ヒロセ通商 | 株主優待+FX取引で総利回り22%超を実現する方法

   2016/10/07

FX専業会社として2016年3月に上場を果たした「ヒロセ通商(7185)」ですが、ヒロセ通商株を保有し、かつヒロセ通商FX口座で簡単なFX取引をするだけで、総利回り22%オーバーを狙うことができます

今回、ヒロセ通商の株主優待+FX取引で、総利回り22%超を実現する方法を詳しくお伝えします。

FX取引ならヒロセ通商へ

ヒロセ通商の株主優待+FX取引で総利回り22%超を実現する方法

ヒロセ通商で総利回り22%オーバーを狙うためには、ヒロセ通商株を保有することと、簡単なFX取引をする合わせ技が必要になります。

  • ヒロセ通商の配当と株主優待で利回り約10.0%
  • ヒロセ通商のFX取引で年利回り12%オーバー

以上2点を詳しく見ていきます。

ヒロセ通商の配当と株主優待で利回り約10.0%

  • ヒロセ通商
  • ジャスダック上場(証券コード 7185)
  • 代表者名:細合 俊一
  • 住所:〒550-0013 大阪市西区新町1丁目3番19号MGビル
  • 電話番号:06-6534-0708
  • 資本金:790,668千円
  • 設立年月日:2004年
  • 金融商品取引業の登録番号:第一種金融商品取引業 近畿財務局長(金商)第41号

まず、ヒロセ通商(7185)の配当と株主優待内容を見てみましょう。

  • ヒロセ通商株式会社(7185)
  • 株価:1,100円
  • 権利確定月:9月
  • 単元株数:100株
  • 配当金:16円(年間)
  • 優待:保有株式数に応じたキャンペーン商品
    ・100株~1,000株未満:ヒロセ通商キャンペーン商品1万円相当
    ・1,000株以上:ヒロセ通商キャンペーン商品3万円相当

(2016年10月5日のデータ)

ヒロセ通商の配当や優待利回りは以上の通りです。注目したいのは優待の「キャンペーン商品」。

FX口座を保有している人はご存知かもしれませんが、ヒロセ通商は毎月、取引数に応じたグルメキャンペーンを実施しています。

そのキャンペーン商品が株主優待で貰えてしまうというわけです。毎月のキャンペーン商品は内容が違いますし、人気商品は再登場することがあります。

それらグルメ商品を1万円相当(100株保有の場合)貰えるのはうれしいですね。

問題は配当と優待の利回りです。計算してみましょう。

  • 配当利回り:(1,600円÷11万円)×100=1.45
  • 優待利回り:(1万円÷11万円)×100=9.09
  • 総利回り(配当利回り+優待利回り):約10.5%

(2016年10月5日のデータに基づく)

総利回りはなんと10.5%に。高利回りの目安は4%ですから、10.5%という数字が相当なハイレベルであることがお分かりいただけると思います。

(ヒロセ通商株を買うためには株式口座の開設が必須です。おすすめは、楽天証券、 SBI証券、 マネックス証券の3口座です)

ヒロセ通商株を保有するだけでも十分に満足できる内容ですが、ついでに簡単なFX取引を行うと総利回り22%を狙えるんです。

ヒロセ通商のFX取引で年利回り12%オーバー

ヒロセ通商で1万通貨分のFX取引を1回行い、放っておくだけでほぼ毎日スワップポイントが付与されます。

スワップポイントとは銀行預金の利息みたいなもので、高金利通貨を買うことで付与されるポイントです。通貨によってポイント数は異なりますが、より高金利な通貨を狙うなら、その分運用利回りが高くなるメリットがあります。

特に高金利通貨としておすすめなのは、トルコリラ/円通貨ペア(TRY/JPY)です。

  • トルコリラ/円レート:約33.5円
  • 1万通貨ごとのスワップポイント:115円/日
  • 1万通貨取引に必要な証拠金:33万5千円(レバレッジ1倍の低リスク取引の場合)

(2016年10月初旬のデータ)

以上の条件でトルコリラを保有するなら、毎日115円獲得できますので、年間(365日)で4万1975円獲得見込みとなります。

獲得 “見込み” の理由は、スワップポイントは変動するからです。

ここ数か月ヒロセ通商はトルコリラ/円のスワップポイントを115円で固定していますが、トルコの政策金利変動といった要因でスワップポイントも変動する可能性があるということ、覚えておいてください。

いずれにしろ、現時点で毎日115円獲得できるのは間違いありませんから、このデータに基づき利回りを計算すると、

  • (年間スワップポイント4万1,975円÷運用資金33万5千円)×100=12.5%

総利回りは12.5%の見込みです。

この利回りはレバレッジをかけずに低リスクでの運用をした場合の利回りです。もし、レバレッジを少しかけて取引できるなら、もう少し利回りが高くなります。たとえばレバレッジ2倍で取引するなら、

  • (年間スワップポイント4万1,975円÷運用資金16万7,500円)×100=25%

総利回りは倍の25%となります。

もちろんレバレッジをかければ取引リスクが高くなるので、かけずに取引しても良いかもしれません。1倍でも相当利回りが高いですから。

また、トルコリラにこだわらず先進国通貨、たとえば豪ドル/円通貨を1万通貨保有すると約50円/日のスワップポイントを、つまり年間で1万8250円獲得できます。

上の例と同じくレバレッジ1倍の取引とした場合、利回りは…

  • (1万8,250円÷78万円)×100=2.34%

…以上の計算になります。トルコリラを保有したケースに比べると利回りはガクンッと落ちますが、銀行定期預金よりも数十倍の高利回りです。

また、新興国通貨であるトルコリラよりも豪ドルのほうが相対的にリスクを抑えた資産運用となります。高利回りに固執せずにとにかく安全な外貨取引がしたいという方は、豪ドルの保有をおすすめします。

ヒロセ通商で口座開設をして外貨を買ってみる⇒ヒロセ通商公式サイト

いや、自分はヒロセ通商株だけでいいかなぁ、というならそれはそれで良いと思います。さらなる高利回りを狙いたいならばヒロセ通商でFX運用を同時に行えますし、ヒロセ通商株だけを保有して利回り10%を狙うのも一つの手です。

お好みでどうぞ。

ヒロセ通商で総利回り22%オーバーを狙う!

ヒロセ通商で総利回り22%超を実現するために必要なこと

ヒロセ通商株を保有すると、配当利回りと株主優待利回りを足した総利回り約10%。同時にヒロセ通商で簡単なFX取引を行うと、利回りは12%オーバーに。

2つの金融取引を足した総利回りは22%超となります。株価や通貨の変動によって利回りも変動しますが、相当な高利回りを狙えるでしょう。

一つ注意したいのは、株価や通貨は変動するという点です。

株や通貨を買ったときよりも価格が下がってしまえば含み損となりますし、それを売却すれば損失確定となるわけです。

逆を言えば、余裕ある運用を行い、株価や通貨レートが下がっても売らずにずっと保有していれば、損失にはなりません

株は保有している限りずっと配当と株主優待を受取れますし、外貨も保有中はずっとスワップポイントが付与されます。

ですから、株価や通貨のちょっとした変動で動揺せずに、腰を据えて取引するのがベターかと。そうすればコツコツと、しっかり稼げます

ヒロセ通商の株主優待+FX取引で総利回り22%超を実現する方法 まとめ

最後におさらいです。

  • ヒロセ通商(7185)の株を保有すると年間総利回りは約10%
  • ヒロセ通商でトルコリラを1万通貨保有すると年利回りは12%オーバー

“2つのヒロセ通商” 合わせ技で総利回り22%超を実現できます。さっそくヒロセ通商で資産運用を始めませんか?

それでは、また。

ヒロセ通商FX口座はこちらから開設できます↓↓
FX取引ならヒロセ通商へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket