クレジットカードでざくざくポイントをためる裏技

   2016/02/25

クレジットカードは利用分に応じてポイントが還元されるので、できるだけポイントをためたい! と思いますよね。

ためたポイントはネット上のモール以外にも、実店舗で使えるポイントもあり、さらに現金や商品へ交換することもできます。貰えるものは貰っておきたいというのが本音でしょう。

ここでは、クレジットカードでざくざくポイントをためる、ちょっとした裏技をご紹介です。カード利用の達人のほとんどは、この裏技でポイントをざくざくためています。

ポイントをザクザク貯める裏技

クレジットカードでざくざくポイントをためる裏技とは

ポイントサイト経由でショッピング

ネットショッピングするとき、直接そのネットショップへアクセスするのではなく、ポイントサイトを経由して買物をする。これでポイントを二重取りできます。

ポイントサイトとは、文字通りポイントをためることができるサイトです。そのポイントサイトを経由し指定ショップで買物をすると、さらにポイント加算、という特典があるんです。

ポイントサイトの一部を挙げてみると…

  • ECナビ
  • えんためねっと
  • げん玉
  • ハピタス
  • モッピー
  • ポイントアイランド
  • ライフマイル

…などなど。私が知る限りでも20サイト以上はありますよ。

ポンパレモールでショッピングするなら…

一例を挙げてみます。高還元率で人気が高い「リクルートカードプラス」や「リクルートカード」。これらカードでショッピングするなら、リクルート系列のポンパレモールが一つの選択肢になります。

ポンパレモールでショッピングする場合、どのポイントサイトを経由するのが一番お得なのでしょうか? 時期によって最高還元率ポイントサイトは変動しますが、ここはなかなかの高還元率です。

ポイントサイトの一つ、「ハピタス」。

画像元:http://hapitas.jp/

画像元:http://hapitas.jp/

ハピタスを経由しポンパレモールでショッピングすると、ハピタスポイントが購入金額の1.8%還元されます。

さらに、リクルートカードプラスで買物をしたなら、リクルートポイントが購入金額の5.0%還元されます。

上の条件で、10,000円の買物をしたとしましょう。ハピタスを経由しないと500ポイント還元ですが、ハピタス経由なら合計680ポイント還元になります。どちらがお得かは一目瞭然です。

ちなみに、ハピタスポイントの交換先は、

  • Amazonギフト券
  • iTunesギフト券
  • nanacoギフト券
  • 楽天Edy
  • Web Money
  • Bit Cash
  • Pexポイント
  • NetMile
  • ちょコムポイント
  • Mobageモバコインカード
  • 各種銀行・信用金庫・ゆうちょ銀行
  • ハピタス堂書店

と、盛りだくさん。交換先に困ることはないでしょう。現金でもギフト券でも、お好みで。

ポイント交換先

クレジットカードでざくざくポイントをためる裏技 まとめ

簡単に言うと、ポイントサイトを経由してポイントを二重取りしましょう、ということです。どのポイントサイトを経由するかは、以下の手順で決めます。

  1. 自分が欲しい商品がどこで一番安く売っているかリサーチ
  2. ショップと提携しているポイントサイトをリサーチ
  3. 還元率が一番高いポイントサイトを経由して目的のネットショップへ
  4. あとはお目当ての商品を買うだけ

お気づきかもしれませんが、ポイントサイトのポイントは統一したほうが効率よくためられます。他のポイントサイトと大きな差がないなら、毎回同じポイントサイトを経由してネットショッピングするほうが良いでしょう。

参考になれば幸いです。

 

国内外に強い年会費無料のカードはリクルートカードです。還元率最高水準で、ショッピング保険も付いています。

    • 年会費:無料
    • 還元率:1.2%~
    • 国際ブランド:VISA
    • 海外旅行保険:利用付帯
    • 死亡後遺症傷害:最高2000万円
    • ケガ治療:最高100万円
    • 病気治療:最高100万円
    • 救援費用:最高100万円
    • 賠償責任:最高2000万円
    • 携行品:最高20万円
    • ショッピング保険:100万円

 

海外旅行におすすめのクレジットカードは年会費永久無料のエポスカードです。年会費無料で海外旅行保険が自動付帯です。

  • 年会費:無料
  • 還元率:1.0%~
  • 国際ブランド:VISA
  • 海外旅行保険:自動付帯
  • 死亡後遺症傷害:最高500万円
  • ケガ治療:最高200万円
  • 病気治療:最高270万円
  • 救援費用:最高100万円
  • 賠償責任:最高2000万円
  • 携行品:最高20万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket