ヒロセ通商を実際に使ってみて分かったメリットとデメリットとは

   2016/09/12

月間取引高は常に上位に顔を出しているヒロセ通商。つまり、それだけ多くのFXトレーダーに好まれている裏付けがあるわけですが、実際に使ってみないと何がメリットで何がデメリットなのかわからないこともありますよね。

長年ヒロセ通商を利用し、最近ではトルコリラ運用のメインでヒロセ通商を利用する管理人。

実際に使ってみて分かったメリットとデメリットを客観的にお伝えしますので、今後のFX口座選別の参考にしてください。

FX取引ならヒロセ通商へ

ヒロセ通商のメリット3つ

まずはメリットから。管理人が特にこれだ! と思えたヒロセ通商のメリットを3つ、厳選してお伝えしたいと思います。

スプレッドが狭く約定力も強い

ヒロセ通商の強みは、スプレッドが狭い上に約定力もかなり強い点です。

スプレッドは、通貨ペアごとにFX各社のそれを比較すれば一目瞭然ですから、以下簡単に比較してみましょう。

  • 比較通貨ペア:米ドル/円
  • SBIFXトレード:0.27銭
  • ヒロセ通商0.3銭
  • YJFX!:0.3銭
  • DMMFX:0.3銭
  • GMOクリック証券:0.3銭
  • マネーパートナーズ:0.3銭
  • インヴァスト証券:0.3銭
  • JFX:0.3銭
  • 外為ジャパンFX:0.3銭
  • トレイダーズ証券(みんなのFX):0.3銭
  • 楽天FX:0.3銭
  • 外為どっとコム:0.3銭
  • FXトレードフィナンシャル:0.3銭
  • FXトレーディングシステムズ:0.3銭

(2016年9月現在の情報)

ドル円スプレッドはどんぐりの背比べ状態ですが、最狭水準は0.3銭以下。そこにヒロセ通商も名を連ねています。

次は、ユーロ/円スプレッドを確認。

  • 比較通貨ペア:ユーロ/円
  • ヒロセ通商0.5銭
  • インヴァスト証券:0.5銭
  • JFX:0.5銭
  • FXトレーディングシステムズ:0.5銭

(2016年9月の情報)

ユーロ円スプレッドで0.5銭を提示しているのは、たった4会社のみ。その一角となっているヒロセ通商は、かなり高く評価できるのではないでしょうか。

最後に、デイトレーダーに人気が高いユーロ/円通貨ペアも比較してみます。

  • 比較通貨ペア:ユーロ/米ドル
  • セントラル短資FX:0.29pips
  • インヴァスト証券:0.3pips
  • トレーディングシステムズ:0.3pips
  • デューカスコピージャパン:0.3pips
  • ヒロセ通商0.4pips
  • 楽天FX:0.4pips
  • JFX:0.4pips
  • SBIFXトレード:0.48pips

(2016年9月の情報)

ユーロ米ドルに関してはNo.1ではありませんが、今のところ第3番目。しかし、上のドル円やユーロ円スプレッドを含めて考えると、間違いなく業界最狭水準のスプレッドと断定できます。

また、約定力に関してですが、これは利用した人だけがわかるので、実際に使ってみて約定力を肌で感じてみることをおすすめします。

スリッページがないFX業者はいません。その中で、ヒロセ通商は非常に優秀なシステムとサーバーだと、少なくとも管理人は感じています。じゃなければ、絶対に使いません。

ヒロセ通商で口座開設して約定力を試してみる⇒ヒロセ通商

1,000通貨取引ができる

FX取引は為替相場が舞台となっているのは言うまでもありませんが、時に為替レートが激しく変動することがあります。

ですから、FX初心者だけでなく中上級者でもポジション数量を少なくしてトレードせざるを得ないときがあるのですが、最低取引単位が1万通貨では1万通貨以上で取引するしかありません

しかし、ヒロセ通商はその面で非常に有利です。というのも、取引単位が1,000通貨単位だからです。

為替相場や取引時間帯など状況に応じて取引数量を調整できるヒロセ通商、メリットが大きいと感じています。

実際、管理人は相場状況を鑑みて2,000通貨や5,000通貨取引といった、1,000通貨単位取引を行います。それは、デイトレードやスイングトレード、ポジショントレードに関係なく必要です。

