株投資ではこうやって儲ける(1) 売却益を狙う!

   2015/11/28

株の売買方法や株投資のリスクなどなど。株投資とはどのようなものか、その骨格というべきものがだいたい頭に入りましたら、株投資で儲ける方法をマスターしましょう。

「株主」 「株式市場」 「株の注文方法」は株投資のイロハのイに当る部分。大切な基礎の部分とは分かっていても、正直なところ学習内容として楽しいものではありませんよね^^;

しかし、株で儲ける方法は株投資の醍醐味。その方法を学ぶのは興奮を誘うものですし、早く株を買ってみたい! と思うはずです。

株 売却益

株投資で儲ける基本的な方法は5つあります。

  1. 売却益
  2. 配当
  3. 株主優待
  4. 貸株サービス
  5. 信用取引

この5つの儲け方を一つずつ見ていきましょう。

株で儲ける方法~売却益~

株投資の一番の醍醐味であり、かつ魅力ある儲け方とも言える「売却益」。

売却益とは、株を売却したときに得られる利益のことです。株投資の基本ですが、安い時に買って高い時に売る。これで売却益を手にすることができます。

Horimasa株を5万円で買ったとします。株価が順調に上昇し、10万円のときに売却。さて、売却益はいくらでしょうか?

簡単すぎる質問ですみません。購入価格10万円 – 売却価格5万円=売却益5万円、という計算になります。

イメージが湧きにくいかもしれませんので、実際に株価チャートを見てみましょうか。

みずほ(8411) 日足チャート

みずほ(8411) 日足チャート

チャート上での最安値(一番安い株価)は4月1日の208.6円。最高値(一番高い株価は6月2日の280.4円ですね。

4月1日に208.6円で1000株買い。6月2日に280.4円で保有していた1000株をすべて売却したとしたら、売却益はいくらになるでしょうか? (みずほ株の単位株数は100株)

売却価格280.4円×1000株=280,400円
購入価格208.6円×1000株=208,600円
280,400円 – 208,600円=71,800円

手数料を含めず計算すると、売却益は71,800円となります。もちろん皮算用に過ぎないのですが^^

株 売却益 高値 

安い時に買い高い時に売る。これが売却益を狙う基本的な方法で、株投資の醍醐味です。これから値上がりしそうな株を探し出し、安い時に仕込む。あとは株価が上がるのを待つだけです。

次回は配当について

売却益はとても魅力的な儲け方ではありますが、その他の儲け方も見てみましょう。次の記事では、配当を狙って儲ける方法をご紹介です。

 

取引手数料が格安、イチオシの証券口座です↓

手数料0円で株取引をする方法があります↓
【保存版】 GMOクリック証券口座で株式売買手数料0円にする株主優待活用術!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket