SBIFXトレードの「積立FX」 メリットとデメリット

   2016/11/15

積立FX」とは、2015年12月10日から始まったSBIFXトレードの金融商品です。ドルコスト平均法を採用した外貨積立商品であり、平均購入価格を抑えて外貨を買付けることができるのが特徴になっています。

画像元 https://www.sbifxt.co.jp/index.html

画像元:SBIFXトレード ※商品名「レバレッジ付き定期外貨取引」から「積立FX」に変更(2016年10月15日)

商品名からどんな商品なのかなんとなくは分かるかもしれませんが、具体的に新商品の内容とそのメリット・デメリットを分析してみたいと思います。

SBIFXトレード

SBI FXトレード「積立FX」の概要

      • 商品名:積立FX
      • 取扱通貨:
        1)米ドル
        2)英ポンド
        3)豪ドル
        4)NZドル
        5)中国元
        6)南アフリカランド
        7)カナダドル
        8)トルコリラ
        9)香港ドル

※2016年11月21日~カナダドル、トルコリラ、香港ドルの3種類が加わりました

      • 取引時間:
        【夏時間】月曜AM7:00~土曜AM5:30
        【冬時間】月曜AM7:00~土曜AM6:30
      • 取引上限:定期購入にかかる注文申込の場合、1回の取引限度額は100万通貨まで(その他注文申込は最大1000万通貨まで)
      • 取引単位:0.01通貨単位ごと
      • 最低入金額:制限なし。ただしクイック入金の場合は最低5,000円。
      • レバレッジ:1・2・3倍
        【中国元、南アフリカランド】 1倍または2倍から選択
        【米ドル、英ポンド、豪ドル、NZドル】1倍、2倍または3倍から選択
      • 購入頻度:毎日、毎週、毎月のいずれかを指定できる
        毎日:毎営業日AM11:30に発注
        毎週:毎週水曜日AM11:30に発注
        毎月:毎月26日AM11:30に発注
        ※指定日が休日の場合は翌営業日に発注
      • スプレッド:
        USD/JPY 0.05円
        GBP/JPY 0.3円
        AUD/JPY 0.2円
        NZD/JPY 0.3円
        CNH/JPY 0.1円
        ZAR/JPY 0.05円
      • スワップポイント:通常のFX取引と同様のスワップポイント受取
      • 取引手数料:無料
      • 口座維持・管理手数料:無料
      • カバー先:SBIリクイディティ・マーケット株式会社
      • マージンコール:証拠金維持率100%および35%を下回った時点
      • ロスカット:証拠金維持率30%を下回った時点

取引条件はSBI FXトレード会員であることです。

口座をまだお持ちでない方は、公式サイトからどうぞ↓
SBIFXトレード

主な注目点

      • 低レバレッジで一般の外貨預金と同じように資産運用できる
        レバレッジは1~3倍と低レバレッジ。1倍に設定すれば、運用方法は銀行での外貨預金と変わりません。しかし、注文と決済は随時発注できるので、銀行の外貨預金よりも機動性が高く臨機応変な取引が可能です。
      • AM11:30に定期自動購入
        一度発注すれば、日/週/月ごとに、AM11:30に自動購入となりますので、とりわけ忙しい方には便利なサービスです。

積立FXのメリット

ここからは、積立FXのメリットをいくつか見てみます。

      • メリット1:指定日に自動購入
        先に挙げましたが、日/週/月ごとに指定の通貨を購入することができます。購入頻度だけでなく購入通貨、購入通貨数量も指定できますので、リスクコントロールが容易にできるのがメリットです。

また、一度発注すれば指定日には自動で約定(注文が成立すること)しますので、取引に手間暇かからないのが特長です。

最適の購入頻度を知りたい方はこちらの参考記事をどうぞ↓

SBIFXトレードの積立FXで最適の購入頻度を調べてみた
記事概要:積立FXには、「毎日、毎週、毎月」の購入頻度のいずれかを選択できますが、最適な購入頻度を分析した記事です。
      • メリット2:1通貨単位で発注可能
        これはSBIFXトレードの大きなメリットですが、1通貨単位で発注可能です。米ドルで1通貨を定期外貨取引すると、必要になる証拠金はレバレッジ1倍で約120円、2倍で60円、3倍で40円の計算になります。(12月初旬のレートに基づく)

外貨預金はリスクが高そうで怖いと感じる人でも、40円~取引できるなら「ちょっとやってみようかな」という気になれる投資金額ですよね。

      • メリット3:レート固定機能
        50万通貨までの注文という条件付きですが、タイムバーが0秒になるまでの間は一定のレートで注文できる機能が備わっています。自分の納得できるレートで注文できるメリットがあります。
      • メリット4:資産はすべて信託保全
        これは当然ですが、SBIFXトレード口座に預託した資金はすべて信託保全です。万が一の場合でも、預託金はすべて保証されますので安心です。

積立FXのデメリット

以上の通り、積立FXにはメリットがいくつかあります。しかし、デメリットがあるのも確か。どんなデメリットがあるのかを鑑みて利用するのがベストです。

      • デメリット:スプレッドが広め
        この積立FXは本来のFX取引とは違うサービス形態となっていますので、ルールが少し変わっています。

大きな違いはないのですが、違いがあり且つデメリットと言えるのは、積立FXで注文する場合のスプレッドが広めに設定されている点です。

【積立FX】スプレッド
USD/JPY 0.05円
GBP/JPY 0.3円
AUD/JPY 0.2円
NZD/JPY 0.3円
CNH/JPY 0.1円
ZAR/JPY 0.05円
【店頭FX】スプレッド
USD/JPY 0.0027円
GBP/JPY 0.0119円
AUD/JPY 0.077円
NZD/JPY 0.0179円
CNH/JPY 0.0258円
ZAR/JPY 0.0099円

定期外貨取引の場合は売買回数が相対的に少ないので、大きなコスト負担にはなりません。しかし、スプレッドは利用者の負担ですから、強いていうならもう「少し狭くてもいいなぁ」というのが本音です。

積立FX 総括

積立FXの特長を一言で表すと、

低リスクで手軽に外貨預金を行なうことができる

という点でしょう。

しかも、まとめ買いするのではなく指定した日/週/月ごとに少しずつ買っていくので、長い目で見れば平均的な価格で、かつコツコツとスワップポイント(利息のようなもの)をためていくことができます。

ちなみに、平均的な価格で定期購入することをドルコスト平均法と言います。

ドルコスト平均法を活用したSBIFXトレードの積立FXとは
記事概要:積立FXが採用するドルコスト平均法とそのメリットや有効性について分析・解説しています。

定期外貨取引では、1回発注をすればあとは自動で注文を行なってくれますから、利便性が高いと言えます。

また、1通貨単位で取引できるのがSBIFXトレードのメリットです。南アフリカランドを1通貨取引するのに必要な証拠金は約8円です。(レバレッジ1倍)

まずは1通貨から試してみるのはいかがでしょうか?

積立FXの詳細はこちらから↓
限定タイアップキャンペーン中!
口座開設+取引でAmazon券3000円分受取れます!!
SBIFXトレード

積立FXの参考記事はこちらでどうぞ↓

積立FXで少額外貨運用 全部まとめてみました
記事概要:積立FXの記事(基礎編と応用編)をまとめてあります
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket