1年に1度も利用していないクレジットカード、解約すべきなのか?

   2016/02/25

クレジットカードを作ったのはいいけども、結局1年間1度も利用せずに机の引出しの中で眠っていた…なんてことがありませんか?

そういえば、私の父がそうだったなぁ。シニアデー特典があるからということでイオンカード(G.Gマーク付)を作りましたけど、結局数年経ってしまったようで(-_-;)

一つ疑問ですが、1年に1度も利用しなかったなら解約したほうが良いのでしょうか?

クレジットカードを解約すべきか

1年に1度も利用していないクレジットカード、解約すべきなのか?

結論から言いますと、解約したほうが良いケースとそうでないものがあります。様々なシチュエーションがありますので、すべてを取り上げるわけにはいきませんが、幾つかのケースを考えてみます。

サブカードならば解約する必要はない

カード取得の目的がメインカードとしてではなくサブカードならば、今すぐの解約は必要ないと思います。サブカードの主な目的は、メインカードが何らかの理由で使えない時に、いざという時に使うことです。

ですから、1年間利用しなかったからと言っても不思議ではありません。今後も、財布を温める存在に徹することになると思います。

ただし、有効期限が近づいたとき1度も利用実績がないと、カード会社は「この人はカードを使う気がないんだな?」と判断し、契約更新してくれないかもしれません。

無理に使う必要はありませんが、年に1,2回だけでも利用しておくと有利かも。一応覚えておいてください。

メインカードを1回も使ってないなら考え直したら?

1年間1度も利用しなかったカードがメインカードならば、クレジットカードとライフスタイルがマッチングしているとは思えません。

公共料金やガソリン代など、使えるところではどんどん使うというスタイルができていないなら、使い方を工夫してみると良いでしょう。

もし、本当にどこでも使う機会がないというならば、カード解約を考えたほうが良いかもしれません。クレジットカードはあったら便利ですが、1年間使う機会がないということは、あなたの生活には必要ないものなのかもしれませね。

ただ、今すぐ解約しなくても良いかと。年会費無料ならばとりあえず継続保有し、次回の有効期限が近づいてから改めて考えればOKです。焦って解約手続きする必要はありません

カード解約は期限が近づいたら考える

年会費有料カードは解約!

年会費有料カードを取得したのに1度も使わなかった。これはあまり得しているとは言えませんね。年会費分がもったいないです。

海外旅行保険が目的でカードを取得したというなら話は別ですが、今後も使いそうもないというなら解約しても良いのでは?

クレジットカードは一枚あると便利ですが、年会費を払って一度も使わないのでは、カード選別を間違ったのかもしれません。このケースでは解約でしょう。

ちなみに、海外旅行保険付帯のカードはいくらでもあります。年会費無料なのに自動付帯のカードは、JCB EITエポスカード

JCB EIT
年会費:無料
還元率:1.0%~
国際ブランド:JCB
海外旅行保険:自動付帯
死亡後遺症傷害:最高2000万円
ケガ治療:最高100万円
病気治療:最高100万円
救援費用:最高100万円
賠償責任:最高2000万円
携行品:最高20万円
エポスカード
年会費:無料
還元率:1.0%~
国際ブランド:VISA
海外旅行保険:自動付帯
死亡後遺症傷害:最高500万円
ケガ治療:最高200万円
病気治療:最高270万円
救援費用:最高100万円
賠償責任:最高2000万円
携行品:最高20万円

こうしたカードは1年間1度も使う機会がなかったとしても、海外旅行時に必ず役に立ちます。解約せずにキープしておきましょう。

初年度年会費無料カードは思い切って解約!

多くのクレジットカードは、初年度年会費無料という特典が付いているのですが、「翌年度年会費を払いたくない」という理由で解約はしづらい、と話す方が多いのが実情です。

でも遠慮は要りません。カード会社が初年度年会費を無料にしている理由の一つは、言うなれば「お試し期間」みたいなものです。使ってみて使いづらかったらどうぞ解約して下さい、というわけです。

まあ、1年使ってみて多少の不便さを感じても、解約手続きは面倒だと思う人間心理を読んでの特典だと見ていますけどね。つまり、解約せずに2年目以降も使ってもらうという魂胆です。

でも遠慮は要りません。本当に必要ないなら、2年目に突入する前に解約してしまいましょう。2年目に入ると手数料が自動で引き落とされてしまいますから。解約するなら早いほうがいいですよ。

クレジットカード解約の注意点

クレジットカードを解約すべきときとそうでないケースがあること、お分かりいただけたと思います。では、本当に解約するなら以下の点に注意してください。

短期間に申込と解約を繰り返さないこと

短期間に申込と解約を繰り返すと、キャンペーン狙いかよ! ということで、カード会社から目をつけられ、いわゆる申込ブラックになる危険があります。

本当に必要ないと思ったカードを解約すること自体は問題ありません。ただし、短期間に何枚も解約すると、使いたいカードまで使えなくなることも。

信用情報にキズがつかないよう解約しましょうね。

解約自体は2分で終わる

カード解約って面倒なんじゃないの? と思う人が多いのですが、解約は超簡単です。カード裏面に記載されているカード会社に電話をかけて、解約の旨を伝えるだけです。2分で終わります。カップラーメンが出来上がる前に解約完了です。

カード解約は2分でできる

カードを用意してから電話をかければOKです。ただし、一つ気をつけたいのは、解約するとためたポイントが失効になることも。ポイントをしっかり使い切ったかの確認だけは怠らないようにしましょう。さもないと、せっかくためたポイントを失うことになります。

クレジットカード解約 まとめ

1年間1度も利用しなかったクレジットカードは解約か? まとめです。

  • サブカードならば解約する必要はない
  • メインカードを1回も使ってないなら考え直すべき
  • 年会費有料カードは解約!
  • 初年度年会費無料カードは思い切って解約!

解約時の注意点は、

  • 短期間に申込と解約を繰り返さないこと
  • 解約自体は2分で終わる

この2つ。以上です。最後まで読んでくださりありがとうございます!

 

国内外に強い年会費無料のカードはリクルートカードです。還元率最高水準で、ショッピング保険も付いています。

    • 年会費:無料
    • 還元率:1.2%~
    • 国際ブランド:VISA
    • 海外旅行保険:利用付帯
    • 死亡後遺症傷害:最高2000万円
    • ケガ治療:最高100万円
    • 病気治療:最高100万円
    • 救援費用:最高100万円
    • 賠償責任:最高2000万円
    • 携行品:最高20万円
    • ショッピング保険:100万円

 

海外旅行におすすめのクレジットカードは年会費永久無料のエポスカードです。年会費無料で海外旅行保険が自動付帯です。

  • 年会費:無料
  • 還元率:1.0%~
  • 国際ブランド:VISA
  • 海外旅行保険:自動付帯
  • 死亡後遺症傷害:最高500万円
  • ケガ治療:最高200万円
  • 病気治療:最高270万円
  • 救援費用:最高100万円
  • 賠償責任:最高2000万円
  • 携行品:最高20万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket