2017/02/07

豪ドル | FX収益率UPのためのおすすめ豪ドルトレード方法3つ

ミセス・ワタナベから人気の通貨の一つ豪ドルですが、FXで豪ドルをトレードするとき収益率UPを目指してどんな取引をすれば良いのでしょうか?

管理人は長いこと豪ドルを様々な手法で運用していますが、その中でおすすめの豪ドルトレード方法がありますので、皆さんにご紹介したいと思います。

今後の豪ドル運用の参考にしてください。

豪ドル FX収益率UPのためのおすすめ豪ドルトレード方法3つ

FX収益率UPのためのおすすめ豪ドルトレード方法3つ

管理人がおすすめするFX収益率UPのための豪ドルトレード方法は、以下の3つです。

  1. 裁量取引(デイトレ、スイング、スワップ運用)
  2. トラリピ
  3. 自動売買

どんな取引手法なのか、どんな人におすすめなのか、その点を含めて詳細を見ていきます。

裁量取引(デイトレ、スイング、スワップ運用)

裁量取引とは、「買う・売る・様子見」の3択を自分で判断し取引する手法のことです。

http://money-worker.com/fx-sairyo1/
FXで裁量取引 | 裁量取引とは?メリットとデメリットを理解する
記事概要:数あるFX取引手法の中の「裁量取引」の概要及びメリット・デメリットを紹介した記事です。短期売買がお好みならこちらをどうぞ。

裁量取引には、

  • デイトレード
  • スイングトレード
  • スワップ運用(ポジショントレード)

このような取引スタイルがあるのですが、豪ドル通貨を運用する場合、どの取引手法でも運用可能です。

ただし、ライフスタイルや性格などによって向いているトレードスタイルが違うので、あなたにピッタリのトレード手法を選別することが重要になります。

  • デイトレード⇒ルールを順守でき、且つメンタルの強い方向け
  • スイングトレード⇒トレードにあまり時間を割きたくない方向け
  • スワップ運用⇒腰を据えてコツコツと運用したい方向け

どれか一つのトレード手法を選択しても良いですし、2刀流も可能です。たとえば、デイトレードをしながらスワップ運用でスワップポイントをコツコツ稼ぐ、などなど。

大切なのは、あなたにピッタリのトレード手法で豪ドルを運用することです。

ちなみに豪ドルのスプレッドは、デイトレのメッカUSD/JPYよりも広く設定されていますので、経験者のほうがよりスムーズにトレードできると思います。

デイトレ初心者の方は初めはUSD/JPY通貨ペアでトレードし、取引に慣れてきてからAUD/JPY通貨ペアなど豪ドル関連通貨に乗り換えると良いでしょう。

米ドル/円スプレッドが一番狭い業者で口座開設をする⇒SBIFXトレード・公式サイト

トラリピ

トラリピとは、マネースクウェア・ジャパン(M2J)が提供するリピート系FX商品の愛称です。正式名は「トラップ・リピート・イフダン」と言います。

どんなFX商品なのかは、こちらの基礎記事をごらんください↓

http://money-worker.com/toraripi1/
トラリピとは | 少額でコツコツ稼ぎたい人見逃し厳禁
記事概要:マネースクウェア・ジャパンがサービスするFX商品のトラリピを徹底解説した記事です。トラリピでどうやってコツコツ稼げるのか、その基本をお伝えしています。

トラリピは半自動売買取引とも言われ、最初の設定とトレードの方向性は自分で決めますが、取引スタート後はトラリピ口座が自動で行ってくれます。

私事で恐縮ですが、私は豪ドルと相性が良いみたいで、トラリピで豪ドルを運用し利益を上げることができています。

http://money-worker.com/toraripi18/
トラリピ | コツコツ投資「トラリピ」の運用利回りが驚異の〇〇%だった話
記事概要:マネースクウェア・ジャパンのトラリピでは主にAUD/JPYを運用していましたが、運用利回りは想像以上に高かったです。トラリピ運用利回りの詳細をお伝えしています。

トラリピは裁量取引と全く違う取引手法ですので、好き嫌いが分かれるところかと。興味のある方は当サイトのトラリピ・カテゴリーをのぞいてみてください。

トラリピ・カテゴリーを見てみる⇒トラリピ・カテゴリー

トラリピは一度設定してしまえば、あとは自動取引となりますので、トレードに刺激を求めている方はデイトレードがおすすめです。

トラリピはコツコツ型外貨運用ですので、スワップ運用と同じく腰を据えてじっくり資産運用したい方向けの取引手法となります。

トラリピ公式サイトを見てみる⇒マネースクウェア・ジャパン公式サイト

自動売買

自動売買とは、自動でFX取引する手法のことです。

FX会社の一部ではシステムトレード口座(シストレ口座)を提供しており、トレード・プログラムを選んぶだけで、あとはFX取引を自動で行ってくれます。

放っておいても利益を得ることができる反面、損失が出ても自己負担になります。負けると何となくやるせない気持ちになってしまうのがデメリットですが、シストレ口座でも十二分に収益を上げられることが証明されています。

私はインヴァスト証券の自動売買口座(シストレ24)でほったらかし運用をしています。

2016年11月、シストレ24で豪ドルを運用したのですが、結果は如何に?

http://money-worker.com/sisutore24-5/
シストレ24 |【検証】 2016年11月は+2万3065円で運用利回り11.53%
記事概要:2016年11月のシストレ24運用の検証結果をお伝えした記事です。AUD/JPY通貨ペアに特化したストラテジー「CARLA」を利用した結果は上々でした。

現在も豪ドルに特化したストラテジー(自動売買プログラムのこと)を活用して自動売買中です。

逐一運用報告をしていますので、興味のある方はカテゴリーを時々見てくださいね⇒シストレ24・カテゴリー

自動売買は取引する時間は必要なく、設定やストラテジーの入れ替えのときだけパソコンに向かうことになります。

ですから、裁量取引のスワップ運用、トラリピと同様、FXトレードに時間を割けない忙しい方に向いている取引方法と言えます。

サラリーマンやその他メインの仕事をお持ちの方、副業としてFX自動売買にトライしてみるのはいかがでしょうか。

公式サイトでシストレ24の詳細を確認する⇒インヴァスト証券

おすすめ豪ドルトレード方法3つ まとめ

おすすめ豪ドルトレード手法でFX取引!

今回紹介したおすすめ豪ドルトレード方法は、以下の3つでした。

  1. 裁量取引(デイトレ、スイング、スワップ運用)
  2. トラリピ
  3. 自動売買

豪ドルを運用すると言っても運用方法は様々です。あなたにピッタリのトレード手法が見つかることを願っています。

それでは、また。

シストレ24の口座開設はこちらから↓
通常よりも+3000円の限定タイアップ中!
インヴァスト証券