長年FX取引をしていても1,000通貨単位取引は必須、と感じるのは私だけではないはずです。

ヒロセ通商を実際に使ってみて分かったメリットとデメリットとは

上場企業という信頼性

FX会社専業として上場しているFX会社は非常に少ないのですが、そのうちの一つがヒロセ通商です。2016年3月に見事ジャスダック上場を果たしました。(証券コード:7185)

ジャスダックに上場する場合、上場審査基準要件を満たしていなければなりません。たとえば、

  • 上場時に株主数が200人以上の見込みがあること
  • 上場時に流通株式時価総額が5億円以上の見込みがあること
  • 上場時に総資産が2億円以上の見込みがあること
  • 最近1年間の利益額が1億円以上あるいは時価総額が50億円以上

などなど。ジャスダックは新興企業が集まるとはいえ、これだけの要件が求められわけです。

これら要件をしっかり満たし上場を果たしたヒロセ通商。やはり金融取引会社として信頼性や実力があると断定できます。

  • ヒロセ通商
  • ジャスダック上場(証券コード 7185)
  • 代表者名:細合 俊一
  • 住所:〒550-0013 大阪市西区新町1丁目3番19号MGビル
  • 電話番号:06-6534-0708
  • 資本金:790,668千円
  • 設立年月日:2004年
  • 金融商品取引業の登録番号:第一種金融商品取引業 近畿財務局長(金商)第41号

私たち投資家の投資金は信託保全されるとはいえ、利用FX会社に万が一のことがあったと考えると・・・やはり信頼性の高いFX会社でトレードしたいと思います。

公式サイトで会社概要を確認する⇒ヒロセ通商

ヒロセ通商のデメリットと解決方法

ヒロセ通商でFX取引をしていて、「これって意外なデメリット」と感じた点がありました。その点も率直にお伝えします。

一部のキャンペーン取引条件が少しハードルが高い

ヒロセ通商と言えば、毎月実施されるキャンペーンの種類が豊富なことで有名ですよね。

取引する通貨ペアと取引条件をクリアすると、キャッシュバックが受け取れたりグルメ商品をプレゼントとしてもらえます。

ただし、一部のキャンペーン取引条件のハードルが少し高いのがデメリットと感じることがあります。

例えば、このキャンペーン↓

画像元:ヒロセ通商

画像元:ヒロセ通商

ポンド円取引で3,000円~キャッシュバックを受取れるのはうれしいですが、最低でも100万通貨取引をしなければなりません

FXに慣れたFX中・上級者にとってはなんてことありませんが、初心者にとってはハードルが高いですよね。変動率の激しい英ポンド円通貨を100万通貨分取引するのは、FX初心者にはおすすめできません。

↑これはあくまでも一部のキャンペーンを紹介しただけで、さらに取引条件の優しいキャンペーンはたくさんあります。

要は、一部のキャンペーンはFX初心者向けではない、というのがちょっとしたデメリットかなと。ま、そのキャンペーンに参加しなければ良いだけの話なのですが。

ただし、ヒロセ通商会員になると、この問題は解決できます。

DMキャンペーンの活用で解決!

過去記事でも紹介したことがあるのですが、ヒロセ通商で口座開設している人には1年に2,3回、DMが届きます。内容としては、DMを受取った人専用の取引キャンペーンが紹介されているんです。

簡単にいうと、かんたーんな取引で一般のキャンペーンよりも30倍のキャッシュバックを受取れるというものです。

そんなはずはないという方、こちらの記事で証明済みです。チェックしてみてください↓

ヒロセ通商 | DM限定取引キャンペーンが30倍お得な理由とは
記事概要:ヒロセ通商会員限定の隠れ取引キャンペーンが実はあるんです。30倍お得なキャッシュバックキャンペーンとは? 必見です。

ヒロセ通商で口座開設した人だけにDMが届きますから。口座開設しておいて損はないと思います。

ヒロセ通商の公式サイトを見てみる⇒ヒロセ通商

ヒロセ通商を実際に使ってみて分かったメリットとデメリット まとめ

ヒロセ通商の主な3つのメリットは、

  • スプレッドが狭く約定力も強い
  • 1,000通貨取引ができる
  • 上場企業という信頼性

この3つでした。

もちろん、一部のキャンペーン取引条件が少しハードルが高いというデメリットもあります。しかし、DMキャンペーンの活用で難なく解決できます。

デイトレ、スイング、スワップ運用、どの取引手法でも活用できるヒロセ通商。イチオシです。

それでは、また。

口座開設はこちらから↓↓
FX取引ならヒロセ通商へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket