2017/05/26

豪ドル | FXで豪ドルをデイトレードする方法

FX取引を始めるほとんどの人が採用するトレード法がなんだか聞いたことがありますか?

デイトレード、通称デイトレです。

豪ドル通貨を取引するときもデイトレで収益を狙うことは可能です。ここではFXで豪ドルをデイトレードする方法をお伝えします。

スポンサーリンク


豪ドル-FXで豪ドルをデイトレードする方法

FXで豪ドルをデイトレードする方法

裁量取引の一種であるデイトレですが、デイトレの基本をおさらいしたい方はこちらの記事を参考にしてください↓

http://money-worker.com/fx-daytrade1/
FXのデイトレードとは | 短時間高収入型トレードでがっつり儲ける
記事概要:FXのデイトレードを解説した基礎記事です。どうしたら短時間高収入を狙えるかお伝えしています。

では、豪ドル/円でデイトレをする場合、どのようにトレードしたら良いのでしょうか? とりわけ以下の2点を明記していただければと思います。

  1. 相性の良いテクニカル指標を探す
  2. スプレッドが狭いFX口座を選ぶ

この2点をしっかりおさえておけば、基本的な準備ができていると考えられます。では、以下詳しく見ていきましょう。

相性の良いテクニカル指標を探す

極論を言いますと、デイトレードは「トレード」であって「投資」ではありません

投資は将来の成長を見越して資金を投じる行為を言いますが、FXのデイトレは厳密に言うと投資ではなくトレードになります

ですから、トレードに必要な準備をすることが絶対条件なのです。

トレードに必要なこととはなんでしょうか?

ずばり、テクニカル指標です。

テクニカルチャートを使えるようになれば、デイトレを含んだ裁量取引の基本である「買う・売る・様子見」の3択がしっかり行えるようになります。

問題はどのテクニカル指標を使うか、という点です。というのも、テクニカル指標は数十とありますから、特にFX初心者はどの指標を使ったらよいのか迷ってしまうのが実情でしょう。

しかし、初心者・上級者に関係なく、使うべき指標ってそんなに多くないんですよね。

専業トレーダーは見たこともないようなテクニカル指標を使っているとイメージするかもしれませんが、実は初心者が使用する指標とほとんど変わりません。

管理人もこれまでデイトレにおいて幾つか指標を使ってみましたが、勝てるルールを見つけてからはずっと同じ指標を利用しています。

つまるところ、基本的なテクニカル指標をいくつか使ってみて、自分と相性の良い指標または使いやすい指標を見つけたら、あとはそれを使い続ければ良いのです。

FX初心者が絶対に覚えるべきテクニカル指標と言えば、

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • RSI
  • MACD

この5つがオーソドックスなテクニカル指標になります。

この他に、サポートライン・レジスタンスラインの書き方を覚えれば怖いものはないと思います。

ちなみに管理人は、

  • 移動平均線(3本の線を5日、21日、89日に設定)
  • ボリンジャーバンド
  • RSI

この3つの指標と、サポートライン・レジスタンスライン、あとスパンモデルを時々使っています。

常時表示しているのは移動平均線とボリンジャーバンドの2つだけです。これで利益を出せています。

もちろんこれが唯一の正解というわけではありません。というか、どのテクニカル指標を利用するかに正解も間違いもないのです。

大切なのは、自分と相性の良いテクニカル指標を使うこと、です。

トータルで勝てれば、利用するテクニカル指標はなんでも良いのです。

相性の良い指標、勝てる指標、最初は時間がかかるかもしれませんが、ぜひ、試してみてください。

ピーンとくる指標はけっこうすぐに見つかるものです。

AUD/JPY5分足・移動平均線チャート(by SBIFXトレード

スプレッドが狭いFX口座を選ぶ

デイトレを行う上で重要なもう一つの点は、FX口座の豪ドル円スプレッドが狭いことです。

スプレッドとは、買値と売値の差のことで、FXトレーダーにかかる実質上の取引手数料になりますから、スプレッドは狭いほど有利です。

ご存知の通りデイトレは取引回数が非常に多くなりますので、取引コストを抑えるためにスプレッドの狭いFX口座を選別することが非常に重要になります。

たとえば、AUD/JPYスプレッドが0.8銭だとします。1000通貨取引の場合、1回の取引にかかる手数料は、

  • 1000通貨×0.8銭=8円

8円の計算になり、1日に100回取引したとすると1日の取引手数料は800円、10日で8000円、20日で1万6千円となります。

このスプレッドがもっと狭いなら取引手数料はさらに安くなるというわけです。

豪ドル/円でデイトレをするなら、豪ドル円スプレッドがなるべく狭いFX口座で取引することをおすすめします。

スプレッドの狭いFX口座を使って取引コストを抑えよう

豪ドル/円スプレッドが狭いデイトレ向けFX口座

FX口座を10口座以上開設している管理人ですが、その中でも豪ドル円スプレッドが狭く、かつ使いやすいと思えたFX口座を3つご紹介します。(3口座すべてスプレッド最狭水準で0.7銭

SBIFXトレード

  • SBIFXトレード
  • 豪ドル/円スプレッド:0.7銭
  • 取引単位:1通貨単位~
  • 注目ポイント:国内純業者で唯一1通貨単位でトレードができるSBIFXトレード。スプレッドは間違いなく業界最狭水準です。初心者から中上級者まで、あらゆる層の人から好まれるSBIFXトレード、利用しない手はありません。イチオシです。
    SBIFXトレード(FXLP)

みんなのFX

  • トレイダーズ証券(みんなのFX)
  • 豪ドル/円スプレッド:0.7銭
  • 取引単位:1,000通貨単位
  • 注目ポイント:1,000通貨単位取引ができるFX口座で、ほぼ毎月グルメキャンペーンが開催されています。スプレッドが狭いだけでなく約定力にも一定の評価がありまして、管理人も短期売買のときは好んで利用しています。
    トレイダーズ証券[みんなのFX]

外為ジャパン

  • DMM FX
  • 豪ドル/円スプレッド:0.7銭
  • 取引単位:1000通貨単位
  • 注目ポイント:親会社がDMM.com証券の外為ジャパン。取引ツールは使いやすく見やすいと評判で、取引単位は1000通貨~と初心者向け。豪ドルで勝負したい人におすすめのFX口座です。
    外為ジャパン

FX口座開設時に絶対に気を付けたいことがあります。詳細はこちらの記事を参考にしてください↓

以上、豪ドル/円でデイトレをする方法になります。

そんなに複雑なことはありません。自分に合っているテクニカル指標とFX口座を選んだら、さっそくトレードを始めてみましょう。

それでは、また。