ヒロセ通商 | さきよみLIONチャートを使い倒す方法

   2016/11/23

デイトレ・スイング・スワップ運用と、どのタイプの裁量取引でも使いやすいヒロセ通商ですが、ヒロセ通所の「さきよみLIONチャート」を使ったことはありますか?

さきよみLIONチャートが使いこなせれば、今後のFXトレードの方向性を容易に判別できるようになります。

今回、さきよみLIONチャートを使い倒す方法をご紹介します。

FX取引ならヒロセ通商へ

ヒロセ通商のさきよみLIONチャートを使い倒す方法

ヒロセ通商の取引ツールを開くと、標準搭載の「チャート」が表示されます↓

これが標準チャートです。(テクニカル指標は上がボリンジャーバンド、下がストキャスティクスに個人設定)

しかし、取引画面のタスクバーから「さきよみLIONチャート」タブをクリックすると、

このような特殊なチャートが表示されるんです。これは「さきよみLIONチャート」の2つの機能のうちの一つ、「シグナルパネル」画面です。

  • シグナルパネル
  • さきよみチャート

「さきよみLIONチャー」2つの機能の使い方をしっかり頭に入れましょう。まずはシグナルパネルからです。

シグナルパネル

「さきよみLIONチャート」のシグナルパネルタブを開くと、

  • シグナルパネル(左側)
  • テクニカルチャート(右側)

この2つが表示されていることにお気づきだと思います。

  • シグナルパネル

基本的に4つのシグナルが表示されています。

買いシグナル買いシグナルのマークです。直近の足で「買い」サインが点灯していることを表しています。

売りシグナル売りシグナルのマークです。直近の足で「売り」サインが点灯していることを表しています。

買い継続シグナル買い継続シグナルのマークです。直近の足が「買いサイン」が点灯してから20本以内であることを意味しています。

売り継続シグナル売り継続シグナルのマークです。直近の足が「売りサイン」が点灯してから20本以内であることを意味しています。

基本的にこの4つのシグナルを参考にして売買することになります。

私が使ってみた経験則から言うと、「買い継続シグナル」と「売り継続シグナル」よりも「買いシグナル」と「売りシグナル」が点灯したときだけに売買すると収益率が高くなります

あくまでも統計結果であり、絶対ではありませんので悪しからず

なぜそのような統計結果になったかというと、きっとシグナル点灯のタイミングが大きく関係していると思われます。

「買いまたは売り継続シグナル」店頭の場合、ローソク足20本(5分足なら100分間)以内という条件付きではあるものの、一定期間為替レートの上昇または下降が続いたわけです。

ですから、相場が反転する確率が次第に高くなります。

逆に、買いまたは売りシグナルが点灯したばかりなら、トレンドはこれから始まる、または当面継続する可能性が大きいことが予想されます。

ですから、「買いまたは売り継続シグナル」ではなく、「買いまたは売りシグナル」を基準にトレードするほうが収益率が高くなると見ています。

  • テクニカルチャート

取引画面の右側に表示されているのがテクニカルチャートです。

テクニカルチャート上に「買い」と「売り」を表す矢印が表示されていますが、これは選択したテクニカル指標にて売買シグナルを計算し、シグナルが発生した足に表示されたものです。

この表示を見れば、シグナルパネルで表示された「買いまたは売りシグナル」の点灯の正確性を確認できます。

もちろん100%当たることはないでしょうけども、「買いまたは売りシグナル」点灯時に売買することで、収益率を高めることができます。(管理人はできました)

ぜひ試してみてください。

表示可能なテクニカル指標

表示できるテクニカル指標は、合計7種類あります。

  1. 移動平均(単純)
  2. 移動平均(指数)
  3. ボリンジャーバンド
  4. 一目均衡表
  5. MACD
  6. ストキャスティクス
  7. RSI

以上の7種類です。

このテクニカル指標の中でどれを使ったら良いか悩むところかもしれませんが、おすすめはこれです。

  • 複数の指標を組み合わせること

どれを組み合わせるかはトレーダーによって違います。けっこう相性というのもあって、どれがおすすめ! というのはありません。

しかし、ポイントは最低2つ以上をセットで使用する方法です。

2つの指標で「買い」または「売り」シグナルが点灯したときに売買することで、トレード成功率を高める効果が期待できます

くどいですが、もう一度。

  • 複数の指標を組み合わせること

これがポイントです。

さきよみチャート

シグナルパネルの他にもう一つ、さきよみチャートを使い倒す方法を頭に入れておきましょう。

さきよみチャートタブをクリックすると、以下のような画面が表示されます。

これは以下の構造となっています。

さきよみチャートは、過去の為替チャートから酷似しているチャートを見つけ出し、一番似ているチャート(3つ)を参考に今後の為替レートを予測します

テクニカルランキングは、前出のシグナルパネルで使用できる7つのテクニカル指標に基づいて、通貨ペアと時間足別の売買傾向を算出し、ランキング表示したものです。

簡単に言うと、

  • さきよみチャートで今後のレートの動きを予測
  • テクニカルランキングで今後の売買を予測

これで為替レートを “さきよみ” して収益を上げていこうという魂胆です。

実際に当たるかどうかの統計はまだ出ていませんが、だいたいの概要を判明次第ご報告できればと思います。

一つ言えるのは、100%当たることは絶対ないですが、「相場は繰り返す」という格言があります。さきよみチャートが大いに参考になるのは間違いありません。

ヒロセ通商-さきよみLIONチャートを使い倒す方法

さいごに

今回はヒロセ通商のさきよみLIONチャートについて紹介しました。今後、トレードを継続して気づく点が出てくると思います。

第2弾でさらに詳しく使い倒す方法をお伝えできればと思います。

それでは、また。

さきよみLIONチャートは
ヒロセ通商口座開設者が利用できます↓↓
FX取引ならヒロセ通商へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket