1000円が2000円=1000万円が2000万円? FXは算数ではない話

 

FX取引で投資金1,000円を2,000円に増やすことができました。では、同じように取引すれば1000万円を2000万円にすることも可能なのでしょうか?

道理から言うと「できる」と言えそうですが、FXは算数ではないんです

FXが算数のように利益倍増にはならない理由とは? その点を詳しく解説するとともに、利益率を少しでもUPさせるためのコツをご紹介したいと思います。

1000円が2000円=1000万円が2000万円? FXは算数ではない話

FXが算数のように利益倍増にはならない理由

FXが算数のように利益倍増にはならない主な理由は、メンタルです。精神論になってしまいますが、FXで如何に勝てるか否か、大部分はメンタルにかかっています。

利益倍増の壁となるのがメンタル要因

一般的に、1,000円や2,000円を大金とは言いません。乱雑に扱うことは決してできませんが、大金の部類には入らないでしょう。

それをふまえて、FX取引を始めたとします。資金1,000円で取引した場合、1回の取引による損益は±20円、30円とか。1,000円が1,030円に増え1,010円に減り・・・などなど。

増えても減っても痛くも痒くもない程度の金額です。

しかし、これが投資金1000万円の場合はいかがでしょうか。1000万円が1030万円に増え1010万円に減る。こんな取引を繰り返すのは、「怖い」と思うのが人間の心理です。

ですから、恐怖感がトレードの方向性を失わせ、するべきことができない、またはしてはいけないことをしてしまう。こんな事が起こり得るのです。

1,000円が2,000円に増える少額取引とはわけが違います。1000万円という大金のFXトレードではメンタルが大きな要因となり、いかなる状況でも取引ルールを実行できるメンタルが必要不可欠なのです。

メンタル強化が必要な方はこちら↓
マーフィーのメンタルトレードEブック・DVD

メンタルを強化するのも大切ですが、大量通貨の取引を行えるようにステップをふむ必要があります。

取引量を少しずつ増やす地道な作業が必須

投資金1,000円でFXを始めたとします。1,000円で取引できるのは、例えば米ドル円レートが100円なら・・・

  • 1万通貨取引の必要証拠金=4万円
  • 1,000通貨取引の必要証拠金=4,000円
  • 100通貨取引の必要証拠金=400円

以上の必要証拠金が必要となりますから、証拠金維持率の観点から考えても100通貨の取引になるでしょう。

米ドル円を100通貨取引すると、レートが±1円で利益は±100円です。つまり、100pips×10=1000pipsの利益幅をとって、ようやく1,000円稼げるわけです。

FX初心者でなくても1,000pips獲得するのは簡単ではありませんが、トレードの基礎と応用を学び実践すれば可能です。

100万通貨取引でこれと同じ作業を行うと、道理から言えば1000万円稼げるわけです。つまり、

  • ドル円レート:100円
  • 投資金:1000万円
  • 取引単位:100万通貨
  • 獲得pips:1,000pips

この取引条件で1,000pips獲れれば1000万円が2000万円になります。しかし、先に挙げたようにメンタルの問題がありますから、地道に取引量を増やしていく作業が賢明でしょう。

初めは1通貨でも100通貨取引でもかまいません。取引に慣れたら少しずつ取引量を増やしていくのです。

  • 1通貨取引⇒100通貨取引⇒1,000通貨取引⇒1万通貨取引⇒2万通貨取引⇒3万通貨取引・・・

一気に取引量を増やしてはいけません。さもないとあっという間に資金を失うことになります。取引量が増えればそれだけ重圧がのしかかり、取引ルール通りにトレードできなくなります。

くどいですが、もう一度。少しずつ取引量を増やし、損益の大きさによる重圧とプレッシャーに打ち勝つこと。これが非常に重要なのです。

1通貨取引ができる数少ないFX口座⇒SBIFXトレード公式サイト

FXが算数のように利益倍増にはならない理由 まとめ

FXは算数ではありません。取引量が増えると、損益の大きさからくる恐怖感に打ち勝つための強いメンタルが是が非でも必要になります。

まずは少額取引から始め、少しずつ取引量を増やしていくことでリスクを抑えながら大きなリターンを狙うことを実践してください。

それでは、また。

1通貨単位取引ができるFX口座⇒SBIFXトレード
1,000通貨取引なら⇒トレイダーズ証券(みんなのFX)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket