クレジットカードでキャッシング~香港編~ 手数料はたったの16円でした

   2016/02/22

クレジットカードでキャッシングするのが一番お得なんです。

でも、どれくらいの手数料でキャッシングできるのか、実際にやってみないと分からないですよね。だから、先日は中国/上海へ行ってキャッシングし、一括返済の方法をご紹介しました。

(参考記事⇒クレジットカードでキャッシング~中国編~手数料にビックリした話

今回は香港です。香港で実際にキャッシングをして、手数料がどれくらいかかるかやってみます。

香港でキャッシングしてみた

中国銀行(香港)ATMで300HK$キャッシングしてみた

はい、香港です。香港にある中国銀行ATM前にいます。

 

中国銀行香港ATM

今回は、300HK$(ホンコンドル)だけキャッシングしてみます。前回上海で1500元キャッシングして、使い過ぎ!と怒られまして。だから、今回は300HK$だけです。

使ったカードは今回も楽天カードです。

ATMの使い方は割愛します。というのは、前回紹介した上海の工商銀行ATMと使い方がほとんど一緒ですから。

こちらを参考に⇒【画像付】 クレジットカードで海外キャッシングに挑戦~中国編~

さて、キャッシングしましたから、後は帰国して数日後に一括返済するだけです。さっさと帰りましょう。10月なのに、香港暑いです。

 

香港で食べる韓国料理

いや、お腹すいたんでね。ガツッと韓国料理です。

 

香港で食べるピザ

これも仕事です。さっきキャッシングした300HK$で払います。仕事だから仕方ないっす。

 

香港で飲むビール

いや、仕事がんばるとのどかわきますよね。ピザとビールはベストマッチですけどね、仕事ですから。

日本で一括返済したら手数料が16円だった

日本に帰国しました。

楽天からメールが来ましたので、さっそく一括返済手続きです。まずは、こちらネット上で確認できるキャッシング利用案内書をご覧ください。

 

キャッシング利用案内書

10月6日(火)に300HK$キャッシング。日本円に換算して4,666円です。

では楽天カードに電話してみましょう。電話したのは10月13日(火)で、返済も同日になります。

指定された銀行にいくら振込めば良いのか、オペレーターが教えてくれました。

・・・・・・

4,682円です。4,666円キャッシングして、返済は4,682円。つまり、手数料は16円になります。

激安です。

これならほぼタダ同然でキャッシングですよね。もちろんATM手数料216円(税込)はかかっているのですが。

それでも16円は安いです。利回りで言うと、0.34%ですから。

空港の銀行で両替なんかしたら、為替手数料ぼったくりです。絶対ダメです。確かに楽ですけどね。

海外へ渡航するなら、現地通貨は海外キャッシングで。

オススメは楽天カードです。参考までに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket