【最安】JCBカードの海外キャッシングで現地通貨を手にする方法

   2016/10/30

いきなり結論です。

JCBのプロパーカードまたは提携カードで海外キャッシングをすると、最安で現地通貨を手にすることができます

どのような手順で現地通貨を手にすることができるのか、順に説明します。

渡航先の銀行ATMでキャッシングする方法~中国編~

前回、中国の上海でキャッシングする方法をご紹介したのですが、「手数料がもっと安い方法はないですか?」と、質問をいただきました。

前回の海外キャッシング記事⇒クレジットカードで海外キャッシング~中国編~手数料にビックリした話

というわけで、今回も格安飛行機で行ける中国に行ってきました。

JCBクレジットカードで海外キャッシング

さっそくキャッシングをしてみます。

利用するカードはJCBと提携するリクルートカードプラス、わたしのメインカードです。

 

JCBカード海外キャッシング1

ATMにさっそくカードを挿入です。

 

JCBカード海外キャッシング2

すると、「JCB Credit」か「Cirrus」のどっちでキャッシングするの? って聞かれますから、「JCB Credit」を選択します。

 

JCBカード海外キャッシング3

パスワードを打て、とのことです。リクルートカードプラスのパスワード4ケタを打ち込み、最後にEnterキーを押します。

 

JCBカード海外キャッシング4

画面右側の上に「残高確認」、下が「引出」という意味で(付添君、今回も通訳ありがとうございます)、もちろん「引出」を選択します。

 

JCBカード海外キャッシング5

次の画面では預金口座の種類を聞かれますので、海外キャッシングの場合は「クレジット口座(信用卡账户)」を選択です。

 

JCBカード海外キャッシング6

いくら引き出したいんだい? と聞いてくるので、引き出したい金額を打ち込みます。今回は奮発して2000元キャッシングします。(付添君にご飯をご馳走しないといけませんし)

Enterキーを押すと…

 

JCBカード海外キャッシング

やりました。2000元ゲット、成功です。今回は何を食べましょうかね!

 

JCBカード海外キャッシング8

画面も「取引成功だ、おめでとう」と、言っている気がします。

最後にカードを受取って、ATMくんとはお別れです。それでは、また。

【重要】キャッシングが終わったらすぐにすべきこと

さて、ここからは重要な手順になります。このステップをいかに素早く行なうかでJCBに支払う手数料が変わってきます。キャッシング後に行なう一括返済の手順は以下の通りです。

  1. JCBインフォメーションセンターに電話をして一括返済の予約をする
  2. データがJCBに上がったら一括返済手続きをする
  3. JCB指定の銀行口座に利息を含めて返済する

この手順について詳しく見ていきます。

1)JCBインフォメーションセンターに電話をして一括返済の予約をする

キャッシングが終わったらなるべく早めに「JCBインフォメーションセンター」に電話を入れます。そして「海外キャッシング分の一括返済」の予約をします。

キャッシングしてからすぐに電話をしても、詳細データがJCBには上がっていませんので、その時点での一括返済は不可です。

しかし、電話を入れたときの日付で利息額を計算してくれますので、早く電話をしたほうが支払利息額が少なくてすむというメリットがあります。

旅行中に面倒を感じるかもしれませんが、何らかの手段でJCBインフォメーションセンターに電話をし、一括返済の予約をしましょう。

JCBインフォメーションセンター(東京):81-042-2276-1700
※81は国番号。実際に電話をかけるときは、頭の0をとってかけるので、814222761700とかけます。

上記の電話にかけると、その日の日付で一括返済の予約ができます。

一括返済の予約後、JCBにデータがあがってくるとJCBから電話をくれますので、その電話で一括返済の手続きができます。

2)データがJCBに上がったら一括返済手続きをする

JCBから電話がきたときに、まだ旅行中で電話を受けられなくても問題ありません。こちらからもう一度JCBインフォメーションセンターに電話をすればOKです。

いずれにしろ、JCBとコンタクトをとり、一括返済の手続きに入りましょう。一括返済の方法は、JCB指定の銀行口座にお金を振込むことです。

ネットバンクをお持ちなら、旅行中でも返済可能です。(私はいつも旅行中に楽天銀行アプリで返済します)

楽天銀行

3)JCB指定の銀行口座に利息を含めて返済する

JCB指定の銀行口座、利息を含めた支払総額をJCBのオペレーターさんから聞きます。そして、その指定の銀行口座に支払総額を振込むことで、海外キャッシングの一括返済完了となります。

キャッシングの一括返済手順、お分かりいただけたでしょうか?

すぐに返済しなくても翌月10日に一括返済になる

旅行のシチュエーションや渡航先の都合などで、旅行中に電話を入れるのは難しいケースも多々あると思います。

しかし、JCBでは、当月15日締めで翌月10日に海外キャッシング分が一括返済、つまり毎月利用分の引落し口座から自動でキャッシング分も引き落とされることになります。

他のJCB系列カードもたいていは同じで。

ですから、JCBに電話する暇がなかった…という場合でも、翌月10日には一括返済になるので、それほど焦る必要はありません。

自分のJCBカードを要チェック

今回紹介したのはリクルートカードプラス(JCB)でのキャッシング方法です。

JCBならすべてのカードで同じように海外キャッシングができる、または同じように一括返済できるわけではありません。

たとえば、JCB EIT。なかなかの高スペックで海外旅行保険も充実していますが、海外キャッシング不可となっています。

お持ちのカードが海外キャッシングができるか、念のため渡航前に確認しましょう。

手堅くいくならJCBカードを一枚、財布に入れておけばOKです。

今回の海外キャッシングの利用明細

今回、中国の上海で人民元を2000元キャッシングしたわけですが、その利用明細は以下の通りです。

 

JCBカード利用明細

2000元の換算レートは、19.23円で、利用金額は38,460円です。

キャッシングは11月3日、JCBに電話をしたのが帰国後の11月5日です。

データは11月7日に上がったのですが支払予約を11月5日付で行っていますので、実際の借入日数は2日間となり、総支払額は38,497円でした。

つまり、利息額は37円です。やすっ!

利息額37円を含めた38,497円をJCB指定の銀行(今回指定の銀行は三菱東京UFJ銀行)に振込みをしました。

ただし、換算レートが19.23円ですので、多少の手数料分が上乗せされたレートとなってはいますけどね。

また、私のメインバンクは楽天銀行なので、三菱東京UFJ銀行へ振込むときに258円の振込手数料がかかってしまいました。

最安でキャッシングする方法 まとめ

最後に、最安で海外キャッシングをする方法の重要な点をまとめます。

  • JCBプロパーカードまたは提携カードでキャッシング
  • キャッシング後、なるべく早くJCBに電話し一括返済の予約を行なう
  • JCB指定の銀行口座と同じ銀行口座を持っていると振込手数料が0円

このポイントをおさえると、激安で渡航先の通貨を手にすることができます。

年会費無料で海外旅行保険が充実しているカードはリクルートカードです。還元率最高水準で、ショッピング保険も付いています。

  • 年会費:無料
  • 還元率:1.2%~
  • 国際ブランド:VISA
  • 海外旅行保険:利用付帯
  • 死亡後遺症傷害:最高2000万円
  • ケガ治療:最高100万円
  • 病気治療:最高100万円
  • 救援費用:最高100万円
  • 賠償責任:最高2000万円
  • 携行品:最高20万円
  • ショッピング保険:100万円

 

年会費永久無料のエポスカードもおすすめです。年会費無料で海外旅行保険が自動付帯です。

  • 年会費:無料
  • 還元率:1.0%~
  • 国際ブランド:VISA
  • 海外旅行保険:自動付帯
  • 死亡後遺症傷害:最高500万円
  • ケガ治療:最高200万円
  • 病気治療:最高270万円
  • 救援費用:最高100万円
  • 賠償責任:最高2000万円
  • 携行品:最高20万円

それでは、また。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket