2017/09/06

本気でデイトレしたいならセントラル短資FXのウルトラFX口座がおすすめの理由

FX自動売買が新たな取引手法として台頭してきた今でも、デイトレードや超短期売買のスキャルピングといった裁量取引は人気のトレード手法です。

ただし、どのFX口座でもストレスフリーでデイトレできるわけではなく、スキャルピングとなれば約定拒否されるFX口座も。

今回の記事では、デイトレやスキャル専用口座としてセントラル短資FXのウルトラFX口座をおすすめしたいと思います。

なぜウルトラFX口座がおすすめなのか、デイトレに必要不可欠な理由をご覧ください。

スポンサーリンク


デイトレならセントラル短資FXのウルトラFX口座がおすすめの理由

デイトレードやスキャルピングならセントラル短資FXのウルトラFX口座がおすすめの理由、それは、

  • 約定スプレッドが低い

この理由に尽きます。そしてウルトラFX口座は、

  • FX業界でも数少ないスキャルピングOKのFX口座

でもあります。以下、詳細を見ていきます。

2017年7月度ウルトラFX口座のスプレッドを検証

ウルトラFX口座の約定スプレッドがどれほど低いのか、セントラル短資FXが発表した2017年7月度ウルトラFX口座のスプレッドを検証してみたいと思います。

まずは、ウルトラFX口座平均提示スプレッドと平均約定スプレッドから。

USD/JPY、EUR/USD、GBP/USDの3通貨はデイトレーダーから特に人気の追加ペアです。それら3通貨ペアのスプレッドが非常に興味深い数値となっています。

それは、取引ツールに提示されるスプレッドと実際に約定するスプレッドに大きな差がある点です。

言い換えると、提示されているスプレッドよりも狭いスプレッドで約定することが多いと判断できます。

USD/JPY通貨ペアを一例として見てみると、平均提示スプレッドが0.47銭であるものの、実際に約定するのは0.4銭を切っています。しかもマイナススプレッド提示もあるということですから、スプレッドが相当低く、業界最狭水準と言えると思います。

しかも、ウルトラFX口座は1万通貨単位(最低取引1万通貨以上)での取引が条件となっており、1000通貨単位取引に比べたら取引量が多くなり約定力が試されるところです。

しかし、平均約定スプレッドが0.39銭ですから、ウルトラFX口座の約定力は高いと言えるでしょう。

ちなみに他の通貨ペアにおいても、平均提示スプレッドと平均約定スプレッドに大きな差があることが判明しており、やはり低スプレッドでの取引が実現しています。

この表で記載されている平均約定スプレッドが本当に低いと言えるのか、他の人気FX口座と比較してみます。

人気FX口座のDMMFXと比較

毎月の総取引高や口座開設数で必ずと言っていいほど上位ランクインしているのは、DMM FXです。DMM.com証券のスプレッドと比較してみます。

DMMFXにおいて、上で紹介した人気3通貨ペアスプレッドを見てみると、

  • USD/JPY:0.3銭
  • EUR/USD:0.4pips
  • GBP/USD:1.0pips

このような原則固定スプレッドとなっています。ウルトラFX口座の平均約定スプレッドは、

  • USD/JPY:0.39銭
  • EUR/USD:0.34pips
  • GBP/USD:0.38pips

となっていました。USD/JPY通貨ペアにおいてはDMMFXのほうが若干優位性がありそうですが、その他の2通貨ペアにおいてはウルトラFX口座のほうが優位であることが証明された形です。

しかもウルトラFX口座にはマイナススプレッドが提示されることがあるのに対し、DMMFXにはほとんどないというのが私の観察です。

スプレッドはFXトレーダーが負担すべき実質上の取引手数料にあたります。スプレッドが狭いほど取引コストを抑えられることを考えると、本気でデイトレやスキャルピングをしたいならウルトラFXがガチでおすすめです。

ウルトラFX口座の詳細を確認する⇒ウルトラFX

実際にウルトラFX口座の提示スプレッドを見てみた

平均約定スプレッドやマイナススプレッドについて確認することができましたが、本当にマイナススプレッドが発生しているのか疑問が残ります。

そこで、実際にウルトラFX口座の提示スプレッドを見てみました。

確認したのは夜の23時台のレートですから、ニューヨーク市場とロンドン市場の取引が重なる為替取引の活発な時間帯です。

ドル円に注目してみました。スプレッドが0.24銭となっていますね。レートは1秒毎に更新されています。

 

0.33銭。

 

0.28銭。

 

お、0.12銭です。0.2銭を切っていますね。マイナススプレッドは起こるでしょうか?

 

やりました、マイナススプレッド発生です。-0.11銭ですね。この瞬間に1万通貨購入したならポジションを保有した時点で含み益が+11円というわけです。これは凄い。

 

またマイナススプレッドですね。今度はほんのちょっと、-0.02銭となっています。

ほんの10分ほど提示スプレッドを確認しただけですが、マイナススプレッドが最低でも2回は発生していました。キャプチャーショットができなかったときもあるので、実際は2回よりも多かったです。

デイトレ、スキャルするなら、ウルトラFX口座でしょ。

ウルトラFX口座を開設する⇒ウルトラFX

セントラル短資FXのウルトラFX口座概要

ウルトラFXの概要を頭に入れておきましょう。

  • ウルトラFX
  • 取引時間:原則24時間(月曜AM7:00~土曜AM6:40、夏時間は~土曜AM5:40)
  • 両建注文:あり
  • 取引最小単位:対円通貨は小数点以下4桁、外貨ペアは小数点以下6桁
  • 口座維持管理費:無料
  • 取引手数料:無料
  • 入金手数料:原則無料(クイック入金の場合のみ)
  • 出金手数料:原則無料
  • 取引単位:10,000通貨単位
  • 最低取引数量:10,000通貨
  • 注文種類:ストレート成行注文、トリガー成行注文(リミット、ストップ)
  • 出金要日数:4銀行営業日以内(日本円なら通常は翌営業日出金)
  • マージンコール:設定なし
  • 最大注文可能数量:100万通貨単位
  • 建玉保有上限:円換算で1億2,000万円まで
  • 取引通貨ペア:9通貨ペア
    ・米ドル/円
    ・ユーロ/円
    ・ポンド/円
    ・豪ドル/円
    ・スイス/円
    ・カナダ/円
    ・ユーロ/米ドル
    ・ポンド/米ドル
    ・豪ドル/米ドル

重複しますが、ウルトラFX口座は業界希少の「スキャルピングOK」のFX口座です。デイトレードはもちろん、超短期売買のスキャルピングをしたい方はウルトラFX口座を保有しておいて損はありません。

さっそくウルトラFX口座を開設する⇒ウルトラFX

セントラル短資FXのウルトラFX口座がおすすめの理由 まとめ

デイトレードやスキャルピングならセントラル短資FXのウルトラFX口座がおすすめです。そのの理由は、

  • 約定スプレッドが低い
  • FX業界でも数少ないスキャルピングOKのFX口座

この2点がおすすめの理由です。また、上述しませんでしたが、ウルトラFX口座はNDD方式を採用したFX口座でもあります。

NDD方式は、金融機関が取引している為替レートをそのままトレーダーに提示し、各金融機関が提示したレートの中で、トレーダーにとって最も有利なレートを提示してくれます。

デイトレ&スキャルのためのウルトラFX口座、いかがでしょうか。

それでは、また。

ウルトラFX口座の詳細はこちら↓↓
ウルトラFX