります。

イチオシの購入頻度は「毎週」だが・・・

ならば、毎週購入で積立FXをすれば良い! と結論付けるのは、時期尚早かもしれません。注意点が1つあります。

トレンドを読み切る力が必要

1か月内のトレンドを読み切る力がなければ、ベストな購入頻度の選択は難しいかもしれません。結局のところ、

  • 上昇トレンド
  • 下降トレンド
  • レンジ相場

この3つのうちどの相場になるのか、月初めに読み切る必要があります。そのためには、やはりテクニカル分析とファンダメンタル分析を習得しなければなりません。特に重要なのはテクニカル分析です

ファンダメンタル要因はテクニカルがすべて織り込みますから、テクニカル分析ができれば外貨運用の収益率はたいてい向上します。

うん、管理人も一からテクニカル分析を勉強しようと思います。マーフィーさんのスパンモデルなどを継続して勉強しようかと。

スパンモデルとは??
マーフィーの最強スパンモデルFXプレミアム

積立FX 3月 まとめ

では、最後にまとめます。3月の積立FXにおいて、最適の購入頻度は「毎週」購入でした。

そして、1月・2月の定期取引や相場状況を分析すると、以下の点が判明しました。

  • 月間で下降トレンドが発生すると予測した場合:毎月購入を選択
  • 月間で上昇トレンドが発生すると予測した場合:毎日または毎週購入を選択
  • 月間でレンジ相場と予測した場合:毎週購入を選択

大切なのは、月初めに月間のトレンドを読むことです。

  • 上昇トレンド
  • 下降トレンド
  • レンジ相場

この3点のいずれになるのか、読み切った上で購入頻度を選択するのがベストです。そのためにはテクニカル分析法をマスターする必要がありますね。

積立FX関連記事は、こちらでまとめてあります↓

積立FXで少額外貨運用 全部まとめてみました
記事概要:積立FXの記事(基礎編と応用編)をまとめてあります

積立FXの詳細はこちらから↓
限定タイアップキャンペーン中!
口座開設+取引でAmazon券3000円分受取れます!!
SBIFXトレード

それでは、また。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket