2018/10/09

FX初心者が失敗しないための少額からできるおすすめFX口座7つ

FX初心者は1万通貨単位で取引するとたいてい失敗します。初めは少額から、どんなに多くても1000通貨単位から取引を始めることをおすすめしています。

この記事では、なぜ1万通貨単位の取引だと失敗しやすいのか解説します。FX初心者に適した取引量をかんがみて開設するFX口座を決めてください。

スポンサーリンク


FX初心者はなぜ少額から取引すべきか?

FX初心者はなぜ少額から取引すべきなのでしょうか?

なぜなら、取引量と取引リスクは比例し、取引量が多いと損失額も大きくなる傾向にあるからです。

言い換えると、FXはハイリターン・ハイリスクになりがちなのです。ですから、リスクをおさえながらFXをしたいなら少額取引が必要不可欠になります。

分かりやすいように一例を挙げてみましょう。

1万通貨取引と1000通貨取引では為替損益(利益と損失額)がどれほど違うでしょうか?

  • 1万通貨取引⇒為替レート±1円⇒為替損益±1万円
  • 1000通貨取引⇒為替レート±1円⇒為替損益±1000円

同じ通貨を取引しても取引量が違うと、為替損益がこんなにも違ってきます。

短時間でがっつり利益を上げたいという気持ちから1万通貨取引をするとリスクの大きな取引になり、トレードに失敗すれば損失額が大きくなります。

FX初心者はトレードに不慣れですから謙虚な気持ちで少額から取引することを強くおすすめします

わたしもFX初心者の頃は嫌というほど失敗をしました。

FXの短期トレードでは株取引で言う「塩漬け」ができませんが、損失を確定させるのが嫌で損切りをせず、ポジションを塩漬け。結果、損失額がここでは言えないくらいになってしまったことが…。思い出すだけで嫌になります。

FX初心者の皆さん。初めは少額から取引を始めてください。FXはそんなに甘いものではないんです

1000通貨単位取引ができるFX口座はコチラ!

どのFX口座でも少額取引ができるわけではない

少額から取引を始めることを決めたなら、次は少額から取引できるFX口座を開設することが先決です。

というのも、50以上あるFX会社すべてで少額から取引できるわけではないんですよね。一部のFX会社は最小取引単位を1万通貨や5万通貨に設定しているんです。

その他の要素として考えるべきなのは、

  • 取引ツールが使いやすい
  • 注文がしやすい
  • スプレッドが狭い
  • スワップポイントが高い
  • 信頼性の高いFX会社

このような点をかんがみてFX口座を開設すべきです。

わたしはすでに22社のFX口座を開設済みで、それぞれのFX口座で取引をしてみました。

その経験をもとに、FX初心者が失敗しないための少額からできるFX口座をご紹介します。FX口座開設の参考にしてください。

FX初心者が失敗しないための少額からできるおすすめFX口座7つ

今回、FX初心者におすすめできる少額から取引できるFX口座を7つ、ランキング形式で挙げてみます。

もちろん1位から7位の順でおすすめ度が変わるのですが、逆を言えばランクインしているFX口座はすべておすすめです。

お気に入りのFX口座、またはニーズを満たす口座があれば、ランキングに関係なく開設して全く問題ありません。

それでは、おすすめFX口座ランキングを1位から見てみましょう。

1位:SBI FXトレード

  • SBIFXトレード
  • 最小取引単位:1通貨
  • 初回最小入金額:制限なし
  • 注目ポイント:過去何度もオリコン顧客満足度ランキング、手数料・スプレッド満足度ランキング第1位になっている超優秀FX会社です。現時点でドル円スプレッド業界最峡(1万通貨取引以下限定でスプレッド0.27銭)。純国内FX会社で1通貨単位で取引できるのはSBIFXトレードだけです。スワップポイントにも注力しているので、デイトレードだけでなくスワップトレードにも優位なFX口座、イチオシです。

FXスワップ運用でSBI FXトレードを利用している理由3つ

2位:外為どっとコム

  • 外為どっとコム
  • 最小取引単位:1000通貨
  • 初回最小入金額:制限なし
  • 注目ポイント:矢野経済研究所の調査データによると、過去数年以上、毎月の取引高や口座数は業界トップクラスの外為どっとコム。多くのFXトレーダーが利用するのには理由があります。その一つが、豊富で有用な情報力。会員サービスとしてFX関連のニュースや情報を逐一発信しており、情報収集だけのために開設する人もいるとか。自己資本規制比率も常に1000%オーバーで財務の健全性は群を抜いており信頼度抜群です。トルコリラやメキシコペソなどの高金利通貨も扱っており、本気で資産運用したい人にイチオシのFX口座です。

外為どっとコムが口座数や取引高が上位の理由とは? メリットを探ってみた

3位:トレイダーズ証券(みんなのFX)

  • トレイダーズ証券(みんなのFX)
  • 最小取引単位:1000通貨
  • 初回最小入金額: 制限なし
  • 注目ポイント:スプレッドが狭く、取引ツールが使いやすい1000通貨単位取引可能なFX口座。初心者向け取引ツールが特徴ですが、中上級者も満足させる機能性を備えている万能型FX口座です。管理人も使っていて取引しやすいと感じるので、1,000通貨単位以上の裁量取引をするときはわざわざみんなのFXに資金を移動して利用することも。現在、トルコリラ/円、メキシコペソ/円を取扱っており、スワップポイントも業界最高水準です。私はメキシコペソと南アフリカランド運用で利用しています。毎月グルメキャンペーンも実施しており、利用しない理由がありません。

みんなのFX | 裁量取引でみんなのFXを利用すべきもっともな理由5つ

4位:ヒロセ通商

  • ヒロセ通商
  • 最小取引単位:1000通貨
  • 初回最小入金額: 1万円
  • 注目ポイント:1000通貨単位取引OKのFX口座。初心者だけでなく上級者も好んで使うFX口座として有名です。スプレッド、約定力、ツールの機能性など、全体のバランスが絶妙で管理人ももちろん開設済み。2016年3月にはジャスダックに見事上場を果たし、信頼性も抜群です。約50通貨ペアを取扱っていますので、分散投資をするのに適しています。グルメキャンペーンやキャッシュバックキャンペーンを毎月実施中。

ヒロセ通商 | DM限定取引キャンペーンが30倍お得!

5位:JFX

  • JFX株式会社
  • 最小取引単位:1000通貨
  • 初回最小入金額:1万円
  • 注目ポイント: ヒロセ通商の姉妹会社、JFX。JFX株式会社の社長はデイトレーダーとしても有名で、Twitterで逐一FX情報を発信しています。ヒロセ通商と使い勝手の差はほとんどなく、スプレッドやスワップなどの取引スペックもほぼ一緒です。FX会社の一部ではスキャルピング(長短時間のうちに売買を繰り返す取引手法)を禁止としていますが、JFXはスキャルピングOKをうたう希少価値の高いFX口座。短期トレードに関心があるなら開設して損はありません。

6位:マネーパートナーズFX

  • マネーパートナーズ
  • 最小取引単位:100通貨
  • 初回最小入金額:制限なし
  • 注目ポイント:マネーパートナーズFX nano口座では100通貨単位で取引できます。約定力は業界最強ですので、短期トレードに関心がある人は口座開設必須です。「取引ツールは玄人向け」という評判で、総合力の高いFX業者と言えます。トルコリラやメキシコペソといった人気の高金利通貨も取引OK。親会社はマネーパートナーズGPとして上場しており、安心・安定のあるFX専業会社、イチオシです。

7位:セントラル短資FX

  • セントラル短資FX
  • 最小取引単位:1000通貨
  • 初回最小入金額: 制限なし
  • 注目ポイント:日本でFX取引が解禁になったのが1998年。2002年に設立となったセントラル短資FXは、日本のFX会社の中でもいわゆる老舗会社であり、培った信用やノウハウには目を見張るものがあります。日本国内にあるFX会社で過去に1度も処分を受けていない優良FX会社でもあります。人民元やトルコリラもできるFX口座です。

過去に1度も処分を受けていない優良FX会社を探してみた

FX初心者が失敗しないための少額からできるおすすめFX口座7つ まとめ

この記事では、FX初心者向けの少額からできるおすすめFX口座を7つ紹介しました。

他にもおすすめがないわけではありません。たとえば、マネースクウェアも1000通貨単位取引ができます。

でもマネースクウェアの主要取引手法は「トラリピ」なんです。一般の裁量取引(自分で買う・売る・様子見を判断して取引する手法)とは違うFXなので、ここではランキング外としました。

でもマネースクウェアのトラリピに関心のある人は、こちらの記事を参考にしてください↓

トラリピとは | 手数料無料のリピート系FXがしたい人だけ見てください

それでは最後にまとめます。

FX裁量取引をやりたい初心者向けのFX口座は以下の7つでした。

1位:SBIFXトレード
2位:外為どっとコム
3位:みんなのFX(トレイダーズ証券)
4位:ヒロセ通商
5位:JFX株式会社
6位:マネーパートナーズ
7位:セントラル短資FX

FX口座のスプレッドやスワップポイント、キャッシュバックキャンペーンなどは時期によって違います。詳細はオフィシャルサイト↑で確認してください。

それでは、また。