2018/07/13

デイトレードするならビットコインではなくFXを選ぶべき2つの理由 | FX初心者

投資もFXトレードもしたことないのにビットコイン投資をしようと思っているんですか?

投資は自由で自己責任ですが、投資初心者ならばビットコインではなくFXから始めるのが得策です。

そのもっともな理由を2つお伝えしますので、最後まで読んでから仮想通貨取引をするか否か決めてください。

スポンサーリンク


デイトレードするならビットコインではなくFXを選ぶべき2つの理由

デイトレードするならビットコインではなくFXを選ぶべき理由は、以下の2つです。

  1. テクニカル分析ができる取引ツールがほとんどない
  2. 手数料が高すぎる

それでは具体的に見ていきます。

テクニカル分析ができる取引ツールがほとんどない

ビットコインを含め仮想通貨をトレードできる取引口座はいくつかあります。わたしもGMOコイン口座はすでに開設済みで、取引のしやすさやテクニカルチャートの機能性をFX口座と比較してみました。

ビットコインにしろ、その他の暗号通貨や外貨にしろ、テクニカル分析ができなければまともな投資はできませんからね。

coincheck

こちらはコインチェック口座のチャート画面です。ローソク足はFXの取引ツールMT4のようで、見た目はカッコいいと思います。

ただし、テクニカル分析は全くできません。サポートラインやレジスタンスラインを引くことすら不可です。

パソコン画面に定規を当ててみるという、まさにアナログ方式のテクニカル分析がやっとです。(そのような分析は一度もしたことはありませんが…)

ファンダメンタル分析がほとんどできない特有の仮想通貨ですから、せめてテクニカル分析ができなければ、怖くてトレードはできません。少なくとも初心者にデイトレはできないでしょう。無謀です。

ちなみにテクニカル分析とは、過去のレートをデータ化しグラフ表示したチャートを分析することです。

FXトレードにおいてFX各社提供のテクニカルチャートは数十種類存在し、任意で選んだチャートを利用し取引するのが一般的です。

私はFX口座を10社以上保有していますが、どのFX口座を利用するにしてもテクニカルチャートは必ず使用します。必須です。

以前トルコリラ/日本円をスイングトレード(中長期運用)したとき、スパンモデルというテクニカルチャートを活用してトルコリラを売買しました。

スパンモデルは一例に過ぎません。テクニカルチャートの基本中の基本でもある移動平均線やボリンジャーバンド、MACD、一目均衡表などなど、欠かせないテクニカルチャートがいくつかあります。

そうした取引のベースとなるテクニカルチャートが皆無なんですね、ビットコイン取引は。買い時なのか売り時なのか、判断材料が何もなく売買するのはただのギャンブルです。

短期売買が目的でビットコインを買おうと思っているなら、通貨変動の大きい英ポンド/円をFX口座でトレードしたほうがまだリスクが低いと思います。

高機能チャート搭載のヒロセ通商でポンド円を買ってみる⇒ヒロセ通商

手数料が高すぎる

ビットコインの売買手数料、高すぎます。あまりにも高いので見間違いかと思って確認しなおしましたが、見間違いではありませんでした。

上述したように、私はcoincheck口座を開設済みですが、coincheckでビットコインを買うと3万円の手数料が徴収されます。

1回の売買で3万円です。ビットコインを200万円で買って203万円で売って、やっと±0円です。コイン価格が高いからとはいえ、手数料高すぎですよね。

初心者が1回の取引で3万円を稼ぐのはかなり難しい話です。トレード経験のない方にはやはりおすすめできません。

手数料3万円払ってビットコインを買うなら、私はFXトレードで十分です。FXの取引手数料はものすごく安いですから。

私のメイン口座の一つ、SBIFXトレードさんのスプレッド表です。

  • Point:スプレッドとは買値と売値の差のことで、この差が実質上FX取引者が負担する取引コストにあたる

例えば、米ドル/円を1万通貨取引した場合、スプレッドは0.27銭ですから、

  • 1万×0.27銭=27円

1回の売買にかかる取引手数料は27円です。10万通貨取引(約1130万円分の米ドル)でも270円ですから、ビットコインの取引手数料とは比較にならないほど安いんです。

仮想通貨取引手数料が改善されるかどうかはわかりませんが、今の段階では取引できません。手数料貧乏になりそうです。

それでも仮想通貨を買いたい人はどうする?

テクニカル分析もできず、おまけに取引手数料が高いビットコイン取引。それでも仮想通貨取引がしたいというなら、止めはしません。投資も投機も自由です。

ただし、デイトレードせずに将来的な価格上昇を見込んでの長期保有型で良いならば、紹介できる仮想通貨があります。それは、

coincheck

画像の中で赤線で囲んである2通貨、

  • Ripple(リップル)
  • NEM(ネム)

この2通貨です。

誤解してほしくないのは、この2通貨が今後上昇する保証はどこにもありません。ただ、現段階での通貨価格が激安なので、投資初心者でも買いやすく、且つ今後の価格上昇期待値が高いのは確かです。

購入するかどうかはご自分の判断でお願いします。投資は自己責任で。

そういえば、先ほど仮想通貨チャートをご覧になっていただきましたが、あれはXRP/JPY(リップル/日本円)の日足チャートです。もう一度見てみましょう。

coincheck

12月12日以降、価格急騰しています。20円台で買えたのが、今では60円近くなっています。注目度がかなり上がっているようです。

仮の話ですが、1リップル20円のときに1万通貨(約20万円分)買っておいたら、レート60円で80万円になりますね。20万円の投資で60万円の利益…。

はい、仮想通貨を買うか否かはあなた次第です。くどいですがもう一度、投資は自己責任で。

仮想通貨を今すぐ買いたい方はこちら⇒GMOコイン

デイトレードするならビットコインではなくFXを選ぶべき2つの理由 まとめ

現段階では、短期売買するならビットコインではなくFXが最善の選択です。

  1. テクニカル分析ができる取引ツールがほとんどない
  2. 手数料が高すぎる

短期売買向けのFX口座⇒SBIFXトレード /  ヒロセ通商

長期保有という条件つきなら、RippleとNEMを買ってみるのも悪くないかもしれません。各種仮想通貨はGMOコインで購入できます⇒GMOコイン

それでは、また。

FX初心者向け口座
外為どっとコムの詳細はこちら↓