2018/03/30

海外旅行前に必見! クレジットカードでキャッシングする方法【韓国編】

海外旅行で渡航先の現地通貨を財布に入れておくことは必要不可欠です。主な理由は、クレジットカードが使えないローカルなお店がたくさんあるからです。

そこでおすすめしたいのは、クレジットカードでのキャッシングです。現地の銀行ATMでたいていは現地通貨が引き出せます。カードでのキャッシングならば、

  • 便利(わざわざ銀行で並んで両替する必要はない)
  • 手数料が激安(なるべく早めに返済するのがコツ)

以上の理由でクレジットカードによるキャッシングをおすすめします。この記事は、お隣の韓国のATMでどのようにキャッシングするか、画像付きで説明します。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク


クレジットカードでキャッシングする方法【韓国編】

KEBハナ銀行ATM(韓国)

今回は、韓国で資産規模最大の「KEBハナ銀行」のATMでキャッシングしました。ハナ銀行は韓国のどこにでもありますので、韓国渡航者は以下の手順でキャッシングしてみましょう。

利用したクレジットカードは「楽天プレミアムカード」

今回私が利用したクレジットカードは「楽天プレミアムカード」です。

楽天プレミアムカードは一般の「楽天カード」から2段階アップグレードしたカードで、海外旅行に必須の「プライオリティ・パス」が無料付帯となっているおすすめの一枚です。(プライオリティ・パスは国内外の空港ラウンジを利用できるVIP会員のことです)

ただし、海外キャッシングにおいては一般の楽天カードも遜色なく利用できます。

また、楽天カード以外でも、基本的なATM操作手順は同じです。以下の操作手順を参考にしてください。

キャッシングの手順

では、さっそくキャッシングを始めます。

先述したように楽天プレミアムカードでのキャッシングです。

 

カードを挿入した後、左下のバナーをタッチします。

 

次に右下の「Continue」をタッチ。

 

韓国語が分からない方のために、「Global Service」が提供されています。

 

わたしはもちろん韓国語は分かりませんので、日本語を選択します。

 

クレジットカードは海外のカードですので、「Foreign Card」を選択です。

 

「キャッシュサービス」をタッチします。

 

カードの暗証番号4桁を入力後、「確認」を押します。

 

必要な金額を押しましょう。今回私は10万ウォンをキャッシングします。

これはあくまでも目安ですが、韓国ウォン/日本円のレートはだいたい10分の1です。つまり、1ウォンが0.1円ですので、10万ウォンはだいたい1万円に相当します。(2018年3月現在のデータ)

 

次の画面では5万ウォン札が必要か尋ねています。あまり大きな金額のお札を使用するのは、お店の人に好まれないことがあります。

特別必要でないなら「0枚」のままで良いでしょう。そして「確認」を押します。

 

10万ウォンをキャッシングするのにATM代として3400ウォンかかります、とのこと。約340円ですね。これは仕方ありません。右下の「CONFIRM」を押します。

 

ATMが10万ウォンを準備中です。

 

10秒くらい経つと、まずはカードと明細票がでてきました。そして…

 

無事、10万ウォンを引き出すことができました。簡単にキャッシングできますね。今はほとんどのATMで日本語表示がありますので、韓国語が分からない人でもキャッシングは可能です。

海外キャッシング分を一括返済する方法

先述したように、今回私が利用したカードは楽天プレミアムカードです。

ここからは海外キャッシング分を一括返済する方法をお伝えします。一括返済することで手数料を最小限に抑えることができますので、ぜひ、早めに一括返済することをおすすめします

注意点が一つ。プレミアムカード(楽天カードを含む)の場合、利用日から約3営業日で利用分のデータがセンターに送られてきます。データが上がってきてから一括返済することになります。

初めに、一括返済の手順です。

  1. 楽天カードからメールが届く
  2. 利用明細書を確認
  3. 楽天カードに電話
  4. 指定された銀行口座に利息分を含めて返済

手順は以上の通りです。そんなに複雑ではありません。繰り返しになりますが、早めの一括返済がお得です。というのも、返済利息の計算は日割り計算だからです。

1.楽天カードからメールが届く

キャッシング利用後、楽天カードからメールがきます。要は、キャッシング利用分のデータがセンターに届きました、ということです。

このメールは、「WEB書面サービス」通知設定をオンにしておかないと届きません。メールが届かなくてもデータは確認できますが、データが上がったか楽天e-Naviをその都度確認しないといけないので、メール設定をオンにしておいたほうが便利です。

次に、指定のURLをクリックし利用明細書を確認してみましょう。

2.利用明細書の確認

利用明細書を開きます。

今回のキャッシングは10万ウォンでした。日本円で1万0,088円の利用です。

その額に日割り計算(年利18.0%)による利息を加算して一括返済します。利息がいくらになるかは、返済日によって変動します。

3.楽天カードに電話

さっそく楽天カードに電話してみましょう。電話番号は、カードの裏面に記載されています。

カード番号誕生日をプッシュ通知で入力することになるので、電話の前に必ずカードを用意しましょう

オペレーターにつながった後、楽天カードに登録の電話番号を本人確認として聞かれます。これが意外に忘れていることがあるんですよね。特に最近引っ越したことがある人などは要注意です。

4.指定された銀行口座に利息分を含めて返済

オペレーターが指定した銀行口座に利息を含めた利用代金を一括返済すれば、すべての手続きが完了です。

楽天カードでの借入のさいは、返済指定銀行口座はほぼ100%楽天銀行です。楽天銀行口座を持っていると、さらにお得です。楽天銀行間の振込なら振込手数料がかかりませんからね。

楽天スーパーポイントが貯まる楽天銀行!無料口座開設

今回のキャッシング費用は以下の通りです。

  • 借入分:1万0,088円(10万ウォン)
  • 利息:19円
  • 返済総額:1万0,107円

今回、木曜日の朝にキャッシングし、翌週の月曜日に返済しました。計算すると4日分の利息がかかったようです。キャッシング金利は18%(年利)で、利息計算は以下の通りです。

  • (10,088×18%)÷365日×4日=19円(小数点以下切り捨て)

今回のキャッシング代金合計10,107円に含まれる利息19円の割合は、0.18%の計算です。その他にATM手数料がかかるとはいえ、それでもキャッシングしてすぐに返済すれば、実質金利は相当低いです。利息自体はたったの19円ですから、手数料は激安かと。

失礼ですが、空港の銀行窓口の両替手数料はあまりにも高いので、利用はおすすめしません。海外旅行で渡航先通貨を手にするのは、やはり海外キャッシングがお得です。

クレジットカードでキャッシングする方法【韓国編】 まとめ

今回は楽天プレミアムカードでの海外キャッシング方法をお伝えしました。早めの返済がポイントです。

それでは、旅行を楽しんで! Have a good trip!!

海外旅行向けのクレジットカード↓↓

楽天カード年会費無料!
楽天カード

楽天プレミアムカード
空港ラウンジ無料で利用できます!
楽天プレミアムカード