痛い目に遭う前にクレジットカードの有効期限を確認すべき理由とは

   2016/02/25

どのクレジットカードにも有効期限があります。カードの表面に、

07/20

のように、有効期限が刻印されています。これは7月20日が有効期限…ではありません(―_―)!!

左から「月」「年」、つまり2020年7月まで有効、という意味です。お間違いのないように。

このカードの有効期限、想像以上に重要です。読者のみなさんも今すぐ、お持ちのカードの有効期限を確認してください、痛い目に遭う前に。

クレジットカードの有効期限

クレジットカードの有効期限を確認すべき理由

クレジットカードの有効期限を確認すべきなのには、ちゃんとした理由があります。

公共料金などの自動引落しがストップしてしまう

公共料金など毎月固定でかかる費用をクレジット払いにしている人は少なくないと思います。そのほうがポイントがたまりますし、どうせ固定で支払う料金なら、振込に行くより引落しのほうが断然楽ちんですからね。

ただし、有効期限が切れると自動引落しがストップしてしまいます。たとえば電気代。支払いがされないと督促状が届き、それでも払わないと最悪電気が止められてしまうことも。部屋だけでなく、“お先真っ暗” です、それでは…。

ですから、固定費の支払方法としているクレジットカードの有効期限を調べましょう。理想的なのは、どの料金をどのクレジットカードで支払っているか、すべてを一覧表にしておくことです。エクセルを利用すれば簡単に一覧表を作成できますから、電気が通っているうちに作っておきましょう(笑)

利用実績がゼロだと更新されない可能性

意外な盲点なのが、普段使用していないクレジットカードの有効期限です。取得したのはいいけども、全然使わないで引き出しの奥で眠っているカードがありませんか?

そのカードを今後も利用しないというのであれば問題はありません。しかし、海外旅行保険のために確保しておきたい、解約したくないというのであれば、有効期限を迎える前に最低1回は、できれば複数回利用するのがベストです。

さもないと、利用実績により更新されずに解約となってしまうかもしれません。

カード更新のコツ

新しいカードが届いてからやるべきこと2つ

有効期限を迎えカードが無事更新されると、新しいカードを届きます。といっても大きな変更はありません。もしかしたらカードデザインがリニューアルされているかもしれませんが、カード番号に変更はないはずです。

では、新しいカードが届いたらすべきことはなんでしょうか。主に2つあります。

新カードで公共料金など固定費支払登録

利用するカードは一緒、カード番号も同じ。ならば公共料金の支払登録に変更は必要ないと思うかもしれませんが、それは誤解です。

  • セキュリティ番号
  • 有効期限

この2点は変更になっています。(セキュリティ番号に関しては、一部のカード会社で例外あり)

ですから、この変更点をふまえ、公共料金などの固定を支払登録をしっかり行いましょう。ちなみに、セキュリティ番号とは、カード裏面のサイン欄の下3桁の数字のことです。

ネットショッピングをする時などに、このセキュリティ番号の入力を求められることがありますよね。

裏面のサインを何語で書くか考える

クレジットカード裏面にサイン

新しいカードのサイン欄に、サインすることも重要です。ただし、何語でサインを書くか、よく考えてからサインしましょう。

というのは、時々いくかもしれない海外旅行や出張先によって、サインする言語を変えたほうがよいからです。

世界の共通語は英語ですから、英語以外の言語(日本人だから必然と日本語になると思いますが)でサインするなら、仮にカードの盗難被害にあっても悪用される可能性が低くなります。

英語圏の人は漢字を見ても全く理解できないので、漢字のサインがされているカードを使って、漢字でサインして高級な買物をしてしまおうという考えには至らないと思われます。私たち日本人がアラビア語を見て、ヘビにしか見えないのと同じ感じです。

もちろん、何らかの方法でパスワードを読み取り悪用されたら、どうしようもないのですが…。

逆に、中国語圏に旅行へいくことが多い人は、英語でサインしておくのがベター。中国圏の人、中国人は、英語の読み書きがお世辞にも上手とは言えません。悪知恵に長けている人であれば、英語でもアラビア語でも問題ないのかもしれませんが。

少なくとも盗難後の悪用の可能性が減少するのは間違いないです。

クレジットカード犯罪

クレジットカードの有効期限 まとめ

クレジットカードの有効期限をチェックすべき理由は、

  • 公共料金などの自動引落しがストップしてしまう
  • 更新したいのに、利用実績がゼロだと更新されない可能性がある

でした。また、新しいカードが届いたら必ずすべきことは2つありました。

  1. 新カードで公共料金など固定費支払登録
  2. 裏面のサインを何語で書くか考える

以上、参考になれば幸いです。

 

国内外に強い年会費無料のカードはリクルートカードです。還元率最高水準で、ショッピング保険も付いています。

    • 年会費:無料
    • 還元率:1.2%~
    • 国際ブランド:VISA
    • 海外旅行保険:利用付帯
    • 死亡後遺症傷害:最高2000万円
    • ケガ治療:最高100万円
    • 病気治療:最高100万円
    • 救援費用:最高100万円
    • 賠償責任:最高2000万円
    • 携行品:最高20万円
    • ショッピング保険:100万円

 

海外旅行におすすめのクレジットカードは年会費永久無料のエポスカードです。年会費無料で海外旅行保険が自動付帯です。

  • 年会費:無料
  • 還元率:1.0%~
  • 国際ブランド:VISA
  • 海外旅行保険:自動付帯
  • 死亡後遺症傷害:最高500万円
  • ケガ治療:最高200万円
  • 病気治療:最高270万円
  • 救援費用:最高100万円
  • 賠償責任:最高2000万円
  • 携行品:最高20万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket