資金が少ないFX初心者要確認! FXに必要な最低資金は○円

   2016/11/08

FXは資金が少なくてもできますが、FXを始めるにあたり最低限必要な資金はだいたい幾らくらいなのでしょうか?

よく「5,000円~始められます」とか「1万円から始めるFX!」という類のフレーズを見かけますが、具体的に何円必要か、3つの項目から比較・計算してみました。

これからFXを始める方の参考になれば幸いです。

資金が少ないFX初心者要確認! FXに必要な最低資金は○円

FXに必要な最低資金を3項目から比較

この記事で考察するFXに必要な最低資金を、以下の3項目から比較・計算してみました。

  • FX必要証拠金
  • リスク管理
  • FX口座最低入金額

それでは項目一つずつ見てみましょう。

FX必要証拠金

ご存知の通り、FXは外国為替証拠金取引の意味で、FX会社に必要証拠金を預託し、その最大25倍分の外貨を運用できる金融取引です。

たとえば、ドル円を1万通貨分運用するとします。現在のレートが1ドル=約110円ですから、1万通貨取引は約110万円分の米ドル運用となります。

レバレッジが25倍なら必要となる証拠金は約44,000円ですから、最低でも44,000円の資金が必要になる計算ですね。後述しますが、リスク管理を考えると証拠金の約3倍の資金をFX口座に入金することになるでしょう。

しかし、この例の前提は1万通貨取引。FX初心者が最初から1万通貨取引をするのはおすすめできませんFX初心者はどんなに多くても1,000通貨取引、ベストは最小単位の1通貨取引からFXを始めるのが最適です。

FX取引は取引数量とリスクが比例します。FX初心者はなるべくリスクを抑える必要がありますので、1~1,000通貨の取引がベスト・チョイスでしょう。

では、仮にドル円を1通貨、100通貨、1,000通貨それぞれで取引した場合の取引証拠金は幾らでしょうか? 上の例と同じく、ドル円レートが1ドル=110円、レバレッジが25倍なら・・・

  • 1通貨:4.4円
  • 100通貨:440円
  • 1,000通貨:4,400円

・・・このような計算になります。

つまり、必要証拠金ベースで考えると、最低限必要になる投資金は約5円です。

もちろんその他に余裕を持って外貨運用するために、FX口座にいくらか資金を余分に入れておく必要があるのですが。その点については後述します。

  • 重要ポイント⇒必要な最低資金は5円

ただし、1通貨単位でFX取引ができるのは日本国内に2社しかありません。

1通貨単位取引取扱業者⇒SBIFXトレードOANDA Japan

管理人は純国内業者のSBIFXトレードでコツコツ稼いでいます↓

FXスワップ運用でSBIFXトレードを利用している理由3つ
記事概要:管理人がFX取引でSBIFXトレードを利用するには理由があります。その詳細を説明した記事、一度ご覧ください。

リスク管理

1~1,000通貨単位取引なら必要になる証拠金額は少額ですみます。しかし、必要証拠金額分だけをFX口座に入金するのでは不十分です。

なぜなら、FX取引はリスク管理をしなければならず、FX口座にある程度余裕ある資金が入っていないとあっという間にロスカットとなる、又は損失を被る危険性があるからです。

ドル円が110円のとき1,000通貨取引をしたとします。上でもふれましたが必要証拠金は約4,400円です。(レバレッジ25倍の場合)

ロスカット基準が「証拠金維持率100%を下回った場合」という規定なら、4,400円を割り込んだ時点で強制ロスカット、つまり保有していた外貨がFX口座によって強制的に決済されてしまいます。(ロスカット基準はFX会社によって異なる)

ですからFX口座に4,400円だけ入れておけば良いのではなく、ロスカットにひっかからないように余裕ある資金を入れておくべきなのです。

余談ですが、証拠金維持率とは、FX口座内金額に対する必要証拠金の割合です。以下のようにもとめられます。

  • (FX口座内金額÷必要証拠金額)×100=証拠金維持率(%)

これをふまえ、ロスカット基準が「証拠金維持率100%を下回った場合」という規定のFX口座を理由するなら、FX口座にどの程度入金しておけば良いのでしょうか?

1,000通貨取引をするなら、為替レートが±1円で損益は±1,000円となります。

  • 1通貨取引:±1円で損益±1円
  • 100通貨取引:±1円で損益±100円
  • 1,000通貨取引:±1円で損益±1,000円

上の例と同じくドル円を1,000通貨取引した場合、必要な証拠金額は4,400円です。仮にFX口座に5,000円入金したなら、レートが約-0.6円で証拠金維持率100%を割り込み、強制ロスカットとなってしまいますね。

一日内でドル円レートが±0.6円なんて日常茶飯事。5,000円入金(証拠金維持率113.63%)では危険です。リスク管理ができている状態とは、まったく言えません。

証拠金維持率を何%にするかの規定はありませんが、管理人の経験則では最低でも300%以上は維持すべきだと思っています。

言い換えると、証拠金維持率は高ければ高いほど安全です。FX初心者なら証拠金維持率が1,000%あっても良いんじゃないかと。

先ほどと同じ例で、ドル円レートが110円のとき取引をしたとします。各単位取引で証拠金維持率が300%になるためには以下の入金額が必要になりますので、参考にしてください。

  • 1通貨=必要証拠金4.4円=証拠金維持率300%=13.2円
  • 100通貨=必要証拠金440円=証拠金維持率300%=1,320円
  • 1,000通貨=必要証拠金4,400円=証拠金維持率300%=13,200円

あくまでも証拠金維持率300%の目安です。大切な原則は、

  • 証拠金維持率は高ければ高いほど安全

ということ。決してお忘れなく。

ちなみに管理人は現在、SBIFXトレードでスワップ運用をしています。今の証拠金状況はというと・・・

SBIFXトレード証拠金状況

SBIFXトレード証拠金維持率(iPhoneアプリ)

・・・600%オーバーですね。これだけの証拠金維持率なら、けっこう安心感があります。というより、レートチェックを時々するだけで後は放って置いてあります。ほったらかしスワップ運用です。参考までに。

  • 重要ポイント⇒最低でも必要証拠金の3倍の金額を口座内に!

FX口座最低入金額

忘れていけないのが、FX各口座が規定する「初回最低入金額」です。

ドルを1,000通貨運用するので証拠金の約3倍の15,000円をFX口座に入れておこうと思っても、FX口座の規定が「初回最低入金額3万円」だとしたら、もちろん最低でも3万円の入金が必須です。

ですから、お好みのFX口座が見つかったら該口座の初回最低入金額を確認しましょう。

ちなみに、この記事でお伝えしたように、FX初心者には1~1,000通貨の取引がおすすめです。最低でも1,000通貨単位で取引できるおすすめFX会社の「初回最低入金額」規定を調べておきましたので、参考にどうぞ。

  • SBIFXトレード:制限なし
  • マネーパートナーズFX:制限なし
  • 外為ジャパン:制限なし
  • 外為オンライン:5,000円
  • ヒロセ通商:1万円
  • JFX:1万円
  • OANDA Japan:10万円

初回入金規定が1万円なら問題ないと思いますが、OANDA Japanの10万円はちょっとハードルが高い印象ですね。OANDAJapanは1通貨単位取引ができる数少ない優良会社なのですが。

初回最低入金額を含めて、1000通貨以下で取引できるおすすめのFX会社ランキングはこちらの記事を参考にしてください↓

FXで負けないために真面目に選んだ、少数単位で取引できるFX口座7つ
記事概要:勝てるFX口座というものはありませんが、負けないために活用すべきFX口座はあります。FX初心者が利用すべきFX口座を厳選して紹介した記事です。ぜひ、一読を。
  • 重要ポイント:初回最低入金額における規定額が低いFX会社がお得

資金が少ないFX初心者向け FXに必要な最低資金額まとめ

資金が少ないFX初心者要確認! FXに必要な最低資金まとめ

この記事では、FX必要証拠金、リスク管理、FX口座最低入金額の3項目からFXを始めるのに必要な投資金額を検討してみました。

それぞれの項目での重要ポイントは、

  • FX必要証拠金:5円あれば取引を始められる
  • リスク管理:証拠金の3倍の金額をFX口座に入金すること
  • FX口座最低入金額:規定の低いFX口座がお得

この点が重要でした。

結論ですが、最低限必要になる投資金は取引単位によって違います。しかし、原則は最低でも必要証拠金の3倍の金額が必要です。

つまり、ドル円レートが1ドル=110円のとき、1通貨取引するなら13.2円、100通貨取引なら1,320円、1,000通貨取引には13,200円用意しましょう。

それでは、また。

1通貨~取引できるSBIFXトレードの詳細はこちら↓
限定タイアップキャンペーン中!
口座開設+取引でAmazon券3000円分受取れます!!
SBIFXトレード(FXLP)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket