審査の甘いクレジットカードをお探しの方はスルーしてください

   2016/02/25

クレジットカードを申込む際に、必ず審査があるのはご存知かと思います。クレジットカードという言葉が表すように、信用力のある人が使えるカードですから、クレジットカードは。

商品購入代金をカード会社が一時的に立替え。後ほどカード利用者がカード会社に返済する。これがクレジットカードの仕組みです。

クレジットカードの仕組み

だから、審査の甘いクレジットカードなんてないんですよ。審査を甘くしたら、カード会社にかかる負担や損失のリスクが高まりますからね。

もし、審査の甘いクレジットカードをお探しならば、考えを改めたほうが良いと思います。カード審査をパスできるように何らかの改善を図るか、或いはカードを持たない決意が必要です。

クレジットカードを甘く見てはいけません(--〆)

デビットカードを検討してみては?

…なんて強い口調で言ってしまいましたが、そこまで気合いは入っておりません。クレジットカードは便利ですから、あって越したことはないですよね(#^.^#)

しかし、現実問題として、カード会社の審査が通らなかったらどうするか考える必要があるかもしれません。

審査は意外にもあっさりとパスできた、ということが多いのですが、信用情報にキズがある人や、カード履歴が全くない若い人などは、カード審査をパスできないということも。

そんなときの解決策を一つ、頭に入れておいて損はありません。

デビットカードを申込む

各金融機関が発行するデビットカードを申込むという方法です。

デビットカードを申込む

デビットカードとは、クレジットカードと同様、クレジットブランドのマークがあるお店で利用できるカードのことです。デビットカードのクレジットブランドがJCBならば、JCBのマークがあるお店でキャッシュレスで買物ができます。

しかし、デビットカードは預金口座からの即時支払いが特徴のカードでして。クレジットカードのようにカード会社が立替えるわけではありません。

ですから、預金口座にお金が入っていないとカードを利用できません。預金口座残高の範囲内で利用できるカードなのです。

クレジットカードのように使えるけど、利用可能額はあなたの預金残高次第、というわけ。でも、未成年でも誰でも申し込める便利なカードだと思います。クレジットカードを発行できなくても、クレジットカードのように使えるわけですし。

クレジットカードでもそうですけど、支払能力の範囲内でカードを利用するという原則に変わりはありません。後払いか即時支払かの違いで、利用分は必ず支払うわけですから。

クレジットカードが作れなくても落ち込む必要はないですし、デビットカードでも基本的なライフスタイルに大きな影響はありません。考えようによっては、お金の使い方という面でガードレールになるかと。

クレジットカード代わりのデビットカード、悪くないと思います。

デビットカードにもメリットはある

審査の甘いクレジットカードをお探しの方 まとめ

  • 審査の甘いクレジットカードなんてない!
  • クレジットカードが取得不可ならばデビットカードで代用できる
  • デビットカードは即時支払のカード
  • デビットカードの利用可能額は銀行預金残高の範囲内
  • デビットカードは使い過ぎて借金になることが100%ない
  • デビットカードは未成年でも作れる

クレジットカードかデビットカードか。身の丈に合ったカードを作りましょう。

 

国内外に強い年会費無料のカードはリクルートカードです。還元率最高水準で、ショッピング保険も付いています。

    • 年会費:無料
    • 還元率:1.2%~
    • 国際ブランド:VISA
    • 海外旅行保険:利用付帯
    • 死亡後遺症傷害:最高2000万円
    • ケガ治療:最高100万円
    • 病気治療:最高100万円
    • 救援費用:最高100万円
    • 賠償責任:最高2000万円
    • 携行品:最高20万円
    • ショッピング保険:100万円

 

海外旅行におすすめのクレジットカードは年会費永久無料のエポスカードです。年会費無料で海外旅行保険が自動付帯です。

  • 年会費:無料
  • 還元率:1.0%~
  • 国際ブランド:VISA
  • 海外旅行保険:自動付帯
  • 死亡後遺症傷害:最高500万円
  • ケガ治療:最高200万円
  • 病気治療:最高270万円
  • 救援費用:最高100万円
  • 賠償責任:最高2000万円
  • 携行品:最高20万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket