2018/10/28

SBIFXαとSBIFXトレードを比較 | FXトレードにおすすめはこっち

SBIという名がつくFX口座に「SBIFXα」と「SBIFXトレード」の2つがあるのはご存知でしょうか?

実はこの2つ、似ているようで全く違うFX口座です。

どちらもSBIということでその違いが分かりにくいかもしれませんが、その違いを徹底比較し、FXトレードにより有利なFX口座を選別することにしましょう。

スポンサーリンク


SBIFXαとSBIFXトレードを比較

SBIFXαとSBIFXトレードを比較して天秤にかけてみた

結論からです。

  • SBIFXαはSBI証券のFX口座
  • SBIFXトレードはSBIFXトレード株式会社のFX口座

ですから、FX口座としては全くの別物です。

ただし、双方とも親会社は金融大手のSBIホールディングスですから、お仲間といえばお仲間ですね。

SBIホールディングス(8473)傘下「SBIFXトレード」の評判と信頼性を調べてみた

では、SBIFXαとSBIFXトレードがどのように違うのか、いくつかの重要項目を比較してみます。

取扱通貨ペアを比較

まずは、両FX口座の取扱通貨ペアを比較してみます。

まずは、SBIFXαから。SBIFXαは合計20通貨ペアの取扱となっています。

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • カナダドル/円
  • スイスフラン/円
  • 香港ドル/円
  • 人民元/円
  • 韓国ウォン/円
  • 南アフリカランド/円
  • シンガポールドル/円
  • メキシコペソ/円
  • ノルウェークローネ/円
  • スウェーデンクローナ/円
  • ポーランドズロチ/円
  • トルコリラ/円
  • ユーロ/米ドル
  • ポンド/米ドル
  • 豪ドル/米ドル

基本的には各通貨ペアの取引単位は1万通貨単位ですが、香港ドル/円、人民元/円、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は10万通貨単位での取引に、韓国ウォン/円は1000万通貨単位の取引となる点に注意です。

次に、SBIFXトレードの取扱通貨ペアを見てみます。合計26通貨ペアの取扱となっています。

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • カナダドル/円
  • スイスフラン/円
  • 南アフリカランド/円
  • 人民元/円
  • トルコリラ/円
  • 韓国ウォン/円
  • 香港ドル/円
  • ユーロ/米ドル
  • ポンド/米ドル
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/米ドル
  • 米ドル/カナダドル
  • 米ドル/スイスフラン
  • ユーロ/英ポンド
  • ユール/豪ドル
  • ユール/NZドル
  • ユーロ/スイスフラン
  • 英ポンド/豪ドル
  • 英ポンド/スイスフラン
  • 豪ドル/NZドル
  • 豪ドル/スイスフラン

通貨ペアを比較するとそれぞれ特徴があります。

【SBIFXα】
・SBIFXトレードでは取扱っていない超マイナー通貨を取り扱っている
マイナー通貨の最低取引量の規定が厳しい
【SBIFXトレード】
取扱い通貨ペア数がSBIFXαより多い
マイナー通貨も1通貨~取引OK

こうして比較してみると、

  • SBIFXトレードのほうが、よりFX初心者向け口座

この点が浮き彫りになってきます。どの通貨ペアも1通貨~取引ができるというのは、SBIFXトレードの強みですね。

でも26通貨ペアだけじゃ満足できない!というかたは、

このいずれかで取引すると良いでしょう。私は両社で口座開設し取引してみましたが、どちらにも特徴やメリットがあり、FX取引を楽しめますよ。

参考記事はこちらです↓

ヒロセ通商 | DM限定取引キャンペーンが30倍お得!

サクソバンク証券で口座開設する方法 | 初回ログインできない事例と共にご紹介

スプレッドを比較

FXトレードにおいて非常に気になるのが、取引手数料ですよね。SBIFXαとSBIFXトレードの双方とも取引手数料はかかりませんが、スプレッドという形で取引手数料を支払うことになります。

2口座のスプレッドを比較してみましょう。SBIFXαからです。(スプレッドは原則固定、例外あり)

  • 米ドル/円:0.5銭
  • ユーロ/円:1.6銭
  • ポンド/円:2.8銭
  • 豪ドル/円:1.6銭(通常は1.8~2.2銭)
  • NZドル/円:3.8銭
  • カナダドル/円:3.8銭
  • スイスフラン/円:5.8銭
  • 香港ドル/円:2.8銭
  • 人民元/円:2.9銭
  • 韓国ウォン/円:6.0銭
  • 南アフリカランド/円:3.8銭
  • シンガポールドル/円:4.8銭
  • メキシコペソ/円:5.0銭
  • ノルウェークローネ/円:3.8銭
  • スウェーデンクローナ/円:4.0銭
  • ポーランドズロチ/円:10.0銭
  • トルコリラ/円:6.8~12.8銭
  • ユーロ/米ドル:0.0001米ドル
  • ポンド/米ドル:0.0002米ドル
  • 豪ドル/米ドル:0.0002米ドル

次に、SBIFXトレードのスプレッドです。(1万通貨取引以下の場合。原則固定。)

  • 米ドル/円:0.27銭
  • ユーロ/円:0.69銭
  • ポンド/円:1.19銭
  • 豪ドル/円:0.77銭
  • NZドル/円:1.79銭
  • カナダドル/円:1.79銭
  • スイスフラン/円:2.39銭
  • 南アフリカランド/円:0.99銭
  • 人民元/円:2.58銭
  • トルコリラ/円:4.80銭
  • 韓国ウォン/円:3.80銭
  • 香港ドル/円:1.90銭
  • ユーロ/米ドル:0.48銭
  • ポンド/米ドル:1.49銭
  • 豪ドル/米ドル:1.39銭
  • NZドル/米ドル:1.60pips
  • 米ドル/カナダドル:1.70pips
  • 米ドル/スイスフラン:1.50pips
  • ユーロ/英ポンド:0.90pips
  • ユール/豪ドル:1.50pips
  • ユール/NZドル:3.40pips
  • ユーロ/スイスフラン:1.70pips
  • 英ポンド/豪ドル:1.60pips
  • 英ポンド/スイスフラン:2.70pips
  • 豪ドル/NZドル:2.80pips
  • 豪ドル/スイスフラン:2.90pips

スプレッドに関してはSBIFXトレードが圧倒的に有利です。FXトレードを始めたいというなら、SBIFXトレードで始めるほうが単純計算で約半分のコストですみます。

SBIFXトレードの詳細を公式サイトでチェック⇒SBIFXトレード

取引通貨単位を比較

2口座ともに最小取引単位が設定されています。FX初心者がリスクを抑えて取引するためには、なるべく取引量を少なくして取引する必要がありますので、取引通貨単位を比較するのも非常に重要です。

両口座の取引通貨単位は以下の通りです。

  • SBIFXα⇒1万通貨単位
  • SBIFXトレード⇒1通貨単位

SBIFXミニを利用すると6通貨ペアのみ1,000通貨単位で取引可)

SBIFXトレードは1通貨単位での取引ができるので、米ドル/円でしたら現時点のレートで約110円分からの取引ができます。(レバレッジ1倍の場合。25倍なら約5円で取引できます)

取引単位規定を比較すると、FX初心者に有利な1通貨単位取引ができるSBIFXトレードに優位性があるようです。

FX専用スマホアプリ「HYPER FX」について

スマホアプリについてもお伝えしておきます。

SBIFXαのFX専用スマホアプリの名称は「HYPER FX」で、FXの口座名ではありません。SBIFXαのスマホアプリがHYPER FXというわけです。

つまり、HYPER FXで取引する=SBIFXα口座で取引するという解釈になります。

SBIFXトレードもスマホ専用アプリを提供中です。使いやすさや機能性に関して以前分析しましたので、そちらの参考記事をご覧ください。

SBIFXトレード | FX会社のiPhoneアプリを徹底分析してみた

おすすめFX口座はSBIFXトレード

基本的なこととして、SBIFXαはSBI証券のFX口座、SBIFXトレードはSBIFXトレード株式会社のFX口座になります。

  • 取扱通貨ペア
  • スプレッド
  • 取引通貨単位
  • FX専用スマホアプリ

以上4つの面から2つのFX口座を比較しましたが、SBIFXトレードが優位で、個人的にはSBIFXトレードを断然おすすめします。

スプレッドによる取引手数料も有利ですが、最大の特徴は1通貨から取引できる点かと思います。

FX初心者は先ずはFX取引に慣れる必要があります。リスクを抑えながらFX取引を始める重要性を考えると、SBIFXトレードの「1通貨単位取引OK」は大きなメリットです。

SBIFXトレード口座開設はこちらから↓
数分でサクッと申し込めます
もちろん無料です^^
SBIFXトレード(FXLP)