FX取引を始める前にデモ取引をすべきか? デモ口座について徹底解説

   2016/09/02

FX各社のホームページを見てみると、「デモ口座」という文字が目に入ります。デモ口座とは何でしょうか? FXを始めるときに大切なステップとなるFXデモ口座とデモ取引。ここで徹底解説します。

FXデモ口座で取引練習

FXデモ口座とデモ取引とは

FXデモ口座とは、仮想マネーが入金されたFX口座のこと、言うなれば仮想口座のことです。デモ口座で取引することをデモ取引、またはデモトレードと言います。

デモ口座は、FX取引を体験できるFX口座です。仮想マネーでの取引ですので、どんなに取引をしても損益±0。とりわけFX初心者には嬉しいサービスと言えます。

FXデモ口座の利用目的は、主に2つあります。

  1. FXを体験する
  2. FX口座の使い勝手を知る

この2つの目的のためにFX各社はデモ口座を取扱っています。

FX取引を始める前にデモ取引をすべきか?

FX取引を始める前にデモ口座は利用すべきでしょうか?

利用すべきです。

先に挙げたように、デモ口座の一つの目的は「FXの体験」です。自動車免許でいう仮免許みたいなもので、FX取引とはどんな金融取引なのか、どれほどリスクがあり、どのくらいのリターンを期待できるのかなどなど体験できるのがデモ取引です。

ですから、FX取引を始める前にデモ口座の利用は必須です。しかし、FXデモ口座に関して幾つか知っておくべき点があります。

FX各社のデモ口座サービス状況とその他注意点

実は、FX会社すべてがデモ口座を取扱っているわけではありません。FX各社のサービス状況を以下の表で確認してみます。

デモ口座取扱FX業者

ご覧の通り、デモ口座を取扱っていない業者がけっこうあるんです。これをふまえ、FX取引を始める幾つかのパターンを見てみましょう。

デモ取引を始める方法

FX取引を体験する目的でデモ口座を利用したいなら、表の中の「デモ口座あり」の業者でデモ口座を開設してみましょう。利用有効期限はありますが、口座開設はすべて無料です。

取引体験ですのでどの口座でも良いと思いますが、一つだけ注意点です。将来的にトラリピをやってみたいと思っているなら、マネースクウェア・ジャパンのデモ口座開設は必須です。

トラリピと一般のFX取引では取引方法が異なり、取引のための思考も違います。つまり、利益を得るための取引方法や考え方が全然違うんです。

私は軽い気持ちでトラリピをやってみたのですが、全然うまくいかず、ちょっと損をしました…(泣) トラリピの取引体験は必須です。

デモ取引で取引の方法と利益の出し方がだいたい分かってから本口座を開設しても、遅くはありません。

本口座開設はこちら↓↓
株式会社マネースクウェア・ジャパン

FX口座の使い勝手を知りたいが、デモ口座サービスがない場合

上の表にあったように、幾つかの業者はデモ口座を取扱っていません。FX口座の使い勝手を知りたくても、デモ口座がないと調べられませんね。

上の表で言えば、SBI FXトレード、マネーパートナーズ、外為ジャパン、楽天FX、みんなのFXはデモ口座サービスありません。

では、それら5社の取引ツールを使ってみて、使いやすさや注文機能などの使い勝手を調べたいという場合、どうすれば良いでしょうか。

本口座を開設してしまうのがベストです。

本口座の開設手数料はかかりません。また、デモ口座のない5社の最小取引は1000通貨以下です。最小取引単位で取引してみて使い勝手を調べれば問題ないと思います。

ただ、リスクを考えると、1通貨から取引できるSBIFXトレードがおすすめですが。

デモ取引をほどほどにすべき理由

上5社のようにFXデモ口座をサービスしていないFX会社があります。その主な理由は、「どうぞお試し資金でFX取引を実体験してみてください」ということ。

デモ口座はどんなに取引をしても損失が0円のため、極端に言えばテキトーに取引してしまう、あるいはゲーム感覚で取引できてしまいます。同じようにリアルマネーでの取引をすれば、必ず痛い目に遭うでしょう。

それを防ぐために、初めから少額でFX取引をしてしまいましょう、というのが主旨なんです。

ホントはお金を使ってほしい、というのが本音なのかと思っていましたが、そうでもないみたいです。実際に取引してみると分かりますが、デモ口座とリアル口座では心理状態が全く違います。

自分のお金で取引をすると「負けられない、損をしたくない」という意識が働き、デモ口座でできていたこともできなくなってしまいます。

しかし、少額でのリアル取引ならある程度の緊張はありますが、損をしてもほんの数円、数十円という意識があり、比較的自由自在な実体験が可能です。

参考記事:世界同時株安で円急騰だから、ほんのちょっとだけドルを売ってみた

ですから、SBIFXトレードで1通貨取引(ドル円120円のときにドル円を1通貨取引するのに必要な資金は約5円)から始めてみると、FXをすぐに実体験できます。

やはり最初はデモトレードがよいというなら、それはそれで良いかと。でも、取引のし過ぎは禁物です。FX取引がどんなものかだいたい分かったら、少額取引でリアル取引を始めてみるのがベストです。

参考記事:FXで負けないために真面目に選んだ、少数単位で取引できるFX口座7つ

ちなみに、FX初心者に初めから10000通貨取引を行なうのはおすすめしていません。しかし、デモトレードでどんなに “危険な取引” か知るのは悪いことではありません。

GMOクリック証券やDMM FXなどでデモ口座を開設してみても良いのかと。開設は超簡単です。GMOクリック証券を例に見てみますが、GMOクリック証券のホームページを見てみますと、以下のようなページがあります。

画像元:https://www.click-sec.com/corp/guide/fx/demo/

画像元:https://www.click-sec.com/corp/guide/fx/demo/

「デモ取引口座の開設」バナーをクリックすると…

画像元:https://fx-demo.click-sec.com/ygmx/servlet/entry?FAGD=1

画像元:https://fx-demo.click-sec.com/ygmx/servlet/entry?FAGD=1

このような入力フォーム画面になります。必要事項を記入して送信します。

そして登録メールアドレスに送られてきたIDとパスワードを使ってデモ口座にログイン。これでデモ取引を始められます。

10000通貨取引をちょっとやってみて、痛めつけられてください(笑)

FXデモ口座 まとめ

  • FXデモ口座とは、仮想マネーが入金されたFX口座のこと
  • どんなに取引をしても損益±0
  • デモ口座の目的はFXを体験すること
  • FX口座の使い勝手を知ることができるのもデモ取引のメリット
  • 1通貨取引によるリアルトレードでFX取引を実体験するのも一つの手

ちなみに私のFX口座開設手順はこうです。

  1. 目ぼしいFX会社のデモ取引をやってみる
  2. 気に入ったら開設
  3. デモ口座がないなら、即開設(何回か取引してみれば直感で使いやすさはわかります)

参考になれば幸いです。

 

FX初心者は1通貨単位でFX取引を始めましょう(参考記事↓)
FXで負けないために真面目に選んだ、少数単位で取引できるFX口座7つ

SBIFXトレードでスワップ運用をしています↓
FXスワップ運用でSBIFXトレードを利用している理由3つ

SBIFXトレード、イチオシです↓
SBIFXトレード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket