【画像付】 クレジットカードで海外キャッシングに挑戦~中国編~

   2016/02/22

先日ですね、「クレジットカードで海外キャッシングはNG?」の記事で、海外旅行へ行くならクレジットカードで海外キャッシングをして現地通貨を手に入れるのが一番お得だとお話したんです。

そしたら、読者様からこんなコメントをいただきました。「英語圏ならなんとかなるけど、中国語表示のATMじゃ操作できないので、中国語を教えてください」、と。コメント、ありがとうございます!

…でもね、私も分かりませんよ、中国語。あ、中国語が分かる友達がいます。じゃあ、彼を連れて中国へ行ってきましょう。すぐ行きます。彼の予定は分かりませんが、彼とすぐにいって調べてきます!

飛行機で海外キャッシングに

中国の上海へ行って、キャッシングしてきた

いきなりですが、中国の上海、中国工商銀行ATM前です。

 

中国工商銀行で海外キャッシング

ホントに来ています。

 

中国工商銀行で海外キャッシング

コチラが、中国工商銀行の看板です。24時間やってますよ。24hって書いてありますから。これは中国語に関係ありません。全世界共通です、数字は。

 

中国工商銀行ATM

ATMはこんな感じです。写真が切れちゃってるんですが、矢印の先にカード挿入口があります。さっそくカードを入れてみます。おなじみの楽天カードでキャッシングです。

 

楽天カードで海外キャッシング

カードを入れると、パスワードを打ち込む画面が出てきます。

 

海外キャッシングでパスワードを打ち込む

そしたら、ATM下部にあるキーボードで4ケタのパスワードを打ち込みます。

 

楽天カードのパスワード

打ち込みました。そして「エンター」を押します。(英語でENTER、中国語で确认と表示されているボタンを押せばOKです)

 

海外キャッシングで現金引出

すると、「查询」と「取款」という2つの中国語が出てくるので後者の「取款」を選択します(とのことです)。これが現金「引出」という意味らしいです。

すると、いくらキャッシングしたいのか尋ねられますので、キャッシングしたい金額を打ち込みます。

 

1500元を海外キャッシング

今回は1500元にしました。特に理由はないのですが、美味しいものを食べるのにこれだけあれば十分でしょう^^v そして、ENTERをおします。すると…

 

1500人民元払われる

お金が出てきましたね。ちゃんと15枚(100元札が15枚)あるでしょうかね。信用していないわけではありませんが、日本とは違う発展途上国ですから。慎重を期して越したことはありません。今すぐ数えましょう。

お金はしっかり1500元ありました。問題ありません。

 

海外キャッシング取引成功画面

交易成功」、つまり取引成功です。あとは、カードを取りだせばキャッシング終了です。

 

カード取り出し

退卡」というのがカード取り出しの意味だそうです。カードを取りだせば、キャッシング完了となります。

 

1500元をキャッシング

じゃーん。1500元です。こんな簡単に海外キャッシングができてしまうんですね。あとは、日本に帰ったあと一括返済するだけです。

一括返済がポイントですから。一括返済することで、日割り計算の利息をほとんど払わずにすむというわけです。忘れずに一括返済しましょう。(次回、キャッシング明細を紹介しつつ一括返済についてお話しますね)

これで、何とか中国でキャッシングできると思います。参考にしてください。

9/20追記:一括返済方法アップしました⇒クレジットカードでキャッシング~中国編~ 手数料にビックリした話

中国都市部のATM事情は…

ただ、ここまで説明させて頂いたあとに言うのも何なんですけど、最近は中国の都市部には日本語表記のATMがたくさんあるとのことです。今回同伴の彼が言っています。(渡航前に教えてよ~)

一生懸命中国語を覚えなくても、中国都市部への旅行なら大きな問題はないと思われます。今回はそういうオチです、はい。

(そんなこと書いたら、この記事読まれなくなるな…)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket