2018/10/14

JCBカードの海外キャッシングで現地通貨を手にする方法【台湾編】

先日、台湾へ旅行に行ってきましたが、現地銀行のATMでキャッシングして現地通貨の台湾ドル(NT$)を引き出しました。

実は私はどこの国へ行くとしても、クレジットカードを利用してキャッシングし現地通貨を手にしています。なぜならば、海外キャッシングの手数料が激安で、しかも簡単だからです。

また、海外では都市部でも現金しか使えないお店がありますから、渡航先ではクレジットカードのキャッシングは必須なのです。今回は台湾での海外キャッシング方法をご紹介します。

スポンサーリンク


JCBカードの海外キャッシングで現地通貨を手にする方法【台湾編】

今回ご紹介するのは、JCBカードの海外キャッシングで現地通貨を手にする方法です。

個人的にはJCBカードがイチオシです。利用後の支払い方法が楽ですし、後ほど説明しますが手数料をより安くできるのがJCBカードなのです。ここでは、

  • 銀行ATMでのキャッシング方法とその手順
  • 利用後の返済方法

この2点を詳しく説明します。

銀行ATMでのキャッシング方法とその手順

いきなりですが、台湾の兆豊銀行ATM前です。

兆豊銀行は正式には兆豊国際商業銀行と言います。2012年、「ザ・バンカー」(フィナンシャルタイムズ発行)によると、兆豊銀行の総資産は763億US$で台湾国内で第3位となっています。

今回は兆豊銀行をチョイスしましたが、キャッシング方法は基本的にどの銀行のATMでも同じです。一つのポイントは、

画像にあるように、自分が利用するクレジットカードのマークが提示されていることです。

今回はJCBカードを利用しますが、JCBのマークもしっかりありますね。では、さっそくクレジットカードを挿入してみましょう。

 

今回私が利用するのは、リクルートカードプラスのJCBカードです。挿入口にカードを入れてみます。

 

カードを挿入するとこの画面になります。

 

私は中国語がほとんど分からないので、左側の英語を押します。

 

次に、JCBクレジットかCirrusなのか聞かれます。どちらでも大丈夫ですが、念のため「JCB Credit」を押しておきます。

今度はパスワード入力画面です。

 

ATMのテンキーを利用して4桁のパスワードを入力し、最後にEnter(確認)を押します。

次は口座の種類を尋ねられます。

 

これはどのクレジットカードでも、どの国のどの銀行ATMでも選択肢は同じです。「Credit Account」を選択してください。この口座以外を選択してもキャッシングはできないはずです。

引出したい金額を入力する画面になります。

 

自身が必要とする分を引き出します。ただ画像にもあるように、今は100ドル札を引き出せないとのことです。

 

今回は1000NT$引き出すことにします。数字を入力後Enterを押してください。

 

「お引き出し以外に取引しますか?」と聞かれています。特に何もないなら「NO」を押しましょう。

すると

お札がでてきましたね。

 

1000台湾ドルを無事引き出すことができました!

 

最後に「レシートは要りますか?」と尋ねられています。個人の自由ですが、私は念のためいつも明細を受け取ることにしています。

 

これでクレジットカードによるキャッシングは終了です。

キャッシング後の返済方法

さて、ここからは重要な手順になります。このステップをいかに素早く行なうかでJCBに支払う手数料が変わってきます。キャッシング後に行なう一括返済の手順は以下の通りです。

  1. JCBインフォメーションセンターに電話をして一括返済の予約をする
  2. データがJCBに上がったら一括返済手続きをする
  3. JCB指定の銀行口座に利息を含めて返済する

この手順について詳しく見ていきます。

スポンサーリンク


1)JCBインフォメーションセンターに電話をして一括返済の予約をする

キャッシングが終わったらなるべく早めに「JCBインフォメーションセンター」に電話を入れます。そして「海外キャッシング分の一括返済」の予約をします。

キャッシングしてからすぐに電話をしても、詳細データがJCBには上がっていませんので、その時点での一括返済は不可です。

しかし、電話を入れたときの日付で利息額を計算してくれますので、早く電話をしたほうが支払利息額が少なくてすむというメリットがあります。

仮にキャッシングした当日の営業時間内に電話すれば、利息0円で済みます。

旅行中に面倒を感じるかもしれませんが、何らかの手段でJCBインフォメーションセンターに電話をし、一括返済の予約をしましょう。

  • JCBインフォメーションセンター(東京):81-042-2276-1700
  • ※81は国番号。実際に電話をかけるときは、頭の0をとってかけるので、814222761700とかけます。

上記の電話にかけると、その日の日付で一括返済の予約ができます。ちなみに電話番号はお持ちのJCBカードの裏面に記載されていますので、確認してください。

JCBカードをまだ持っていない方はこちら⇒JCBカード

一括返済の予約後、JCBにデータがあがってくるとJCBから電話をくれますので、その電話で一括返済の手続きができます。

2)データがJCBに上がったら一括返済手続きをする

JCBから電話がきたときに、まだ旅行中で電話を受けられなくても問題ありません。こちらからもう一度JCBインフォメーションセンターに電話をすればOKです。

いずれにしろ、JCBとコンタクトをとり、一括返済の手続きに入りましょう。一括返済の方法は、JCB指定の銀行口座にお金を振込むことです。

ネットバンクをお持ちなら、旅行中でも返済可能です。(私はいつも旅行中に楽天銀行アプリで返済します)

3)JCB指定の銀行口座に利息を含めて返済する

JCB指定の銀行口座、利息を含めた支払総額をJCBのオペレーターさんから聞きます。そして、その指定の銀行口座に支払総額を振込むことで、海外キャッシングの一括返済完了となります。

キャッシングの一括返済手順、お分かりいただけたでしょうか?

自分のJCBカードを要チェック

今回紹介したのはリクルートカードプラス(JCB)でのキャッシング方法です。

JCBならすべてのカードで同じように海外キャッシングができる、または同じように一括返済できるわけではありません。

たとえば、JCB EIT。なかなかの高スペックで海外旅行保険も充実していますが、海外キャッシング不可となっています。

お持ちのJCBカードが海外キャッシングができるか、念のため渡航前に確認しましょう。

手堅くいくならJCBカードを一枚、財布に入れておけばOKです。

今回の海外キャッシングの利用明細

今回、台湾で1000NT$、キャッシングしたわけですが、その利用明細は以下の通りです。

画像にあるように、

  • キャッシング利用額:1000台湾ドル(3667円)

となっています。今回はキャッシングしてから2日後に返済しましたので、金利(18.00%)による返済利息は3円でした^^

もし、キャッシング当日に返済予約をしていれば利息はかからなかったはずです。ただ、観光で忙しくしていたので返済が少し遅れてしまいました。

それでも利息はたったの3円ですので、キャッシング手数料はかなり安いと思っています。

ちなみに一括返済額は3670円でしたが、来月10日の引落しまで何も手続きをしない場合は、上の画像にあるように3728円の支払いとなります。

旅行中にJCBに電話をすれば手数料が安くすむのは確かですが、少額のキャッシングなら返済利息はそれほど高くありません。旅行に没頭したい場合は連絡なしで次回返済日に自動支払するのもありかと。

このような便利な選択ができるのはJCBだからこそ、です。クレジットカードでの、とりわけJCBカードでの海外キャッシング、イチオシです。

JCBカードの海外キャッシングで現地通貨を手にする方法【台湾編】 まとめ

JCBカードで海外キャッシングする方法、お分かりいただけたでしょうか。

ポイントは、キャッシング後の返済です。素早くJCBインフォメーションセンターに連絡することで、手数料をかなり安く抑えることができます。

では、良い旅を!

海外キャッシングにイチオシです↓