2017/05/15

10万円をFXトレードでどこまで増やせるかやってみた【続編】 | DMMFX

FXで資産を増やすことができますか?

FX初心者の方から時々こんなことを尋ねられます。ですので、最近こんな企画を始めました。

これまで管理人はFXの様々な取引手法で資産を増やしてきましたが、10万円の資金を元手としてあらためてFXトレードを行ない、“どこまで増やせるか” やってみます。

今回は思いっきり失敗して資金減になる可能性も…。

それはそれでFX取引のうちですから、そうなったら笑ってください。とりあえずやれるところまでやってみますね。

スポンサーリンク


10万円をFXトレードでどこまで増やせるかやってみた【続編】

前回の記事でも紹介しましたが、すでにDMM FXでデイトレードを行い10万円だった資金が増えています。

たった470円ですが…。

それでも増えていることに変わりはありません。これからコツコツと増やしていきたいと思います。

DMMFXのアプリでFXトレード

10万470円の資金がこれからどのように増えていくのでしょうか?(それとも激減!?)

前回と同様、DMMFXのiPhoneアプリでデイトレードを続行です。

デイトレードでとりわけ気を付けたのは、利大損小

もちろんテクニカル分析をふまえトレードを行い、自分で設定した取引ルールを順守しトレードするのが基本です。

そのトレードにおいてコツとなるのが利大損小、つまりなるべく大きな利益を狙い、損失は小さくするよう心がけます

 

これはまずい! と思ったらすぐに損切り。というわけで、画像にあるように-110円の損失を確定させ、そのあと仕切りなおし。

しっかり870円の利益を獲得しています。

 

同じ3月8日の夜のトレードで、430円の損失確定したあと、倍以上の利益960円を獲っています。

このように利大損小でコツコツ稼いでいくのがデイトレードの基本なんですよね。

といっても「言うは易く行うは難し」のシチュエーションは多々あるのですが。

デイトレードでは利小損大になることも

同日夜、アメリカ市場と欧州市場のオープン時間帯が重なる為替変動が激しいとき、一つの山場を迎えました。

-920円-1,140円という大きな損失を2回立て続けに出してしまいました。

損切りが出来なかったというよりは、変動が激しくあっという間に含み損が膨らんでしまったんですよね。

これがデイトレードの怖いところです。

為替変動が激しい時間帯の取引には十分注意しなければならない

この当たり前に言われている基本の大切さをあらためて肌で感じた瞬間でした。

最大獲得利益

画像にあるように、1万通貨取引の割に比較的大きな利益を獲れることはしばしばあります。

日付が変わった3月11日の0時過ぎ、ドル円相場が円安に急上昇。しっかり1,760円の利益を獲得できました。

今回の10万円トレード企画においての最大獲得利益は、この1,760円でした。

資金10万円はいくらになったのか

3月はDMM FXでデイトレードばかりやりました。

それでは気になる結果です。前回の資金残高10万470円からどの程度変動したでしょうか?

 

3月28日現在、資金残高は10万2,120円です。

なんともコメントしがたい微妙な増え方ですが、いいんです。コツコツ増やしていきましょう。実際、前回の残高から1,650円増えているんですから。

これまではデイトレードでしたが、今後は別のFXトレード手法にも挑戦し、コツコツ資金を増やしていくつもりです。乞うご期待。

iPhoneアプリでデイトレードの感想

ちなみにこれまではDMMFXのiPhoneアプリでデイトレードをしたわけですが、その感想をちょっと。

今回実感したメリットは、

  • 片手でFXトレードできるのは便利で気軽
  • ベッドに寝っ転がりながらトレードもOK
  • 外出先でもトレードができる

こんな点がとりわけメリットだと感じました。

逆にこんなデメリットがあるなと思ったのが、

  • PCのテクニカルチャートよりiPhoneアプリのほうが劣る
  • 楽しくていつでもトレードしたくなってしまう

こんなところでしょうか。

iPhone画面と比べるとどうしてもPC画面のほうが大きいですし性能も違いますから、テクニカルチャートに関してはどうしても差が出てしまうのが現状です。

これはどのFX会社のアプリを使っても同じことが言えます。物理的な問題なので、致し方ないですね。

あと意外な盲点が、気軽にできるのではまりやすいというのは、ある意味デメリットかと。あまり熱中しすぎると、やるべきことがおろそかになる傾向がありますね。しっかり自分を制御する必要があるかと思いました。

それだけ気軽に楽しくFXトレードできるということですから、悪いことではないのですが。はまり過ぎには注意です。奥さんの機嫌にも注意です。

それでは、また。

DMMFXでデイトレード、おすすめです↓
DMM FX