クレジットカードとは何なのか? 持つ意味はあるのか考えてみた

   2016/02/25

クレジットカードはあったら便利かなぁと思うかもしれませんけど、実際のところ、クレジットカードを持つ意味ってあるのでしょうか? クレジットカードの存在意義についてちょっと考えてみました。

クレジットカードとは

クレジットカードを持つ意味は意外にたくさんある

筆者はクレジットカードを何枚か持っていますけど、今のメインカードはリクルートカードプラス(JCB)。

それで、なんでクレジットカードを持っているのか考えてみたら、カードの存在意義って結構深いな、と思いました。

ポイントが貯まるのが最大のメリット

クレジットカードの最大のメリットと言えるのが、利用する度にポイントがたまることです。現金で支払うと何の特典もないのに、カード払いにするとポイントがたまるんですよ。これって生活への影響がかなり大きいと思います。

ポイントは現金と同等の価値があり、オンラインでも実店舗でも買物ができます。ということは、ポイント獲得が結果的に家計に好影響なのです。

還元率とは

利用額に対してポイントがどれほど還元されるかを還元率といいますが、還元率は高いほどお得なのは言うまでもないですね。

一般的なカードの還元率は0.5%~。還元率0.5%だったら「普通のカード」と思ってください。還元率1.0%を越えているカードは「高還元率カード」と言って良いと思います。

ちなみに私のメインカード「リクルートカードプラス」の還元率は、2.0% (^^)/

カード界屈指の超高還元率カードです。

キャッシュレスなら安全

カードを持っているということは、極端に言うと、現金を持っていなくても買物ができるということです。とりわけ高額の商品を買うときに大金を持ち歩かなくてすみます。セキュリティ的にメリットなのではないでしょうか。

クレジットカードは安全

ただし、カードを使えない店舗もありますから、現金を全く持ち歩かないのは現実的ではありませんね。現金が必要なときのクレジットカードは、ただのカード。何の役にも立ちません。

海外旅行保険が付帯になっている

多くのクレジットカードは海外旅行保険が付帯になっています。カードを持っているだけで保険が付帯になる「自動付帯」。条件をクリアすることで付帯となる「利用付帯」。基本的には2種類あります。

いずれにしろ、海外旅行保険が付帯になっているカードなら、旅行時に新規で旅行保険に加入する必要はありません。

norsez

norsez

カードによっては国内旅行時も保険が付帯になります。万が一のときにはかなり役に立ちますよ。実際わたしも海外渡航中にお世話になったことがあります。詳細はまた後ほど。

海外では身分証明書代わり

日本人からするとあまりピンとこないかもしれませんが、海外では身分証明書代わりになります。たとえばレンタカーするときはカードがないとレンタルできません。

クレジットカードは、利用者に対して一定のステータスと信用を与えるものです。だから、特に海外では威力を発揮するんですよね。

海外で威力発揮のクレジットカード

時々海外旅行や海外出張へ行く人には、メリットと言えそうです。

クレジットカードを持つ意味とは まとめ

  • ポイントが貯まるのが最大のメリット
  • キャッシュレスなら安全
  • 海外旅行保険が付帯になっている
  • 海外では身分証明書代わりになる

クレジットカードを持つ意味、意外に深いですね。

 

国内外に強い年会費無料のカードはリクルートカードです。還元率最高水準で、ショッピング保険も付いています。

    • 年会費:無料
    • 還元率:1.2%~
    • 国際ブランド:VISA
    • 海外旅行保険:利用付帯
    • 死亡後遺症傷害:最高2000万円
    • ケガ治療:最高100万円
    • 病気治療:最高100万円
    • 救援費用:最高100万円
    • 賠償責任:最高2000万円
    • 携行品:最高20万円
    • ショッピング保険:100万円

 

海外旅行におすすめのクレジットカードは年会費永久無料のエポスカードです。年会費無料で海外旅行保険が自動付帯です。

  • 年会費:無料
  • 還元率:1.0%~
  • 国際ブランド:VISA
  • 海外旅行保険:自動付帯
  • 死亡後遺症傷害:最高500万円
  • ケガ治療:最高200万円
  • 病気治療:最高270万円
  • 救援費用:最高100万円
  • 賠償責任:最高2000万円
  • 携行品:最高20万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket