2018/11/02

積立FXの実績をブログで公開 | 実際に運用して気づいた注意点やメリット

SBIFXトレードの積立FXで外貨運用をしているのですが、実際に積立FX投資をした実績を当ブログで公開します。

実際に運用してみないと気付きにくい注意点やメリットも併せてお伝えしますので、今後の積立FX投資の参考にしてください。

スポンサーリンク


積立FXの実績をブログで公開

この記事では、主に2点お伝えします。

  • 積立FXの実績をブログで公開(2016年2月22~3月4日)
  • 積立FXの注意点とメリット

積立FXの実績をブログで公開(2016年2月22~3月4日)

現在、わたしは積立FXで、米ドルを「毎日」定期購入しています。

その他の通貨の積立FX運用を考慮中ですが、今のところ米ドルのみの買付です。

積立FXで取扱われているのは9通貨ですが、どの通貨を取引すべきかは以下の記事を参考にしてください↓

積立FX取扱9通貨の特徴を徹底解説 | 意外なおすすめ通貨とは

2月22日~26日の購入履歴は以下の通りです。

レバレッジ付き的外貨取引での購入売買履歴0222-0226

毎日1.90~1.91ドルの買付となっていますね。ドル円レートが概ね112円前後だったため、買付量も比較的安定しました。

2月10日から積立FXを始め、これまでの買付額は24.59ドルとなっています。ドルコスト平均法による買付ですので平均取得額を抑えることができており、今のところ損益評価額が+19円と、まあまあ好調な出だしと言えるかもしれません。

ちなみにレバレッジは最高の3倍に設定してありますので、取引に必要な証拠金は928円です。証拠金維持率が2,000%オーバーですので、かなり安全を意識した、低リスク取引を実行できています。

FX外貨運用のコツは、証拠金維持率をなるべく高く保つことです。

おごることなく、つねに安全を意識した定期取引を心がけたいと思っています。

次に、2月29日~3月4日の取引履歴をごらんください。

1週間で買い付けた米ドルは以下の通りです。

購入売却履歴0229-0304

2月29日は1.89ドル分の購入でしたが、3月1日からは1.7ドル台と、購入量が少し減少していることにお気付きだと思います。これは、2月と3月の日数が違うためです。

2月は29日までしかありませんが、3月は31日まで。3月が2日多い分、日ごとの買付量が分散されます。

管理人の定期取引設定は毎月1,500円分の買付ですから、月内の日数が多くなれば毎日の買付量が若干少なるというわけですね。上手くできています。これがすべて自動で取引できますので、ドルコスト平均法ってホント楽だなぁと思います。

ドルコスト平均法についてはこちらの記事が参考になります↓

SBIFXトレードの積立FX | ドルコスト平均法で取引するメリットとデメリットとは

米ドル購入をふまえ、管理人の積立FX口座はこのようになっています。

口座状況詳細

為替損益が+21円。2月のドル円相場の荒波を考えると、この途中経過は上出来ではないでしょうか。

今後も継続して外貨を定期購入していきます。

口座開設してさっそく外貨を積み立てる⇒SBIFXトレード

実際に取引して気づいた積立FXの注意点とメリット

始めに取引方針を設定すればあとは自動外貨購入の積立FXですが、実際に取引して気づいた注意点とメリットがあります。これから取引を始めるという方、またはすでに取引を始めている方も、以下の点にはぜひ注意していただきたいと思います。

積立FXの注意点

新興国通貨と資源国通貨は不安定な動きをする傾向があります。

  • 新興国通貨:トルコリラ、南アランド、NZドルなど
  • 資源国通貨:南アランド、豪ドル、NZドルなど

注意したいのは、新興国通貨のトルコリラ、また資源国通貨の南アランドです。時折激しい値動きをしますから、以下の2点に注意してください。

可能な限り、

  • まずはメジャー通貨で取引すること
  • トルコリラや南アランドなどの新興国通貨は少額をコツコツと定期購入すること

この点を明記し積立を始めると良いと思いました。

わたしも機を見て新興国通貨のいずれかを積立しようと思っています。

※追記※:すでにトルコリラや南アフリカランドの積立を始めています。関連記事はこちらです↓

南アフリカランドを積立FXで定期購入する方法

積立FX | トルコリラのワンコイン積立を始める方法

積立FXのメリットとは

FXではデイトレードが人気ですが、レート変動に感情を左右されながら取引することがあります。それに対し積立FXはFX取引の一種とは言え、感情を揺さぶられるようことがないのがメリットなんですよね。

というのも、定期購入を一度設定してしまえば、あとは毎日午前11時30分に自動で指定外貨を買いつけてくれます。(購入頻度を毎日に設定した場合)

上のチャート画面から分かるように、毎日レートが上昇・下落を交互に繰り返す荒れた相場のときでも、焦りも動揺も感じません。積立FX口座が淡々と購入してくれるので、自分は「約定しました」のメールを受取るだけです。

約定メール0304

「あ、今日も買ったのね~」って感じです。

これがドルコスト平均法のよる資産運用のメリットの一つです。少しずつ、コツコツと買い進めていくことで、余計な負担や焦りを感じずに資産運用できるSBIFXトレードで積立FXをスタートして、あらためて感じたメリットでした。

積立FX口座を開設する⇒SBIFXトレード

積立FXの実績をブログで公開 まとめ

積立FXで取引できるのは9通貨ですが、運用に関して注意点がありました。

  • まずはメジャー通貨で取引すること。
  • トルコリラや南アランドなどの新興国通貨は少額をコツコツと定期購入すること

焦らず腰を据えて運用しましょう。手動でも外貨購入は可能ですが、定期的に積立ていくことでドルコスト平均法の威力が増します。

積立FXの始め方

これから積立FXを始める場合、始める前に以下の3記事を参考にしてください。とりわけ利用することになるSBIFXトレードのメリットとデメリットをビシッと解説しています。

それでは、また。

積立FXの口座開設はこちら↓
数分でサクッと開設できます
もちろん無料です^^
SBIFXトレード