積立FXと銀行外貨預金の違い お得なのはどっち?

   2016/11/03

少額で外貨を定期積立できることから人気急上昇中の積立FXSBIFXトレード提供商品)。

外貨を預金する感覚で始められる積立FXですが、銀行の外貨預金とは違いがあるのでしょうか? お得に取引できるのはどちらなのでしょうか?

今回、積立FXと銀行外貨預金を比較してみました。

※2016年10月15日~、「レバレッジ付き定期外貨取引」は「積立FX」という商品名に変更になりました。

レバレッジ付き定期外貨取引と銀行外貨預金 徹底比較

積立FXと銀行外貨預金を徹底比較!

積立FXと銀行外貨預金の違いを、多方面から徹底比較してみました。比較対象は以下の点です。

  • 手数料
  • 利息
  • 解約規定
  • 預金保証

この4つの面をそれぞれ比較してみます。

手数料

為替取引を行なうとき、気になるのが為替手数料ですよね。

FXでも銀行でも外貨取引をするときは、必ず手数料が加算されますから、手数料を如何に抑えるかが一つのポイントになります。

では、まずネット銀行で外貨預金をするときの両替手数料を見てみましょう。

ネット銀行の一角ソニー銀行で豪ドル預金をするとします。その場合、以下の表に基づいて手数料が計算されます。

 

画像元 http://moneykit.net/visitor/rate/fd_aud.html(赤枠は筆者加筆)

画像元 http://moneykit.net/visitor/rate/fd_aud.html(赤枠は筆者加筆)

通常の手数料で豪ドルを両替すると、1豪ドルあたり45銭かかります。仮に12万円分の豪ドルを預金するとしたら、どの程度手数料がかかるでしょうか。現在の豪ドルレートを1豪ドル=85円として計算してみます。

  • (120,000÷85)×0.45=634円(小数点以下切捨て)

豪ドル預金を始めるときに約634円の手数料がかかる計算です。また、銀行での外貨預金の場合、満期になると外貨から日本円に戻すのが通常ですが、その時も同等の手数料がかかります。

ドル円レートの変動なしとすると、預金開始と同額の634円がかかる計算ですから、総手数料は1,268円となります。

一方で、積立FXの場合、以下のスプレッドが実質上の手数料です。

  • USD/JPY 0.05円
  • GBP/JPY 0.3円
  • AUD/JPY 0.2円
  • NZD/JPY 0.3円
  • CNH/JPY 0.1円
  • ZAR/JPY 0.05円

豪ドル預金の場合、スプレッドが0.2円です。この数字を基に計算してみましょう。

積立FXにて、毎月10,000円ずつ、「毎月購入」を選択し定期積立したとします。そうすると、1年間の積立額は12万円です。

毎月10,000円ずつ購入する場合、スプレッドによる手数料概算は以下の通りです。(豪ドル円レートが1豪ドル=85円から変動しないとして計算)

  • (10,000÷85)×0.2=23.4円
  • 23.4円×12か月=280円(小数点以下切捨て)

FXの場合、スプレッドは片道しかかかりませんので、実質手数料は280円になります。

外貨定期預金の場合は1,268円かかりますが、SBIFXトレードの積立FXで同等量の定期積立をしたケースでは約280円の手数料です

手数料の面では、断然積立FXのほうが有利なこと、お分かりいただけると思います。

積立FXの詳細はこちらからどうぞ↓
SBIFXトレード

利息

外貨取引の最大の目的の一つが利息です。銀行での外貨預金ならば満期後にどの程度利息を受取れるか、非常に重要なポイントですよね。

では、上と同じくソニー銀行の豪ドル定期預金1年もの金利と、SBIFXトレードの定期外貨取引における利息(スワップポイント)をそれぞれ計算してみます。

2016年2月現在、ソニー銀行豪ドル建て定期預金金利(年利)は1.50%(税引前)です。

豪ドルレートが1豪ドル=85円、12万円分の豪ドル(1,411AUD)を1年間預金すると…

  • 12万円×0.015=1,800円

約1,800円(税抜前)の計算になります。

一方で、積立FXでは、SBIFXトレードが提供するスワップポイントが適用となります。2016年2月初頭の豪ドルスワップポイントカレンダーを見てみましょう。

 

SBIFXトレード定期外貨取引スワップポイント履歴

2月初頭の平均スワップポイントを計算したところ、約47円(10,000豪ドル保有の場合、小数点以下切捨て)でした。

スワップポイントは毎日付与されますので、1年かけて定期積立した場合、受取れるスワップポイントの概算は以下の通りです。

  • 10,000円分のAUDを毎月購入:(47×0.0117)×30日=16.497円

第1か月目に16.497円受取で、その後毎月10,000円分のAUDを購入していきますので、受取分のスワップポイントが加算されていきます。まとめて計算したところ…

  • 1か月目受取分:16.497円
  • 2カ月目スワップ合計:49.491円
  • 3か月目スワップ合計:98.982
  • 4か月目スワップ合計:164.97円
  • 5か月目スワップ合計:247.455円
  • 6カ月目スワップ合計:346.437円
  • 7か月目スワップ合計:461.916円
  • 8か月目スワップ合計:593.892円
  • 9か月目スワップ合計:742.365円
  • 10か月目スワップ合計:907.335円
  • 11か月目スワップ合計:1088.802円
  • 12か月目スワップ合計:1286.766円
  • +5日間スワップ合計:1289円(小数点以下切捨て)

以上の通り、12カ月間積立FXで積み立てた場合、受取スワップ合計は1,289円です。(スワップポイントの変動は計算に含めず)

ソニー銀行の外貨定期預金を利用したほうが利息自体は高い計算になります。

ただし、銀行の定期預金の手数料は約1,268円の予定ですから、受取利息分の1,800円から差し引くと、差額は532円です。

SBIFXトレードの積立FXの手数料は約280円ですから、受取スワップポイントとの差額は1,009円となり、結果的には積立FXのほうがお得です。

積立FXに興味のある方はこちらで確認を↓
SBIFXトレード

解約規定

銀行定期預金のネックは、中途解約が原則不可の点です。解約できても違約金を支払うケースがほとんど。違約金を支払えば、たいてい利益はあまり残りませんから、実質上解約不可と考えられます。

また、運用外貨のレートが対円で安くなれば、満期時に受取れる金額が元本割れとなる危険性があります。相場動向が思わしくないからといって、基本的には解約ができませので、やはり解約規定が大きなデメリットと言わざるを得ません。

一方で、積立FXでは、積立を停止したければ24時間いつでも解約できます保有している外貨を売りたいと思えば、原則24時間(土日含まず)いつでも売却が可能です。

為替相場の動向次第では、一旦売却し、相場が落ち着いてから出直し…なんてこともできてしまいます。

積立FXに解約規定は一切ありませんので、その面で銀行外貨預金よりも優れていると考えられるでしょう。

預金保証

積立FXをサービスするSBIFXトレードは、顧客から預託された資金はすべて分別管理しています。

万が一、SBIFXトレードが破綻するようなことがあっても、積み立てている外貨は保対象というわけです。

しかし、銀行の外貨預金は預金保険対象外です。円建て預金と違い、補償の対象となっていません。銀行に万が一のケースが生じた場合、預金額と利息分が全額返還されないということも。

預金保証という面から見て安心して積立できるのは、SBIFXトレードの積立FXと断言できます。

だから、私も米ドルを積立しているんです。

SBIFXトレードの「積立FX」で実際に定期預金を始めてみた
記事概要:SBIFXトレードで積立FXを始めたときの様子を画像付で説明しています

以上、積立FXと銀行外貨預金を徹底比較しましたが、どの面からみても積立FXが圧倒的に有利なこと、お分かりいただけたと思います。

上ではふれませんでしたが、SBIFXトレードの積立FXはドルコスト平均法を採用した取引です。

ですから、平均購入価格を抑える効果があり、相場変動に動じない外貨買付が可能です。

ドルコスト平均法を活用したSBIFXトレードの積立FXとは
記事概要:ドルコスト平均法と積立FXの関係を徹底解説しています

これから外貨取引で、少額から資産運用したいという方には、SBIFXトレードの積立FXをおすすめします。

積立FXの詳細はこちらから↓
限定タイアップキャンペーン中!
口座開設+取引でAmazon券3000円分受取れます!!
SBIFXトレード

それでは、また。

積立FXに関する参考記事、まとめてあります↓

積立FXで少額外貨運用 全部まとめてみました
記事概要:積立FXの記事(基礎編と応用編)をまとめてあります
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket