「FX取引におすすめの通貨は?」という質問がNGな話

   2016/11/08

時々FX初心者から「FX取引におすすめの通貨は?」と聞かれるのですが、その質問はNGなんですよね。

おすすめの通貨はありますが、その前に決めなければならない前提があります。それが確定していないなら、特定の通貨をおすすめすることができないのです。

なぜ「FX取引におすすめの通貨は?」という質問がNGなのでしょうか。その答えを今回はお伝えします。

「FX取引におすすめの通貨は?」という質問がNGな話

FX取引手法が確立されてからおすすめ通貨を考える

結論からです。FX取引手法によっておすすめ通貨は変わります

FX初心者はどんな取引手法で収益を上げたいのか考えるのが先決で、それがある程度決まったらどの通貨を取引するか選別することになるのです。

日本でFX取引が始まったのは1990年代後半ですが、その頃は裁量取引(自分の判断で売買や様子見を選択すること)しかありませんでした。

しかし、今はリピート系や自動取引など様々な取引手法が選択できる時代になっています。ですから、裁量取引を含めあなたがどんな取引手法で収益を上げたいかで、取引通貨も変わるわけです。

FX初心者が選べる取引手法

では、FX初心者が選べる取引手法にはどんなものがあるのでしょうか?

  • 裁量取引(デイトレやスイングトレード)
  • スワップ運用
  • 半自動取引(リピート系)
  • 自動取引(シストレ)
  • 定期積立

以上のように選択肢は少なくとも5種類あります。どの取引手法を採用するかはあなた次第。

どの取引手法を選別したら良いのかよく分からない人は、以前の記事を参考にしてください↓

FXはどうやって取引するの? 初心者でも3分で分かるFX取引手法7つ
記事概要:FX取引は裁量取引だけでなく様々な取引手法がありますが、どんな取引方法があるのかを解説した記事です。あなたにピッタリのFX取引手法を見つけてください。

各取引手法に最適の通貨は?

では、どの通貨が各取引手法に最適と言えるのでしょうか?

必ずこの通貨! というのはありません。しかし、各取引手法に向いている通貨というものがあります

裁量取引向き通貨

裁量取引は取引回数が多くなるため、スワップポイントよりもスプレッドによる手数料を鑑みる必要があります。

また、流動性が高い通貨でないと値幅を取りづらいので、マイナー通貨よりもメジャー通貨の中から特に流動性の高い通貨を選択すべきです。

スプレッドと流動性の高い通貨と考えると、以下の通貨ペアが特に裁量取引向きと言えるでしょう。

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ユーロ/米ドル

米ドル、ユーロ、日本円という世界3大通貨の組み合わせが裁量取引に最適です。どこのFX口座でもスプレッドが狭く設定されていますし、流動性は群を抜いて高く、値幅を取りやすい通貨となっています。

英ポンドは? という声がありますが、英ポンドは値動きが激しいのでFX初心者にはおすすめできません。FX取引に慣れてから試しに取引してみてはいかがでしょうか。

裁量取引向けのFX口座↓
SBIFXトレード(1通貨単位取引可)
1,000通貨単位から取引可能な外為ジャパン

スワップ運用向き通貨

スワップ運用は長期間外貨を保有してスワップポイントをコツコツためていく取引手法ですから、スワップポイントが高い通貨を選択するのがセオリーです。

そうなると、米ドル、ユーロ、日本円、英ポンド、豪ドル、カナダドル、スイスフランというメジャー通貨の中で豪ドル以外はスワップ運用にはあまり適しているとは言えません。

豪ドルを選択するか、もしくはマイナー通貨の中の高金利通貨、NZドル、トルコリラ、南アランド、人民元などを選択することになるでしょう。

どの通貨を選択するかは好みによっても違いますので、それら通貨を比較してから選別してください。

当サイトでは各通貨にスポットを当てて徹底解説しています。各カテゴリを参考にどうぞ。

半自動取引(リピート系)向き通貨

リピート系と呼ばれている半自動取引に関してですが、おすすめの通貨はありません

半自動取引の場合、その取引システムや選択するプログラムによって選択すべき通貨が変わってくるのです。

たとえば、管理人が好んで利用しているマネースクウェア・ジャパンのトラリピはいかがでしょうか。

トラリピという発注管理機能がゆえに、レンジ相場での取引でガッツリ稼げる半自動取引になります。ですから、トラリピに向いている通貨は「レンジ相場」を形成している通貨になりますので、おすすめ通貨は刻々と変化するのです。

詳細はこちらの記事を参考にしてください↓

豪ドル?トルコリラ?トラリピで運用する最適の通貨を調べてみた
記事概要:トラリピで運用する最適の通貨を検証した記事です。レンジ相場を形成しているという条件の他に大切な要素がありますので、こちらで確認を。

自動取引(シストレ)向き通貨

自動取引(シストレ)に関しても、上のリピート系取引と同等のことが言えます。

おすすめ通貨はありません

強いていうなら、おすすめ通貨は利用する自動取引や取引時期によって変動します。

たとえば私が利用するインヴァスト証券のシストレ24でも、おすすめ通貨はその時によって違います。

詳細は公式サイトで確認してください⇒インヴァスト証券公式サイト限定タイアップキャンペーン中!

定期積立向き通貨

定期積立とは、外貨を定期的に購入し積み立てていく取引手法です。この取引手法を採用できるのはSBIFXトレードの「積立FX」という商品のみ。

この積立FX口座を活用すれば、自動で外貨を積み立てていくことができるんです。

積立FX口座で取引できるのは、

  • 米ドル
  • 英ポンド
  • 豪ドル
  • NZドル
  • 人民元
  • 南アランド

以上6通貨。

どの通貨にも特徴やメリット・デメリットがありますが、管理人は米ドルと南アランドを選択し定期取引しています。

参照記事をどうぞ↓

SBIFXトレードの「積立FX」で実際に外貨積立を始めてみた
記事概要:積立FX口座で米ドルの定期購入を始めたときの方法を画像付で解説しています
南アフリカランドを積立FXで定期購入する方法
記事概要:SBIFXトレードの積立FX口座で南アフリカランドを定期購入する方法を画像付で解説した記事です。誰でも簡単に始められますので、この記事をマニュアルとして下さい。

ドルコスト平均法を採用した定期外貨購入。リスクと時間を分散して外貨運用できるので、FX初心者だけでなく経験者にもおすすめの取引手法です。

取引通貨はお好みで選択できますが、定期取引をもっと詳しく知りたいという方はこちらのまとめ記事が参考になると思います。じっくりご覧ください↓

積立FXで少額外貨運用 全部まとめてみました
記事概要:積立FXの記事(基礎編と応用編)をまとめてあります

「FX取引におすすめの通貨は?」という質問がNGな話 まとめ

取引手法に最適の通貨を選ぶのが秘訣

「FX取引におすすめの通貨は?」という質問がNGな話、お分かりいただけたと思います。

要は、取引手法が変われば取引通貨も変わります。

まずは、

  • 裁量取引(デイトレやスイングトレード)
  • スワップ運用
  • 半自動取引(リピート系)
  • 自動取引(シストレ)
  • 定期積立

この取引手法の中からお好みの取引手法を確立し、その上で取引すべき通貨を選択することにしましょう。

それでは、また。

トラリピと豪ドルの相性抜群です↓↓
マネースクウェア・ジャパン ポケトラアプリ用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket